FC2ブログ
 宮本勇さんが赤、ルリのペアで足短ポートワイングラスに彫刻しました。

 幾何学文様をいろいろ工夫して面白いグラスが完成しました。


シートカット完了1
  シートカット完了

シートカット完了2
  シートカット完了

完成1
  完成

完成2
  完成

完成3
 完成

完成4
  完成
 日本のシュバイツァーとも、ガンディーいうべき日本の良心、中村哲さんが銃撃され死亡してしまいました。

 中村さんは医師ですが、復興は軍事ではなく農業からの信念のもと、アフガニスタン東部の最も困難な地域の水源確保事業に取り組んだ方です。

 医者をやっても人の命は助からない。清潔な飲料水と食べ物さえあればほとんどの患者が死ななくてすむ。ということで私たちは水源加工事業と農業生産を豊かにする用水路を建設する工事に力を入れてやってきた。

 飢えや乾きは薬では治せない。そこで私たちの活動は医療という狭い枠を超え、清潔な飲料水と食べ物を、という動きに大きく変わった。これは医療の延長という気がする。

 中村さんの言葉には医療者としての、そして人間としての確かな見識がうかがえます。

 それゆえ、中村哲さんは日本の国際的な不名誉や恥の埋め合わせをしてくれている人でもありました。

 日本は、核兵器禁止条約の批准はしていません。COP25では化石賞をもらってしまいました。破滅的な事故を起こした原発も再稼働をしています。恵まれない国々でさえ、これらの地球的危機に対処しようとしているのに、何と恥ずかしいことでしょう。

 それでも、日本には中村哲さんがいる。中村さんが確かな見識を世界に訴え、活動をしてくれている。だから日本も捨てたものではない、と思っていました。

 昨日までは、そういう思いが成り立っていたのに、今日から日本は正真正銘の恥ずかしい国になってしまいました。

 タリバンはやってないと言っているので、誰が、なぜという疑問が残ります。

 おそらく、戦争をすることでしか生きられない勢力のしわざでありましょう。

 少しでも油断をすると戦争勢力が大きくなるのは世界共通、日本も同じです。

 いずれにしても、中村哲さんは再び帰ってくることはありません。

 世界的な損失になってしまいました。

 平和をとなえることでさえ、命を奪われる厳しい状況。

 それでも、中村医師は言う。

 「人は愛するに足り、真心は信ずるに足る」 と・・・。

DSC02161naka.jpg
12月5日 朝日新聞 1面

DSC02162mura.jpg
12月5日 朝日新聞 2面・31面
 カラオケだけに飽き足りず、CDを出してDAMなどでデビューする方のレッスンを行っています。

 以前は自宅でやっていましたが、最近は電子ピアノのあるスナックなどでの出張レッスンが多くなりました。

 プロの世界で評価されるのはオンリーワンだけ、ものまねは相手にされません。その価値が解る方のみが対象となります。

 そのノウハウをオープンにしましょう。できれば私のやり方を誰かに受け継いて欲しいので。


ブレスを深く
 肩を上げない。あげると首(声帯)が締まってしまう。肩を下げながら下腹を膨らます。
 肩を上げるのは演技だけ。

路線を決める
 ものまねはだめ。評価されるのはオンリーワンだけ。
 やさぐれ路線・清楚路線・優しさ路線・泣き節路線・本格路線など、自分だけの道を探す。
 自分の好きな歌と自分に合っている歌とは違う。

技術を身につけ歌の設計図をつくる
 ブレスの場所と方法・山と谷・クライマックスはどこに、どういう風に・入感ブレス・フォール・ベンド(しゃくり)・ファルセットで抜くところ・前で出すところ・奥で出すところ・母音変化・子音を強調するところ・語尾の色付け・息を混ぜるところなど。
 これらの技術の使用・不使用を決めて一曲を構築する。

歌心をつける
  歌詞を読み込む。
  詩に歌唱法を合わせる(涙という言葉は涙を出すように)
  歌の重心をとらえる。
  本を読む・他の音楽を聴く・経験を積む。

 
 これらを読んだだけで解る方、ぜひレッスンに取り入れてください。

 書けないこともあります。
 発声前の独特のストレッチ、腹筋をよじる方法など。

 そして一番大切なことは、歌手もミュージシャンの一員であること。
 音楽を知らない歌手があまりにも多すぎます。


1cdDSC02104.jpg
デビューCD

2denDSC02094.jpg
電子ピアノのあるスナック

3siDSC02095.jpg
電子ピアノのあるスナック
はな1

 「花の写真ニュース」は同級生の小野瀬壽(ひさし)君が毎週発行しています。

はな2

 勤めていたデイサービスセンターのお年寄りたちの心の慰めになればと思い、自主的に始めたそうです。

はな3

A3版ですので4分割にしました。

はな4

クリックすると大画面、もう一度クリックすると最大画面になります。
花1

 「花の写真ニュース」は同級生の小野瀬壽(ひさし)君が毎週発行しています。

花2

勤めていたデイサービスセンターのお年寄りたちの心の慰めになればと思い、自主的に始めたそうです。

花3

 A3版ですので4分割にしました。

花4

クリックすると大画面、もう一度クリックすると最大画面になります。

手紙