FC2ブログ
              第77回 新制作展

     国立新美術館   2013年9月18日(水)~ 9月30日(月)



 若き切り絵作家 角野泰範(すみのやすのり)君の所属する新制作協会主催、第77回 新制作展をみてきました。

 角野君は1つ1つに意味のある細かく切り抜いた素材を組み合わせ、全体を形作っていく手法をつかいます。しかも、まったく同じ素材はありません。

 一見、軽やかに見えますが、よく見ると心の奥底、そう、情念のようなものが感じられてきます。

 切り絵とか張り絵はサブカルチャー的に扱われますが、それは深い表現ができにくいからでしょう。

 私は今回の作品を見て、角野君はメインカルチャーとして充分に耐える技と心を持つに至った、と確信しました。

 宮崎駿がサブカルチャーだったアニメーションを世界に誇れるメインカルチャーにしたように、角野泰範君も世界に羽ばたくようになるでしょう。

 彼の作品に触発され、「魔界、そして非情な世界」を書いたことも懐かしい思い出です。


1 会場
会場


2 3階15室
3階15室


3 角野泰範作 切り絵「テンゴクノわんた」
角野泰範作 切り絵 「テンゴクノわんた」


4 角野泰範作 切り絵「テンゴクノわんた」
角野泰範作 切り絵 「テンゴクノわんた」


5 彫刻作品室
彫刻作品室

My HP 
魔界、そして非情な世界
HP
新制作協会 第77回展
 ハヤシライスは洋書店 日本橋 丸善の創業者 早矢仕有的が考え出した、との説があります。

 私はこのことを何十年も前から知っていました。

 若い頃、丸善から30mほど離れた喫茶店でエレクトーンを弾いていたからです。

 演奏は午後の正時(しょうじ)から30分間4回ですので後の30分や帰り道、あちこちを散歩探索することができました。

 丸善 ・高島屋 ・東京駅地下街 ・少し足を延ばして日本橋三越や当時まだあった日本橋東急(旧白木屋)など、立寄った場所は数えきれません。

 何せ数年間、毎日通ったのですから。

 その間、何回か丸善のハヤシライスを食しました。

 したがって、生活の一部だったわけで、有名だから、とか、やみつきになって、といったことではないのですが。


 さて、それから幾星霜、最近、また日本橋 丸善に出かけるようになりました。

 丸善は浮世絵の復刻版や有名画家の版画などを企画販売することでも知られています。

 有名画家の肉筆画や本物の浮世絵には手が出ませんが、もしかして、版画や復刻版ならば、という淡い期待を込めて行ってみるのです。

 が・・・、 結果は、ご想像の通り・・・。

 ∴(ゆえに)今回もまた、妻とハヤシライスを食べて帰ることになりました。


1 丸善は高島屋の向かいにあります。
丸善は高島屋の向かいにあります。


2 日本最古の洋書店です。
日本最古の洋書店です。


3 油絵や版画も扱い、3階奥にはカフェがあります。
油絵や版画も扱い、3階奥にはカフェがあります。


4 ハヤシライスとグリーンカレーを注文しました。
ハヤシライスとグリーンカレーを注文しました。


5 丸善の横から東京駅に出る100mほどの道を「日本橋さくら通り」といいます。
 丸善の横から東京駅に出る100mほどの道を「日本橋さくら通り」といいます。


6 丸善から30mほどの喫茶店「クラウン」はコンビニの「サンクス」になっていました。
 「日本橋さくら通り」に、丸善から30mほど離れてあった喫茶店「クラウン」はコンビニの「サンクス」になっていました。
 この通りから丸見えのガラス張りスタジオでエレクトーンを弾いていました。


7 丸善カフェの窓から眺めると三菱東京UFJ銀行の看板の下に「サンクス」の看板が見えます。                     
 丸善カフェの窓から眺めると三菱東京UFJ銀行の看板の下に「サンクス」の看板が見えます。

