FC2ブログ
 ヤノネボンテンカ(矢の根梵天花)の群落を発見しました。

 土手一面に溢れています。

 あるところにはあるものですね。

 ヤノネボンテンカはコンクリートが好きなようです。

 コンクリートの隙間やコンクリートの上に薄く土が乗っている場所に生えています。

 このような場所は他の植物は好まないので、この調子だとどんどん増えていくかもしれません。


1 ヤノネボンテンカ
 ヤノネボンテンカ アオイ科 ヤノネボンテンカ属 別名:タカサゴフヨウ(高砂芙蓉)・ヒメムクゲ(姫木槿)・ミニ芙蓉


2 コンクリートの上や、
 コンクリートの上や、

3 コンクリートの隙間に生えています。
 コンクリートの隙間に生えています。

4 最初に発見した場所
 最初に発見した場所もコンクリートの土留の間です。
 宮本勇さんが花瓶と足元ランプを同時に完成させました。
 2点とも赤い素材です。

 花瓶には桔梗の文様を、足元ランプにはさくらんぼとパイナップルの文様を、それぞれ彫刻しました。


1花瓶途中
  花瓶途中 シートを貼り終わった状態


2花瓶途中
  花瓶途中 


3花瓶完成
  花瓶完成


4花瓶完成
  花瓶完成


5足元ランプ途中
  足元ランプ途中


6足元ランプ完成
  足元ランプ完成


7足元ランプ完成
 足元ランプ完成


8足元ランプ完成
  足元ランプ完成
 東京都北区赤羽の荒川河川敷で去年の今頃、B級グルメ大会の打ち上げの花火が10分ほど行われました。

 今年は花火大会ではなく花火会です、と謙遜して行われましたが、どうしてどうして立派な花火大会でした。

 打ち上げ場所は青水門の土手ですから我が家の目の前です。

 無料特等観覧席となった我が家の前はパトカーが巡回するほど賑わいました。

 ほんの1時間ほど前のできごとです。


1 有料観覧席
 バーベキュー場や野外コンサート場が有料観覧席になりました。


2


3


4


5


6


7


[広告 ] VPS


HP 北区花火会 
 大町市にある長野県最古の曹洞宗寺院 功徳林大洞山「霊松寺」をお参りしました。

 霊松寺は応永11年(1404年)に實峰良秀禅師により開かれました。

 人里離れた山中にありながらチリ1つ落ちていない端正な佇まい、これぞ禅宗寺院。

 身も心も引き締まります。


1 鐘楼
 鐘楼
 寺を見下ろせる高台にあり、コンサートのステージにもなります。


2 山門
 山門(長野県宝)


3 県宝説明板
 県宝説明板


4 オハツキイチョウ
 オハツキイチョウ


5 本堂
 本堂
 龍の天井絵(鳴き龍)があります。


6 鳴き龍案内
 鳴き龍案内


7 講堂
 庫裏


8 萩と総門
 萩と総門

HP 霊松寺
 妻がどうしても行きたいという北アルプス展望美術館に行ってきました。

 白馬三枝美術館と同じく、北アルプス・安曇野・白馬を愛した芸術家たちの作品が常設展示されています。

 特別展はキルトの作品でした。

 一般人のクラフトワークや絵画制作に力を入れている美術館ならではのものです。

 妻がどうしても行きたいという理由がよくわかりました。


1 北アルプス展望美術館
 北アルプス展望美術館(池田町立美術館)


2 杉山巣雲(そううん)の像
 階段中程に江戸時代の教育者、杉山巣雲(そううん)の像があります。


3 入口
 入口


4 クラフトパーク
 クラフトパークがあります。


5 北アルプス眺望
 クラフトパークからの北アルプス眺望


6 敷地内は芝生に
 北アルプスなどを自由に描けるように敷地内はスケッチのできるスペースが何ヶ所かあります。


7 展望室
 展望室


8 展望室からの風景
 展望室からの風景


9 パンフレット表
 パンフレット表


10 パンフレット裏
 パンフレット裏

HP 北アルプス展望美術館(池田町立美術館)
 若い頃から行きたかった大町山岳博物館にやっと行くことができました。

 私には、どうしても見てみたい遺品の手帳が2つあります。
 1つは宮沢賢治の「雨ニモマケズ」の書かれたもの、もう一つが松濤明の「風雪のビバーグ」の手帳です。
 ほかの展示物はどうでもいいわけではありませんが、松濤明の手帳に出会えた感激で目頭が熱くなり、あまり印象に残りませんでした。


