FC2ブログ
 今、山登りをする殆どの人はタイツに短パンをはいています。

 スキーヤーもレーシングスーツの上にコート下に短パンをはく人が増えてきました。

 ちまたでは相変わらず穴あきジーンズをはいている方が目につきます。

 それ以前にも、ずり下げズボン・ルーズソックス・しみちょろ、などがありました。

 これらは実用性はほとんどないので、ファッションなのでしょう。

 でも、ファッションとは美しさや個性を求めるものと思うのですが。

 これらに、美しさや個性がありましょうか

 私は、これらには実用性も個性も美しさもあまり関係がないと思います。

 たんに、みんながやっているから、わたしもやっているという、はずみ心なのでしょう。

 そう、皆と同じでないと気持ちが悪いという不安性同調心理に過ぎないと思うのですが。
 
 そのように自由な「ファッション」を謳歌していた若者たちも、いざ就活が始まると途端に全員がリクルートスーツになってしまいます。

 これは、社会からの強力な同調圧力があるからでありましょう。

 同調圧力といえば、今の日本社会にはコロナ禍によるものが多々あります。

 マスク警察や自粛警察などといわれる方は、少しでも足並みがそろってない人をみかけると黙っていられないのでしょう。

 まるで、コロナウィルスそのもののような嫌悪感があるかのようです。

 しかし、よく考えてみると同調圧力のすべて悪いわけではありません。

 民主主義というシステム自体がが良い意味での同調圧力なのですから。

 それらは法律や道徳といわれます。

 法律には同調しないと罰せられますが、道徳には同調しなくても罰せられません。

 なので、簡単にいうならば同調圧力とは道徳のことでありましょう。

 ところが、その中間に宗教というものがあります。

 この同調圧力は相当に強いもので、国によっては法律よりも強いかもしれません。

 整理してみると、全体主義的な法律による同調圧力、民主主義的な法律による同調圧力、宗教による同調圧力、道徳による同調圧力、と振り分けることができるでしょう。

 つまり、それぞれの国の特徴は同調圧力の種類によって現れるのです。

 言わずと知れた日本の特徴は道徳による同調圧力がすこぶる強いことでありましょう。

 なので、日本人が同調圧力に屈しないためには道徳と戦わねばなりません。

 さて、そこで小中学校で教科化されたことでもアカラサマになった道徳とは何か、ということになるのですが。

 道徳とは歴史と文化が培った心の規範でありましょう。

 「道」も「徳」も元は中国の観念ですが、今ではすっかり日本に定着した美的習俗とも言えます。

 これらの美的習俗には支配階級の武士道や庶民のお天道様信仰も入るでしょう。

 そして、これらの歴史と文化を培った場所が村社会というものです。

 武士社会や貴族社会も含めて。

 なにせ、村社会は奈良時代の戸籍などをみても分かるとおり、1500年以上も前からあるのですから。

 それにくらべて、私たちのいう社会、つまり、一般社会の概念が庶民にいきわたったのは100年にも満たないと思います。

 逆に戦前戦中などは村社会が強調されたのですから。

 ところで、村社会と一般社会の違いはおわかりでしょうか。

