石倉眞佐子さんが薄いピンク被せの中皿に人物を彫刻しました。

 ピンクの色を残したいので沈め彫りで作りました。

 果物などを盛ったりするのに、ちょうどよい大きさと、お気に入りの様子です。


シートのカットが終わったところ1
  シートのカットが終わったところ

シートのカットが終わったところ2
  シートのカットが終わったところ 内側から見ると

完成1
  完成

完成2
  完成 内側から見たところ

完成3
  完成 内側から見たところ
    碓氷峠遊歩道の花

1 ヤマアジサイ
ヤマアジサイ

2 ギンリヨウソウ
ギンリヨウソウ

3 シモツケ
シモツケ

4 ヤマブキショウマ
ヤマブキショウマ

5 ?
    ?

6 ノリウツギ
ノリウツギ
   
 軽井沢倶楽部 ホテル軽井沢1130に宿泊しました。

 鹿沢ハイランドカップで無料宿泊券をゲットしていたのです。

 アルペンスキー大会ではテレマークスキーでは考えられない大盤振る舞いがあるのですね。

 もっと早くからエントリーするべきでした。

 軽井沢は菅平への通過地点ですから、いつもは素通りしてしまいます。

 今回は妻と一緒ですので旧軽井沢銀座などのそぞろ歩きや、名所めぐりだけにしようと思っていたのですが、やっぱり山に向かってしまいました。

 離山(はなれやま)は標高1255mのテーブルマウンテン、軽井沢の象徴です。

 麓から見ると立派なのですが、全山域が別荘地などの私有地になっているので、山頂に達するには都会的なルートファインディングが必要です。

 旧軽銀座を上り詰めたところにある碓氷峠遊歩道は往復12km、殆ど平坦の森林浴コース。樹相がよいので帽子がいらないほど。
 
 あとは熊野神社や定番の白糸の滝、鬼押し出しなど、何回か行っていますが、季節が異なるとまた一興です。


1 軽井沢倶楽部 ホテル軽井沢1130
軽井沢倶楽部 ホテル軽井沢1130

2 軽井沢倶楽部 ホテル軽井沢1130
軽井沢倶楽部 ホテル軽井沢1130

3 旧軽銀座
旧軽銀座

4 旧軽銀座
旧軽銀座

5 碓氷峠見晴台からの離山
碓氷峠見晴台からの離山
      
はな1

 「花の写真ニュース」は同級生の小野瀬壽(ひさし)君が毎週発行しています。

はな2

勤めていたデイサービスセンターのお年寄りたちの心の慰めになればと思い、自主的に始めたそうです。

はな3

 A3版ですので4分割にしました。

はな4

クリックすると大画面、もう一度クリックすると最大画面になります。
花1

 「花の写真ニュース」は同級生の小野瀬壽(ひさし)君が毎週発行しています。

花2

勤めていたデイサービスセンターのお年寄りたちの心の慰めになればと思い、自主的に始めたそうです。

花3

 A3版ですので4分割にしました。

花4

クリックすると大画面、もう一度クリックすると最大画面になります。

てがみ