FC2ブログ
はな1

 「花の写真ニュース」は同級生の小野瀬壽(ひさし)くんが毎週発行しています。

はな2

勤めているデイサービスセンターのお年寄りたちの心の慰めになればと思い、自主的に始めたそうです。

はな3

 A3版ですので4分割にしました。

はな4

 クリックすると大画面、もう一度クリックすると最大画面になります。
花1

 「花の写真ニュース」は同級生の小野瀬壽(ひさし)くんが毎週発行しています。

花2

勤めているデイサービスセンターのお年寄りたちの心の慰めになればと思い、自主的に始めたそうです。

花3

 A3版ですので4分割にしました。

花4

 クリックすると大画面、もう一度クリックすると最大画面になります。

てがみ
          全国公募 洋画・日本画・工芸
               第32回

                創彩展

           東京都美術館 2階展示室
       会期 平成24年10月30日(火)~11月6日(火)


 明日10月30日(火)~11月6日(火)まで、妻の所属している美術団体 創彩会が全国公募「第32回創彩展」を開催します。

 会場の東京都美術館は2年間、改修工事のため休館しておりました。

 その間、第30回・第31回は東京都北区王子の北とぴあで開催されています。

 東京都美術館の工事も無事に終わり、リニューアル記念展は、あのフェルメールの「真珠の耳飾りの少女」やレンブラントの「自画像」などで有名な「マウリッツハイス美術館展 オランダ・フランドル絵画の至宝」が開催されました。

 創彩会はリニューアル記念事業として図録を発行するそうです。

案内ハガキ
                案内ハガキ
 毎年この季節になると、TAJ(日本テレマークスキー協会)から1年を総括した印刷物が送られてきます。

 これを見ることにより、トレーニングへの意欲も増し、雪への憧れが高まっていきます。

 さぁー、初滑りはどこにしようか。


1


2


3


4

HP 日本テレマークスキー協会
 よみうりカルチャー川口の安藤幸恵さんが、ルリ色の中皿に帆船文様を彫刻しました。

 細かいカット作業が大変でした。

1 安藤さん中皿ー途中
 途中 ― カット作業が終わったところ。(裏側から撮影)


2 安藤さん中皿ー完成
 完成 ― 皿の裏側を彫刻しました。(表側から撮影)


3 展示風景
 リリア3Fギャラリーでの展示風景
             泣き言はいわない


       山本周五郎              新潮文庫

1 表紙
           表紙 

 私は、旅行はもちろん、登山や川下りにでも本を持っていきます。
 9/18~22 にかけて唐松岳・五竜岳・鹿島槍ヶ岳・爺ヶ岳縦走の山旅では、この「泣き言はいわない」をザックに忍ばせて行きました。
 1日目の宿泊地、唐松岳頂上山荘で最初の頁を開いて驚きました。

2 一歩ずつの人生 
        一歩ずつの人生 

 出来過ぎ、とはこういうことを言うのでしょう。偶然手にした本に書いてあることが状況と一致していたのです。

 次の日は雨のため近距離の移動しかできず、山小屋での時間がたっぷりありました。私が小型ラジオで天気予報などを聞いている間、妻にこの本を渡すと、長い間読みふけっていました。
 妻も最初の文章にびっくりしたようでしたが、そのあとの文章にも引き込まれていったようです。
 
 この本は山本周五郎の作品のエッセンスだけを抜き出したものですから、どこから読み始めてどこで終わっても構いません。もちろん読み通しても良いし、ワンセンテンスだけを読んでも良いでしょう。ゆえに、今回のような旅の友には最良と思われます。

 人生の指針となるような本との出会いは100冊に1冊あれば良い方で、1000冊に一冊ほどかもしれません。
 99冊、あるいは999冊の無駄を省きたい方におススメします。
 菅平ホテルマッキンレーには「ウクレレ手作り講座」があります。

 講師はオーナーの流石康一さん。

 流石さんは、もともと日本有数のルアービルダーですから木工技術に長けています。

 その上、ハワイアンからジャズまでOKのミュージシャンでもありますからウクレレの制作もできるのです。


1 カッターで
 カッターで削ったり



2 サンドペーパーを
 サンドペーパーをかけたり、


3 穴を
 穴を開けたり、


4 フレットを
 フレットを取り付けたりしますが、


5 ニスを塗る
 一番難しいのはニスを塗ることだそうです。


6 良し悪しが決まる
ニスの塗り方で音色の良し悪しが決まるそうです。

HP 流石ルアークラフト


[広告 ] VPS
 足立区都市農業公園の古民家の庭先で昔懐かしい脱穀作業が行われました。

 今は、農作業はトラクターなどの高性能な機械でなんでもやってしまうので、ガーコンといわれる足踏み脱穀機や、唐箕(とうみ)などを使った作業は滅多に見ることができません。


[広告 ] VPS



[広告 ] VPS


1 古民家の庭先で
 古民家の庭先で


2 ガーコン
 ガーコンといわれる足踏み脱穀機や唐箕(とうみ)を使う方々


3 籾になった古代米
 籾になった古代米など

4 姫りんご
 園内では姫りんごが枝もたわわに実っています。

Google 画像検索 唐箕
はな1

 「花の写真ニュース」は同級生の小野瀬壽(ひさし)くんが毎週発行しています。

はな2

勤めているデイサービスセンターのお年寄りたちの心の慰めになればと思い、自主的に始めたそうです。

はな3

 A3版ですので4分割にしました。

はな4

 クリックすると大画面、もう一度クリックすると最大画面になります。
花1

 「花の写真ニュース」は同級生の小野瀬壽(ひさし)くんが毎週発行しています。

花2

勤めているデイサービスセンターのお年寄りたちの心の慰めになればと思い、自主的に始めたそうです。

花3

 A3版ですので4分割にしました。

花4

 クリックすると大画面、もう一度クリックすると最大画面になります。

手紙

My HP 私だけの秋の七草