FC2ブログ
 花ちゃん合格おめでとう。

 難しい志望高校に合格したとのこと、頑張りましたね。

 休み時間と給食が一番好きだった花ちゃんが一生懸命勉強している姿を想像するとかわいそうでなりませんでした。

 というのは、ジイジは勉強が大嫌いだったからです。

 勉強とは強いられて勉めること。

 受験勉強はその最たるものでしょう。

 でも、ジイジは好きなことを自分に強いることは平気でした。

 日曜日や夏休みには弁当を2つ持って行き、学校のピアノを8時間も10時間も弾いたものです。

 そういうジイジなので、74歳の今まで勉強はしたことがありません。

 1年間に300冊ほどの本は読んでいますが、それはレジャーなのですよ。

 何10日もスキーや山登りに行っていますが、それもレジャー。

 嫌なことを我慢してやることは大嫌いです。


 人はなぜ勉強をするのでしょうか。

 おそらく、知識を身につけるためと思います。

 そして、それを使って、良いところに就職したり、良い人と結婚したり、幸せになりたいからでしょう。

 でも、知識って、お金とか土地と同じものなのですよ。

 有るからって、良い就職や良い結婚ができたり、幸せになれるとは限りません。

 あることが、かえって邪魔になることさえあるのです。

 では、人は何のために知識を身につけたいのでしょう。

 それは、人は何のためにお金とか土地が欲しいのか、ということと同じでありましょう。

 究極的にいえば、人は何の役にもたたないものを、ただ欲しいだけのことで欲しがるのです。

 なので、欲しがらなければ、人生は楽に生きることができます。

 そしたら、人生は何のためにあるのかわかりませんね。

 さあ、困りました。

 人生は何のためにあるのでしょうか。


 このようなことを考えることは受験勉強より、もっと大切なことと思います。

 逆に、このようなことを一度も考えない人が、もっとも幸せなのかもしれません。

 さあ、再び、困りましたね。

 どうしたら、よいのでしょう。

 そこで、もう1歩、考えを進めると、人生は果たして、何かのためにあるのでしょうか。

 そう考えると、答えが出てくるような気がするのですが・・・。


 花ちゃん合格おめでとう。

 花ちゃんはジイジにはできないことをやり遂げました。

 そんな花ちゃんをジイジは尊敬します。


 花ちゃん!

 人には、いろいろな人生があるのですよ。

 これが、答えです。


DSC040h65.jpg
わが家のシイタケも、いろいろ
 ミキちゃん、成人記念写真を送ってくれてありがとう。

 冠婚葬祭の冠とは成人式のことなんですよ。

 古来、宮廷などでは冠を頭にのせる儀式が行われました。

 それまではは大童(おおわらわ)といわれ、髪はのび放題だったのです。

 頭髪をまとめることが大人のあかしだったのでしょう。

 ミキちゃんの髪も美しくまとまりましたね。


 近年、選挙権保有年齢が18歳になりました。

 ならば、18歳から20歳までは子供なのか、大人なのでしょうか。

 特別青少年というらしいです。

 それでいて、今問題になっている性交渉の合意確認の成立年齢は明治時代に決まった13歳のままなのですよ。

 法律はなんと、めちゃくちゃなのでしょう。

 これらは、人格形成の差の違いがあまりにも甚だしいので一概に決めにくい現れでありましょう。

 ジイジが成人式のときは妻がいたうえ、いなかの母たちに仕送りをしていました。

 豊島公会堂に参集した同年代は言動がなんとも幼く、ただ着飾っているだけ。

 あいさつをして、仲間に加わろうとしたのですが、話がまったく噛み合わないのです。

 ばかばかしくなり、途中退場してしまいました。

 一人で参加した私が悪かったのかもしれません。

 だけど、みんなで、ただ、わいわいがやがやすることが成人式なのでしょうか。

 きけば、ミキちゃんはコロナ禍のため、成人式には参加しなかったとのこと。

 そのことの方が、かえって貴重な成人式だったと思います。


 ミキちゃんのお母さんは毎回必ず投票所に行っているはずなのですが。

 ミキちゃんはいかがでしょうか。

 ミキちゃんのお母さんには、そのように指示したことはないのですが。

 ジイジとバアバが、そのようにしているので自信をもっていえるのです。

 どうしても候補者が定まらないときは白票を投じました。


 ミキちゃんのクラリネットとジイジのピアノで一緒に演奏してみたいなぁー。


1IMG_109w49.jpeg
孫のミキちゃんの成人記念写真

2yIMG_1025.jpeg
孫のミキちゃんの成人記念写真
 花ちゃんスキーの2日目、小雪が降っていましたが、頑張ってレベルアップを図りました。

 ボーゲンからパラレルへの挑戦です。

 平行にしてから滑り始め、片方のスキーを開きながら体重を乗せます。

 シュテムターンの逆の発想なのですが。

 すぐにスキーがそろい始めました。

 緩斜面ではスキーを平行にして山側斜め前に体を預ける方法も試してみるとすぐできました。

 スピード恐怖症の人はできないのですが、花ちゃんは平気です。

 何となくスキーがそろってくることを、パラレルもどきとか、ナンチャンてパラレルといっていますが、花ちゃんも、その仲間入りです。

 まあ、何はともあれ、スキーを楽しんでくれればよいのですが・・・。


1kDSC02606.jpg
花ちゃんの滑り

20.03.08花ちゃんの滑り.MP4
花ちゃんの滑り
 数年ぶりに、孫の花ちゃんとスキーに来ています。

 花ちゃんは中学生、吹奏楽部の部長さんなので、忙しくてスキーなどやっていられません。

 ところが、コロナウイルス対策のため、通学と学校行事がすべて取りやめになりました。

 なので、電車には乗らず、すべて車で移動。人数は最低のジイジと2人。部屋も別々にしてスキーをすることにしました。

 考えてみれば、私はインフルエンザを避けるため、スキー場に、こもったことがあります。

 山奥には菌やウイルスはいませんから。

 軽い風邪など治ってしまうほど空気がきれいです。

 コロナウイルスに対しても同じでしょう。

 新型コロナウイルス避難にはスキー場がおススメです。


1uDSC02605.jpg
花ちゃんスキー

2pDSC02607.jpg
花ちゃんスキー
 孫の花ちゃんのブラスバンドが表参道と代々木公園をパレードしました。 

 ふるさと渋谷フェスティバル 2019 の一環です。

 距離が長くて大変だったでしょう。

 よく頑張りましたね。

 代々木公園には多くの模擬店が出ていました。

 伊豆のワサビ饅頭は甘さと辛さのコンビネーションが絶妙。

 よく考えたものです。


1 表参道パレードDSC01996
表参道パレード

2yoyoCA3H1070.jpg
代々木公園パレード

3DSC02007pa.jpg
代々木公園パレード

4siDSC02001.jpg
ふるさと渋谷フェスティバル 2019

5buCA3H1077.jpg
わさび饅頭

6kyougiCA3H1081.jpg
国立代々木競技場