FC2ブログ
  孫の花ちゃんと美樹ちゃんがお泊りに来ました。

 いつもの年は、お盆の間1日だけなのですが、今年は宿題も終わったので夏休み後半、ゆっくりしたいとのことです。

 朝5時に起きて犬の花ちゃんに会いに行きました。


1 人花・犬花・美樹ちゃん
1 人花・犬花・美樹ちゃん


2 人花・犬花・美樹ちゃん
2 人花・犬花・美樹ちゃん


3 人花・犬花・美樹ちゃん
3 人花・犬花・美樹ちゃん


4 人花・犬花・美樹ちゃん
4 人花・犬花・美樹ちゃん


5 朝のごあいさつ
5 朝のごあいさつ
  標高2000mにある高峰温泉は秘湯中の秘湯です(特に冬は)。

 山の湯ですから、例によって石鹸は使えません。

 行水(ぎょうずい)でするように濡れタオルで体をこするのですが、分からない人もいるらしく、その方法が蛇口横に書いてありました。

 最近の方は行水なんて知りませんよね!


1 アプローチ
1 アプローチ


2 ランプ
2 ランプ


3 休憩室へ
3 休憩室へ


4 休憩室
4 休憩室


5 休憩室
5 休憩室


6 休憩室の果実酒
6 休憩室の果実酒


7 休憩室のオーディオ機器
7 休憩室のオーディオ機器


8 男湯
8 男湯

HP
高峰温泉
 8月15日、雷雲を避けて東篭ノ塔(ひがしかごのと)山を下ってから、まだ余裕があったので、池の平湿原を少しだけ散策しました。

 標高2000mにある自然の湿原で、車道が通じているのは、ここだけかも知れません。

 しかも、生育する高山植物は量的にも質的にも圧倒的なものです。


1 アプローチ
1 アプローチ


2 看板
2 看板


3 入口
3 入口


4 ヤナギラン
4 ヤナギラン


5 ヤナギラン・マルバタケブキ
5 ヤナギラン・マルバタケブキ


6 ヤナギラン・マルバタケブキ
6 ヤナギラン・マルバタケブキ


7 ヤナギラン・ツリガネニンジン・ヤマハハコ・ハクサンフウロ
7 ヤナギラン・ツリガネニンジン・ヤマハハコ・ハクサンフウロ


8 ヤナギラン・タムラソウ・ヤマハハコ
8 ヤナギラン・タムラソウ・ヤマハハコ


9 シシウド
9 シシウド

HP
池の平湿原
はな1

  「花の写真ニュース」は同級生の小野瀬壽(ひさし)君が毎週発行しています。

はな2

勤めているデイサービスセンターのお年寄りたちの心の慰めになればと思い、自主的に始めたそうです。

はな3

 A3版ですので4分割にしました。

はな4

 クリックすると大画面、もう一度クリックすると最大画面になります。
花1

  「花の写真ニュース」は同級生の小野瀬壽(ひさし)君が毎週発行しています。

花2

勤めているデイサービスセンターのお年寄りたちの心の慰めになればと思い、自主的に始めたそうです。

花3

 A3版ですので4分割にしました。

花4

 クリックすると大画面、もう一度クリックすると最大画面になります。

てがみ
 8月15日、東篭ノ塔(ひがしかごのと)山に登りました。

 雷雲がなければ西篭ノ塔山か水ノ塔山へも行きたかったのですが、雷撃が恐ろしくて、その気概を保てません。

 案の定、諏訪地方で大被害、花火大会が中止になり、帰れない人が続出しました。


1 池の平駐車場
1 池の平駐車場


2 登山口(道路の向かい側)
2 登山口(道路の向かい側)


