FC2ブログ
花1

 「花の写真ニュース」は同級生の小野瀬壽(ひさし)くんが毎週発行しています。

花2

勤めているデイサービスセンターのお年寄りたちの心の慰めになればと思い、自主的に始めたそうです。

花3

 A3版ですので4分割にしました。

花4

クリックすると大画面、もう一度クリックすると最大画面になります。

てがみ
1 ウォーキング
1 ウォーキング


             エコニコ人生

         よく遊び ほどよく学び 少し働く

         この順序と配分がたいせつです

         逆であってはいけません

         遊ぶことが重要なのです

         遊戯遊行は古来神聖なものでした

         人類の発生に係ったことなのです

         人間の証しとも言えるでしょう

         そのために学ぶようにもなりました

         楽しく遊ぶために勉強することは苦になりません

         ほどよく勉強して ニコニコ遊び 必要なだけ働く

         このバランスが良き人生を送るコツです

            良き人生はエコニコ人生

             万人人生是一遍


2 カヌー
2 カヌー

My HP
人は三度生まれ、三度死ぬ
HP
遊〉について
 グラスウェアータイムス 2013年4月号 にグラスアートセイの記事が掲載されました。

 グラスウェアータイムスは硝子食器類において日本唯一の業界紙です。

 硝子食器、洋食器等、テーブルウェアに関する情報を的確に捉え、的確に伝えるものとして定評があります。


1 グラスウェアータイムス
1 グラスウェアータイムス


2 グラスアートセイの記事
2 グラスアートセイの記事
1SHI 2
1 SHI 2


2JI 2
2 JI 2


3MA 2
3 MA 2
 この地に住みついて35年ほどになりますが、その間、目の前で何回も大規模な河川工事が行われてきました。

 昨年秋からこの4月まで行われた荒川左岸堤防工事もやっと終了し、朝夕の散歩も心おきなくできるようになりました。


1 荒川左岸堤防工事
1 荒川左岸堤防工事


2 荒川左岸堤防工事
2 荒川左岸堤防工事


3 荒川左岸堤防工事
3 荒川左岸堤防工事


4 荒川左岸堤防工事
4 荒川左岸堤防工事


5 荒川左岸堤防工事 終了
5 荒川左岸堤防工事 終了


6 荒川左岸堤防工事 終了
6 荒川左岸堤防工事 終了


My HP
山河風狂、河の章より

 河川工事も毎年、切れ目なしに続いている。赤羽側では隅田川への水門の付け替え(赤水門を記念に残し、新設した青水門が稼動)・野外コンサート場・釣り用の歩道橋・赤水門公園の整備・大型船用係留施設・バーベキュー場・野球場・交通公園。川口側でもゴルフ場の改造・新荒川大橋の一部架け替え・耐震補強工事・大型船用係留施設・地下鉄工事にともなう芝川への導水管の敷設・自動車教習所の移設・スーパー堤防上への小中学校新築と川口善光寺の移設・堤防地下への排水ポンプ場の新設、それに両側ともに何回かの道路の付けかえと堤防工事が行われた。
 堤防工事の度に土をどこからか運んでくるので植生が変わってしまう。わが家の前の土手は月見草の名所だった。

         富士よりも荒川土手の月見草    安正

 しかし、それもシロツメクサとアカツメクサの群落になり、今では近くまでゴギョウの群落が攻めてきている。
 中庭にナスとトマトとトウガラシを植えました。

 連作障害を避けるため、去年はタマネギを植えてみましたが、土が悪いせいか大きくなりません。

 ナスは2本もあれば自家用で十分なので、1年置いてまた植えました。

 連作障害が出なければいいのですが。


1 ナスを植えました
1 ナスを植えました


2 ナスとトマトとトウガラシ
2 ナスとトマトとトウガラシ


3 ナスを植えました
3 ナスを植えました
はな1

 「花の写真ニュース」は同級生の小野瀬壽(ひさし)くんが毎週発行しています。

はな2

勤めているデイサービスセンターのお年寄りたちの心の慰めになればと思い、自主的に始めたそうです。

はな3

 A3版ですので4分割にしました。

はな4

 クリックすると大画面、もう一度クリックすると最大画面になります。
花1

 「花の写真ニュース」は同級生の小野瀬壽(ひさし)くんが毎週発行しています。

花2

勤めているデイサービスセンターのお年寄りたちの心の慰めになればと思い、自主的に始めたそうです。

花3

 A3版ですので4分割にしました。

花4

 クリックすると大画面、もう一度クリックすると最大画面になります。

てがみ
 4/6(土)に行われた日本テレマークスキー協会主催 2013年 第2回 Yakebi Classicはプリンスホテル東館と滑降コースを貸し切って行われました。

 人為的条件は最高の設定でしたが、自然的条件は如何ともしがたく、爆弾低気圧が襲来し、不要不急の外出は控えるように、とNHKが連呼する中、強行されました。

 強行することは主催者やスキー場側が決めたことではなく、選手会が開かれ、1人の反対者もなく全員挙手で決定されました。

 計測やパトロールなどのスキー場の方々も、一驚を喫すると共に敬愛の念を手向けてくれました。

 テレマーカーは、悪天候は気にしません。

 リフトは止まっていても雪さえあればいいんです。

 もの好きと言われようが、変り者と言われようが当然のように歩いて登ります。

 東館から2キロメートルほどのスタート地点までのハイクアップは、インスペクションを兼ねて粛々と行われました。


1 ハイクアップ
1 ハイクアップ

 そして、押し戻されそうな強風、ぐしゃぐしゃのストップスノー、突然視界を奪うガスが襲来する中、試し滑り1本も無しで、いきなりスタートしました。

2 スタート
2 スタート

 いやはや、泣いても笑っても、これっきりの一発勝負。

 かえって、すっきりして気持ちのいいものでした。

 悪条件にもかかわらず競技はスムースに進行し、予定していた時間に無事終了しました。

 歴史に残ること間違いなし、後世の語り草になる大会に参加できたことをうれしく思います。


 gakiさんが上記、2013年 第2回YAKEBIクラシックの詳細をアップしてくれました。
 ありがとうございます。
gakiのテレマークブログ YAKEBIクラシック
スライドショー
 宮本勇さんが2色ランプ(アンバー・赤)にフクロウ文様を彫刻しました。


1シートのカット終了
 フクロウ文様のシートを貼り付け、カット作業終了

2途中
 途中 砂を当て、背景部分の色を抜いたところ

3途中
 途中 ぼかす部分のシートを剥がしたところ

4完成
 完成

5完成ーライトをつけたところ
 完成 ライトを点けたところ