 村社会とは顔と名前が一致する人の集まりです。

 一般社会は名も知らず関係もない人々の集まり。

 これを拡大解釈すると、日本全体が村社会なのですよ。

 言葉や文化の違う外敵に侵入されたことは1度もないのですから。

 だから、外敵同士だったものが仲良く生活するための社会という概念が分かりにくいのです。

 つきつめると、今でも村社会が存在するということは一種の平和ボケでありましょう。

 外敵同士が許し合って建国した一般的な国々で、その習俗を認めたら分裂してしまうから。

 許し合いの国々ではイジメも起こりにくいと思います。

 イジメとは村八分なのですから。

 村八分とは火事と葬儀以外は無視するというものです。

 火事は類焼防止のため、葬儀は疫病防止などのためなので親切心からではありません。

 さて、これまでを整理してみると、日本の特徴的同調圧力の元である道徳は一般社会のものではなく、村社会のものである、といえましょう。

 つきつめれば、それは今や道徳といえるものではなく、単なる悪しき習俗というものなのですが。

 前述したように、若者たちが、そんなことに溺れている理由が私にはわかりません。

 毅然として、従わない権利を行使しましょう。

 ほかにも、これらの問題は数多くあります。

 体育会の絶対服従・校則の締めつけ・性的強制など、すべてのハラスメント。

 これらのことで、空気を読んではいけません。


中国は法律によって同調圧力を発している。
イスラム社会は宗教によって同調圧力を発している。
日本は習俗が同調圧力を発している。
つまり、日本の同調圧力は法律が発しているのではなく、その最低を規定する道徳の働きでもなく、単なる習俗が強力な同調圧力の担い手なのだ。
その恐ろしさは1500年もの積み重ねにある。
ゆえに、流行も、忖度も、永遠に近く続くであろう。

何に同調し、何に同調しないかで、その人の人格が決まる。
人は知らず知らずのうちに同調圧力を発している。
それはその人の人格が発している。
つまり、人格が同調を規定しているのだ。


DSC04l391.jpg
6/3 朝日新聞夕刊 9面 「自粛警察」監視し合う社会
 新型コロナウイルスワクチン接種をしてきました。

 同居している姉と妻と3人の1回分を、かかりつけ医のめぐみクリニックで。

 3人いっしょでなければ、もっと早くできたらしいのですが。

 同時の方が手間がかからないと思って。

 ところが、副反応を考えると、別々のほうが良かったそうです。

 接種後、15分はその場で様子をみるなど、副反応にはすこぶる注意がなされています。


 姉は3歳時の種痘の異常反応で知的障害になってしまいました。

 なので、インフルエンザワクチン接種などにも神経を使っています。

 今回も姉が一番心配だったのですが、無事に乗りきれました。


 国産ワクチンの開発が、やっと今頃になって閣議決定されたそうです。

 遅かりし由良之助。

 BS11のニュースだけがやっていました。

 ほかの局は無視しています。

 おかしいな。


 オリンピックをテレビや新聞が反対しないのは各局や各社が国や都と、つるんでいるかららしい。

 儲かることで!

