FC2ブログ
はな1

   「花の写真ニュース」は同級生の小野瀬壽(ひさし)君が毎週発行しています。

はな2

勤めているデイサービスセンターのお年寄りたちの心の慰めになればと思い、自主的に始めたそうです。

はな3

 A3版ですので4分割にしました。

はな4

 クリックすると大画面、もう一度クリックすると最大画面になります。

5 那珂市先住民の遺産
5 那珂市先住民の遺産
花1

  「花の写真ニュース」は同級生の小野瀬壽(ひさし)君が毎週発行しています。

花2

勤めているデイサービスセンターのお年寄りたちの心の慰めになればと思い、自主的に始めたそうです。


花3

 A3版ですので4分割にしました。


花4

クリックすると大画面、もう一度クリックすると最大画面になります。


てがみ
 雨飾山の花々に圧倒されました。

 一緒になった村上市から来た方々は、1年分の花を見た ・これじゃ前に進めない ・一生分の花だ、などと言いながら登っていました。

 それほどの圧巻。百花繚乱にして豪華絢爛、まれに見る高山植物の別天地です。

 特にタカネナデシコは、どうだ、まいったか、というような群落が、これでもか、というほど続いていました。


1 シモツケソウ
1 シモツケソウ


2 ニリンソウ
2 ニリンソウ


3 ヒメシャジン
3 ヒメシャジン
         HP 高山植物と山野草、似たもの
 場所柄も含めてヒメシャジンと同定しましたが、いかがでしょうか。


4 タニウツギ
4 タニウツギ


5 ギンリョウソウ
5 ギンリョウソウ


6 ノウゴウイチゴ
6 ノウゴウイチゴ


7 ミヤママタタビ
7 ミヤママタタビ


8 ミヤマアジサイ 
8 ミヤマアジサイ 


9 クルマユリ
9 クルマユリ


10 クガイソウ
10 クガイソウ


11 キンレイカ
11 キンレイカ


12 タカネナデシコ
12 タカネナデシコ


13 ヤマハハコ
13 ヤマハハコ


14 ヨツバヒヨドリ
14 ヨツバヒヨドリ


15 ニッコウキスゲ
15 ニッコウキスゲ


16 ハクサンフウロ
16 ハクサンフウロ


17 オオバギボウシ
17 オオバギボウシ


18 タカネナデシコ オオバギボウシ
18 タカネナデシコ オオバギボウシ
 7月16日に作った赤しそジュースが無くなったので、青じそジュースを作ってみました。

 青しそは我が家の庭に密生しているので、いつでもできると思い、赤しそジュースを先にしたのです。

 原料は青しそ・クエン酸・砂糖と水、作り方は赤しそジュースと同じです。


1 青しそは我が家の庭に密生しています。
1 青しそは我が家の庭に密生しています。


2 10分ほど煮ます。
2 10分ほど煮ます。
 煮出し汁にクエン酸と砂糖を適量入れます。


3 原液
3 原液
 水・炭酸水などで希釈していただきます。

HP
農家のレシピ 青シソジュース(濃縮) 
My Blog
赤しそジュースを作りました
 蛭川道子さんがルリ色の一輪差しにナデシコの花を彫刻しました。

 今回の作品は、背景のルリ色を全部削り取ってナデシコの花を段彫り技法で作りました。

 繊細で可憐なナデシコがうまく表現されています。


正面から
  一輪差し完成 正面から


正面から 反対側
   一輪差し完成 反対側


角度を変えて
   一輪差し完成 角度を変えて


角度を変えて 反対側
   一輪差し完成 角度を変えて反対側
 7月19日、小谷温泉の上部にある雨飾高原キャンプ場登山口から雨飾山(あまかざりやま)に登りました。