HP
丸善
HP
語源由来辞典
1 燃え尽きた八百屋お七か曼珠沙華
          燃え尽きた八百屋お七か曼珠沙華


2 曼珠沙華八百屋お七の血のやうに
          曼珠沙華八百屋お七の血のやうに


3 きてくれないあいもくれない曼珠沙華
          きてくれないあいもくれない曼珠沙華


4 曼珠沙華あきらめきれず明々と
           曼珠沙華あきらめきれず明々と


5 曼珠沙華山口百恵菩薩様
            曼珠沙華山口百恵菩薩様

My Blog
よみがえり続ける「八百屋お七」 
 今話題の商業施設「mAAch(マーチ) ecute(エキュート) 神田万世橋」へ行ってみました。

 東京駅ができる前に起点駅として開業した赤れんが造りの旧万世橋駅の遺構を再開発したものです。

 9月14日にオープンしました。

 秋葉原駅で下車、電器街に出て左へ、万世橋を渡って右にあります。


1 万世橋を渡る
万世橋を渡る


2 万世橋の上から
万世橋の上から


3 入口
入口


4 通路
通路


5 古い構造物
古い構造物


6 デッキから万世橋 秋葉原方面
デッキから万世橋 秋葉原方面


7 神田川の遊覧船
神田川の遊覧船


観光船 万世橋を行く

HP
マーチエキュート神田万世橋
はな1

  「花の写真ニュース」は同級生の小野瀬壽(ひさし)君が毎週発行しています。

はな2

勤めているデイサービスセンターのお年寄りたちの心の慰めになればと思い、自主的に始めたそうです。

はな3

 A3版ですので4分割にしました。

はな4

 クリックすると大画面、もう一度クリックすると最大画面になります。


通知
花1

  「花の写真ニュース」は同級生の小野瀬壽(ひさし)君が毎週発行しています。


花2

勤めているデイサービスセンターのお年寄りたちの心の慰めになればと思い、自主的に始めたそうです。

花3

 A3版ですので4分割にしました。

花4

 クリックすると大画面、もう一度クリックすると最大画面になります。

てがみ
てがみ


俳句
俳句
           第60回 日本伝統工芸展

日本橋三越本店 本館・新館7階ギャラリー9月18日[水]~30日[月]



 第60回 日本伝統工芸展をみてきました。

 私どもはガラス工芸のサンドブラストをやっておりますので、まず気になるのは諸工芸部門です。

 いつもですと2,3点のサンドブラスト作品があるのですが、今回は全く見当たりません。

 サンドブラストは截金(きりかね)や硯(すずり)などと並んで最も少数部門です。

 それにしても、今までゼロだったことはなかったように思うのですが・・・。

 関連する部門のグラヴィールでは松浦松夫 作 花器「海の舞」が、ただ一点、気を吐いていました。

 サンドブラスト作家の皆さん、発奮しましょう。


 さて、順路の最初には往年の名審査員の作品が特別陳列として飾ってあります。

 第60回を記念してのことでしょう。

 中でも目を引いたのは、市村家当主 富弘さんの従兄 人間国宝 三浦小平二 作の青瓷大鉢です。

 青瓷の作品は他にも多数展示されていますが、もちろん、小平二 作にかなうものはありません。

 一目瞭然ですので、ぜひ行ってみてください。


1 入場口
入場口


2 パンフレット表紙
パンフレット表紙


3 パンフレット裏
パンフレット裏


4 白磁鉢 中村清吾
白磁鉢 中村清吾


5 中野月白瓷深鉢 福島善三
中野月白瓷深鉢 福島善三


6 練継鉢 星野友幸
練継鉢 星野友幸

HP
第60回 日本伝統工芸展 日本橋三越本店
My Blog
第58回日本伝統工芸展
 十五夜の満月を堪能しました、というタイトルは間違いではありません。

 十五夜は満月に近い日ではありますが、必ずしも一致しないのだそうです。

 むしろ異なる場合の方が多く、その差は最大で2日、次回、一致する満月を見るには東京オリンピックの翌年にあたる8年後、2021年まで待つしかありません。

 ところが、それもお天気次第・・・。

 しかしながら、たとえ見えなくとも昔人(せきじん)は、曇天では無月(むげつ)、雨天では雨月(うげつ)といい、ほの明るい風情を味わったそうです。

 また、前日を待宵(まつよい)、後日を十六夜(いざよい)と称して、仲秋の名月の前後を愛でたことをご存じの方も多いことでしょう。

 明治以前まで盛んだった月待(つきまち)信仰では最大26夜まで宴席を開いたそうです。

 今と違って、夜遊びの種が無かったのでしょうね。


1 十五夜やぴったり一致満月と
            十五夜やぴったり一致満月と


2 名月や犬もお行儀良くなりて
            名月や犬もお行儀良くなりて


3 名月や魚影を示す釣り人に
            名月や魚影を示す釣り人に


4 名月や生きてみようかもう少し
            名月や生きてみようかもう少し


5 名月や宵待ち草は今何処
             名月や宵待ち草は今何処


6 名月やススキもヨシもブタクサも
            名月やススキもヨシもブタクサも


7 月二つ夢と現をさ迷いて
            月二つ夢と現をさ迷いて


            漂える月を壊すな水鳥よ

HP
十五夜、必ずしも満月にあらず