手帳
 手帳

一月五日 フーセツ
SNOWHOLEヲ出タトタン全身バリバリニコオル、手モアイゼンバンドモ凍ッテアイゼンツケラレズ、ステップカットデヤリマデ ユカントセシモ(有)千丈側ニスリップ上リナホス力ナキ
 (二枚空白)
タメ共ニ千丈へ下ル、カラミデモラッセルムネマデ、一五時SHヲホル
一月六日 フーセツ
全身硬ッテ力ナシ 何トカ湯俣迄ト思ウモ有元ヲ捨テルニシノビズ、死ヲ決ス
オカアサン
アナタノヤサシサニ タダカンシャ、一アシ先ニオトウサンノ所へ行キマス。
何ノコーヨウモ出来ズ死ヌツミオユルシ下サイ、井上サンナドニイリイロ相談シテ
 (二枚空白)
井上サン イロイロアリガトウゴザイマシタ カゾクノコトマタオネガヒ
手ノユビトーショウデ思フコトノ千分ノ一モカケズ モーシワケナシ ハハ、オトートヲタノミマス
有元ト死ヲ決シタノガ 六時
今 一四時 仲々死ネナイ 漸ク腰迄硬直ガキタ、全シンフルへ、有元モHERZ、ソロソロクルシ、ヒグレト共ニ凡テオワラン
ユタカ、ヤスシ、タカヲヨ スマヌ、ユルセ、ツヨクコーヨウタノム
 (七枚空白)
サイゴマデ タタカウモイノチ 友ノ辺ニ スツルモイノチ 共ニユク(松ナミ)
 父上、母上、私は不幸でした、おゆるし下さい
治泰兄 共栄君 私の分まで 幸福にお過ごし下さい
実態調査室ノ諸士、私のわがままを今迄おゆるし下さいましてありがとうございました
井上さん おせわになりました
荒川さん シラーフお返しできず すみません B 有元
我々ガ死ンデ 死ガイハ水ニトケ、ヤガテ海ニ入リ、魚ヲ肥ヤシ、又人ノ身体を作ル、個人ハカリノ姿 グルグルマワル 松マミ

 松濤明は、体力の有るうちに救助を求めに降りれば助かったかもしれないのに「何トカ湯俣迄ト思ウモ有元ヲ捨テルニシノビズ、死ヲ決ス」と、友と一緒に死ぬことを選びます。
 そして「サイゴマデ タタカウモイノチ 友ノ辺ニ スツルモイノチ 共ニユク」と覚悟を決め、「我々ガ死ンデ 死ガイハ水ニトケ、ヤガテ海ニ入リ、魚ヲ肥ヤシ、又人ノ身体を作ル、個人ハカリノ姿 グルグルマワル」と言い残しました。
 単独行の達人である松濤明が友人を共にした北鎌尾根で亡くなり、それ以前、単独行のパイオニアと言われた加藤文太郎もまた、なれないパーティーを組んだことによって同じ北鎌尾根で帰らぬ人となりました。
 この2人とは比べ物にはなりませんが、私は、これらのことを踏まえて安易にパーティーを組むことは危険、と判断したのです。
 それは相手にとっても言えること、ゆえに今でも、できる限り単独行を貫いています。

1 入口
 入口


2 階から
 2階から


3 風景撮影用の小窓
 風景撮影用の小窓


4 展望室
 展望室


5 ジオラマ
 ジオラマもあります


6 パンフレット表
 パンフレット表


7 パンフレット裏
 パンフレット裏

HP 大町山岳博物館
 犬の花ちゃんが昨日(10/16)の毎日新聞に大きく取り上げられました。

 飼い主の渡辺悦子さんのコメントも出ています。


記事1
 記事1

 記事2
 記事2

My Blog 花ちゃん(犬)2
はな1

 「花の写真ニュース」は同級生の小野瀬壽(ひさし)くんが毎週発行しています。

はな2

勤めているデイサービスセンターのお年寄りたちの心の慰めになればと思い、自主的に始めたそうです。

はな3

 A3版ですので4分割にしました。

はな4

 クリックすると大画面、もう一度クリックすると最大画面になります。
花1

 「花の写真ニュース」は同級生の小野瀬壽(ひさし)くんが毎週発行しています。

花2

勤めているデイサービスセンターのお年寄りたちの心の慰めになればと思い、自主的に始めたそうです。

花3

 A3版ですので4分割にしました。

花4

クリックすると大画面、もう一度クリックすると最大画面になります。

てがみ
 以前から行きたいと思っていた「安曇野ちひろ美術館」にやっと行くことができました。

 私どもが池袋堀之内に住んでいた新婚のころ、池袋駅前で夫君の松本善明さんが、たびたび演説をしていました。

 その頃は善明さんの方が有名で、ちひろさんは善明さんの奥さんで絵を書いている人、程度のことしか知りませんでした。

 政治性・芸術性・人間性・特に地域性について深く考えさせられます。


  風は吹く 自由意思持て安曇野へ ちひろ・碌山・清沢洌も  安正



1 安曇野ちひろ美術館
 安曇野ちひろ美術館


2 庭園には彫刻作品
 庭園には彫刻作品が置かれています。


3 庭園を廻る方
 雨にもかかわらず、庭園を廻る方が数多くおられます。


4 通路にも
 館内は通路にも経歴や、

5 作品が
 写真などが展示されています。

6 売店
 売店もあります。


7 音楽室
 音楽室もあり、隅にはグランドピアノが準備されています。


8 パンフレット表
 パンフレット表


9 パンフレット裏
 パンフレット裏

HP 安曇野ちひろ美術館