 テレマークスキーで鎌池まで行ったことはあるのですが無雪期は始めてです。


1 1500メートル地点で雪渓を横切ります。
1 1500メートル地点で雪渓を横切ります。


2 1700メートル地点で始めて本峰が見えます。
2 1700メートル地点で始めて本峰(中央)が見えます。


3 岩場やハシゴも少しあります。
3 岩場やハシゴも少しあります。
 粘土質の登山道なので滑りにくい靴を履きましょう。


4 ここから稜線です。
4 ここから稜線です。


5 稜線上はお花畑です。
5 稜線上はお花畑です。


6 タカネナデシコの道を進みます。
6 タカネナデシコの道を進みます。


7 8時半出発、12時半頂上到着。
7 8時半出発、12時半頂上到着。


8 もう1つの頂上には石仏が並んでいます。
8 もう1つの頂上には石仏が並んでいます。

HP
雨飾山
 栂池(つがいけ)には何回か行っていますが、いつもスキー大会で、なので雪景色しか見ていません。

 いつの日か夏の花々を愛でてみたい、と思いつつ中々実現できませんでした。

 今回、絵を描きたい、という妻を案内しながら、やっと望みが叶いました。


1 コバイケイソウ
1 コバイケイソウ
 いま、真っ盛り、どこででも見られます。


2 ミズバショウ
2 ミズバショウ
 そろそろ、お終いです。


3 ミズバショウ群落
3 ミズバショウ群落


4 キヌガサソウ (1)
4 キヌガサソウ
4 キヌガサソウ(2)
 ピンクもあります。


5 ワタスゲ
5 ワタスゲ


6 ニッコウキスゲ
6 ニッコウキスゲ


7 シラネアオイ
7 シラネアオイ
 日本固有種の1属1種、1輪だけ残っていました。


8 ヒオウギアヤメ
8 ヒオウギアヤメ


9クルマユリ
9 クルマユリ


10 コイワカガミ
10 コイワカガミ


11オオバミゾホオズキ (1)
11 オオバミゾホオズキ(1)


11オオバミゾホオズキ (2)
11 オオバミゾホオズキ(2)


12 チングルマ
12 チングルマ


13 ゴゼンタチバナ
13 ゴゼンタチバナ


14 カラマツソウ
14 カラマツソウ


15 サンカヨウ (1)
15 サンカヨウ (1)


15 サンカヨウ (2)
15 サンカヨウ (2)


16 ウラジロナナカマド
16 ウラジロナナカマド


17 リュウキンカ
17 リュウキンカ


18 リュウキンカとハクサンチドリ
18 リュウキンカとハクサンチドリ
 7月18日、天候に恵まれ、栂池自然園の風景を堪能しました。

 スキーシーズンには何回か行っているのですが、グリーンシーズンは初めてです。

 所々にある残雪を踏みながら花々を愛で、一周3時間半ほどの軽いハイキングを楽しむことができました。


1 ゴンドラリフト
1 ゴンドラリフト


2 木道
2 木道


3 池塘
3 池塘


4 白馬大雪渓
4 白馬大雪渓


5 最高地点から展望する人々
5 最高地点から展望する人々


6 最高所から見た栂池自然園の全景
6 最高地点から見た栂池自然園の全景


7 白馬岳・小蓮華岳
7 白馬岳・小蓮華岳


8 白馬岳
8 白馬岳


9 杓子岳
9 杓子岳
はな1

  「花の写真ニュース」は同級生の小野瀬壽(ひさし)君が毎週発行しています。

はな2

勤めているデイサービスセンターのお年寄りたちの心の慰めになればと思い、自主的に始めたそうです。

はな3

 A3版ですので4分割にしました。

はな4

クリックすると大画面、もう一度クリックすると最大画面になります。
花1

  「花の写真ニュース」は同級生の小野瀬壽(ひさし)君が毎週発行しています。

花2

勤めているデイサービスセンターのお年寄りたちの心の慰めになればと思い、自主的に始めたそうです。

花3

 A3版ですので4分割にしました。

花4

クリックすると大画面、もう一度クリックすると最大画面になります。

はがき