 都県またぎはだめ、各国選手の国またぎはよい。

 密集はだめ、パブリックビューはよい。

 アクセルとブレーキを同時に踏んでいます。

 車なら壊れてしまうでしょう。

 消火しながら、ガソリンをまいているようなもの。

 火事なら燃え続けるでしょう。

 こんな簡単こと、子供でも分かると思うのですが。

 王様は裸だ、という人がおりません。


1aDSC04387.jpg
 ワクチン接種案内状

2bDSC04388.jpg

3nDSC04389.jpg
6/1 BS11ニュース 「国産ワクチンの開発を閣議決定」
 きょうは新聞休刊日。

 しかたなく、きのうの新聞をみるともなくなく覗いてびっくりしました。

 きのうはこどもの日。

 なのに、こどもについての記事はほんの申しわけ程度。

 驚くことに、1面の3分の1と2面の半分がICBMの特集記事です。

 正に「世界は狂っている」ことの象徴でありましょう。

 いつでも、どこへでも発射するためのアメリカのICBM要員はミサイラーと呼ばれ、20歳代という。

 しかし、そのシステムは時代遅れで未だにフロッピーディスクを使っているとのこと。

 いいんだか、わるいんだか。

 それを早く新式にしないと、いけないらしい。

 ロシアはもう、8割がた入れ替えが終わっているから。

 中国は特にこの分野の発展が目覚ましく、1か月前の情報が役に立たないほどなそう。

 各国のICBM保有台数をみてください。

 パキスタンは160、北朝鮮は35。

 それぞれ、ちゃんと管理さているのでしょうか。

 どこかで、まちがってボタンが押されたら、もう、その瞬間、世界は終わりですよ。

 地球よりも重い1人の人間の命をコロナ禍から救おうとしている方々もいれば、全地球人を何回も抹殺できるミサイラーを含めた軍事関連要員もいる。

 しかも、その関連産業従事者が生活に困って予算増額を求めているとのこと。

 世界は狂っている、といわざるをえません。


1bDSC04325.jpg
5/5 朝日新聞 1面 雪原の地下 潜むICBM

2tDSC04327.jpg
5/5 朝日新聞 2面 2人1組ミサイラー 24時間臨戦
 4/28のタイトルは「世界は狂っている」でした。

 コロナ禍から1人でも多くの命を救おうとしている反面、史上最高の軍事費を計上する世界は狂っているのではないか、との諭旨です。

 そして、大人はたちにはもう何をいっても無駄だから、子供の教育に期待するしかないと。

 短気で諦めの早い私が、この論調を展開すると、思慮深く粘り強い小野瀬壽君は、地道な努力が大切ですよ、説明をすれば少しでもわかってくれる人はいるはずだから、といいます。

 きのうの朝日新聞の意見広告は正に、そういう方々の主張でありましょう。

 ひとつ一つ問題をとりあげてわかりやすく、いのちを守り戦争をしない方向へ導いていっています。

 それでも、よくいわれるのは、「自民党もダメだけと野党はもっとダメなのばかりだから、やっぱり自民党しかないよ」なのですが。

 今回の地方選挙の結果をみると、そういう方々の愛想も尽きたようです。

 いわゆる、岩盤崩れ、ですね。

 広島辺りで始まった岩盤崩れが全国に波及すればよいのですが。

 若い方々の岩盤を崩すには、やはり、若い力が必要でありましょう。

 岩尾砕くんの登場を願っています。

 意見広告で示したとおり、埼玉県は狂っていませんよ。


 この憲法記念日こそ、平和の貴重さを確認する日でありましょう。

 歴史的に日本ほど平和を愛し、平和に恵まれた国はにありません。

 平安時代は350年、江戸時代は250年もの間平和でした。

 世界史は江戸時代の平和をパクストクガワーナと名付けて称賛しています。

 戦後も76年間、1人の戦死者もおりません。

 100年後も、そう願いたいものです。


DSC043g11.jpg
5/1 朝日新聞 18面 NO 憲法9条改悪を許しません! 戦争をする国にはさせません! WAR
 立ち話を聞いてしまいました。

 信号待ちで。

 念のため、川口市内ではありません。

 「○○が××、食ったらしいよ」

 再び、念のため、男の子ではありません。

 「マジ!あいつ手当たり次第に食いまくりジャン」

 三度、念のため、パンやおにぎりを食ったのではありません。

 四度、念のため、解説すると、女の子が男の子を食ったのですよ。

 私たちの若いころ、この伝のかなりの大食漢でも「食った」とは言わなかったように思います。

 せいぜい、「やった」とか「こました」ぐらいだったでしょうか。

 それが、今では女の子までが「食った」と。

 しかも、人前で。

 これぞ、まちがいなく、男女機会均等法の成果でありましょう。

 なぜなら、「やった」「こました」の原義は「与えた」で一方的ですが「食った」は「食い合った」ことで双方向なのですから。

 そう、思えば、「まぐあい」という言葉もありましたね。

 なので、じつは未だに食い続けている友人をみてうらやましいと思っていましたが、よく考えてみると逆に食われているよしもあり、そうとも思えなくなりました。

 今、世間をにぎわせている方も3000人も食って、してやったりと思っていたら、最後に食いちぎられてしまいました。

 ?小食でよかったなぁ?


DSC04f310.jpg
5/1 朝日新聞 29面 資産家殺害 手伝いの女性は外出 死亡直前 妻と2人きりか