3 東篭ノ塔山頂
3 東篭ノ塔山頂


4 水ノ塔山とヤマハハコ
4 水ノ塔山とヤマハハコ


5 水ノ塔山とマツムシ
5 水ノ塔山とマツムシソウ


6 池の平湿原全景
6 池の平湿原全景


7 左から烏帽子岳・湯の丸山・西篭ノ塔山
7 左から烏帽子岳・湯の丸山・西篭ノ塔山


8 アキノキリンソウ
8 アキノキリンソウ


9 シシウド
9 シシウド


10 ヤナギランとマルバダケブキ
10 ヤナギランとマルバダケブキ
 TさんとMさんが2色一輪差しを作りました。

 Tさんはピンクグリーンの生地で藤の花模様を、Mさんはアンバーグリーンの生地で木いちご模様をそれぞれ選びました。

 今度の生地は今までのものと違うガラス工房で作られたものです。

 若干硬いので、できあがりに時間がかかりました。

Tさんの藤の花一輪差し完成
 Tさんの藤の花一輪差し 完成


 藤の花一輪差し反対側から
 藤の花一輪差し 反対側から


Mさんの木いちご一輪差し完成
 Mさんの木いちご一輪差し 完成


木いちご一輪差し反対側から
 木いちご一輪差し 反対側から
 連日の猛暑で、うんざりしていませんか?

 今日は菅平高原の涼やかな映像を掲載しましょう。

 唐沢の滝は菅平高原の入口にあり、夏は家族連れの憩いの場となります。

 安全に遊べる滝つぼは、めったにありません。

 ので、土日やお盆休みはレジャーシートを敷く場所もないほど込み合います。


1 菅平高原唐沢の滝
1 菅平高原 唐沢の滝


2 流れで遊ぶ人
2 流れで遊ぶ人


3 流れで遊ぶ人
3 流れで遊ぶ人


4 流れで遊ぶ人
4 流れで遊ぶ人



My HP
6《 菅平 すがだいら 》(縄文人の匂い、ぷんぷん!) 
 嬬恋高原つつじの湯は、外観はさほど良くないですが、泉質が抜群の上、設備と管理が行き届いています。

 フロントが下足のキーを預かり、ロッカーのキーを手渡してくれるところなど中々ありません。

 そしてなんと、入浴料600円なのに、露天風呂やサウナはもちろん、冷泉浴や岩石浴までできます。

 冷泉はプールの水温と同じくらい、気持ちいいことこの上なし、病み付きになりそう!


1 嬬恋高原つつじの湯
1 嬬恋高原つつじの湯


2 玄関
2 玄関


3 下足入れ
3 下足入れ


4 入浴券自動販売機
4 入浴券自動販売機


5 男湯
5 男湯


6 湯船入口
6 湯船入口


7 せせらぎの湯
7 せせらぎの湯
 温かい砕石の上に専用の浴衣を着て寝ころぶのですが、1人分の区画に区切ってあり、静かなので落ち着きます。


8 寝ころび座敷
8 寝ころび座敷
 休憩用の広間は2つあるのですが、ほかに寝ころび専用のお座敷があります。

HP
嬬恋高原つつじの湯
 湯の丸山・烏帽子岳はレンゲツツジとイワインチンが有名ですが、レンゲツツジは時期ではありません。

 その代り、真夏の花々がたっぷりとありました。

 それらを、ゆっくりと愛でる旅、楽しいものです。


1 ヤマハハコ
1 ヤマハハコ


2 ツリガネニンジン
2 ツリガネニンジン
 葉の付き方が輪生、ソバナの葉は互生。花も同様の傾向があるようです。


3 マツムシソウ
3 マツムシソウ


4 オオバギボウシ
4 オオバギボウシ


5 クルマユリ
5 コオニユリ


6 ヤナギランと篭の塔山
6 ヤナギランと篭の塔山


7 タカネナデシコ
7 カワラナデシコ


8 クガイソウ
8 クガイソウ


9 ヤマホタルブクロ
9 ヤマホタルブクロ


10 ヤマハギ
10 ヤマハギ


11 タムラソウ
11 タムラソウ