FC2ブログ
 2014年こそ、戦前の始まりの年として歴史に記されるであろう。
 戦争準備三点セットが出そろったのだから。
 戦争準備三点セットとは特定秘密保護法(治安維持法)・国家安全保障会議(大本営)・集団的自衛権行使容認(三国同盟)の3つである。
 カッコ内はアジア太平洋戦争前の体制であるが、この3つがあれば合法的に基本的人権を制限し、最高権力者の発意として戦争を始めることができる。

 アベノミクス解散という建前で行われた実質憲法変更可能議席獲得解散は成功した。
 アメリカ首脳部は先輩が薦めた憲法の鏡ともいうべきものの変更は自らを貶(おとし)めることになるし、日本が勝手に戦争をすると自分も危ないゆえ、日本国憲法変更には反対であるから困っているであろう。

 アベノミクスとは大資本がまず儲けて庶民にはその「おこぼれをほどこす」ということだ。
 過去の例では「おこぼれ」はバブル経済でしか発生していない。
 通常経済での儲けは株主配当・福利厚生・含み資産などとなり「おこぼれ」は出ない。
 実質生産を伴わない金が金を産むバブル経済になってはじめて、その名のとおり、あぶくのような「おこぼれ」をつくる。
 実質を伴わない株式売買や先物取引が限りなく成り立つことはなく、バブルは必ず破裂する。
 そして、売り抜けた一部の人だけが豊かになり、多くの庶民はそのしわ寄せで貧困に喘ぐことになる。
 このような不幸のくりかえしを国策にしてよいのだろうか。
 
 しかしながら、これらのことは今回の国政選挙で国民の大多数に認められたという。
 自民党の得票率は全有権者の2割程度なのだが。

 したがって、日本国民がこれから目指すことは「戦争を起こして手っ取り早くバブル経済に持ち込み、誰もが大儲けをする」ということになってしまった。
 戦争は文字通りバブル経済の起爆剤である。

 これでよいのか、本当にこれでよいのか。


1 禍時(まがとき)
禍時(まがとき)
はな1

  「花の写真ニュース」は同級生の小野瀬壽(ひさし)くんが毎週発行しています。

はな2

 勤めているデイサービスセンターのお年寄りたちの心の慰めになればと思い、自主的に始めたそうです。

はな3

 A3版ですので4分割にしました。

はな4

 クリックすると大画面、もう一度クリックすると最大画面になります。
花1

  「花の写真ニュース」は同級生の小野瀬壽(ひさし)くんが毎週発行しています。

花2

勤めているデイサービスセンターのお年寄りたちの心の慰めになればと思い、自主的に始めたそうです。

花3

 A3版ですので4分割にしました。

花4

 クリックすると大画面、もう一度クリックすると最大画面になります。

てがみ
               一升桝の度量

       池波正太郎             幻戯書房



 自作小説の成り立ちや思いに関してのエッセーです。

 巻頭の「一升ますには一升しか入らぬ」が全体の考えを統一しています。


 一升ますには一升しか入らぬ

 明治以来、日本人の「収支」における感覚は鈍くなる一方だ。
  「収支」というからには、収入と支出についてのことだが、これは何も商売や家計の経済的な感覚のみをさすのではない。
 ないがしかし、根本は一つである。
 たとえば・・・。
 この「日本」という小さな島国を一升マスにたとえてみようか。
 それは実に、一升しか入らぬ小さな国土なのである。
 戦後、その小さなマスへ、一斗も二斗もある宏大な国に生まれた機械文明を取り入れてしまい、国土も国民の生活も、これに捲き込まれて、どうしようもなくなってしまったのだ。
 経済成長を目ざした日本は、一升のマスへ二斗も三斗も入るという過信を抱き、むりやりに、それを押し込んでしまった。(後略)


 主な作品の舞台である江戸時代が、一升ますに一升入ったバランスの良い状態なのだ、と暗に示しているのでしょう。

 人の幸せ ・民衆の真の豊かさ ・地についた文化とは、などについて深い考察が示されています。

 明治維新なしで江戸時代を受け継いでいたら、日本はブータンを発展させたような国になっていたかもしれませんね。


1 一升桝の度量
一升桝の度量
 冬休みジュニアスキースクールが菅平ホテルマッキンレーで行われています。

 12/26から3日間コースと5日間コースが始まりました。

 お正月コースもありますよ。


1 マッキンレー ジュニアスキースクール
マッキンレー ジュニアスキースクール

2 雪はたくさんあります
雪はたくさんあります

3 菅平は晴天率が高い
菅平は晴天率が高い

4 準備体操が終わりました
準備体操が終わりました
 宮本勇さんが展開オールドグラスに彫刻しました。

 雲間にヨットが浮かぶ風景を赤 ・ルリのぺアで作りました。


シートのカットが終わったところ1
 シートのカットが終わったところ1 表側

シートのカットが終わったところ2
シートのカットが終わったところ2  上から見たところ

ブラスト途中1
 ブラスト途中1 表側

 完成1
 完成1 表側

完成2
 完成2 反対側

完成3
 完成3 上から見たところ
 カワセミ君は元気です。

 あちこち、飛び回って小魚を漁っています。


1 カワセミ君
カワセミ君

2 カワセミ君
カワセミ君

3 カワセミ君
カワセミ君

4 カワセミ君
カワセミ君
 今回の国政選挙で自民党候補に投票したのは選挙区で約24%、比例代表ではわずか約17%。
 全有権者の2割程度である。

 それなのに、国政のすべてと、この国の未来が決定できるという。
 このことは小選挙区制が導入されたとき、すでに予想できた。
 民主主義は黙っていても良い方向に進むと思うのは間違いである。

 「最大多数の最大幸福」から始まった民主主義は、すぐ少数派の問題に突き当たった。
 少数民族問題などを考えることは先進国の先進国たる条件であったが、わが国政府がアイヌ民族を認めたのは、わずか6年前である。

 そして、今回の選挙で沖縄は明確に自民党を見捨てた。
 自民党が沖縄を見捨てたので沖縄も自民党を見捨てたのである。
 自民党は沖縄県民の心にどう対処するのか。
 沖縄は国政のカナリアである。
 先頭に立って自民党政治の危険性を教えてくれる。

 我われ一人ひとりが、いつアイヌ民族や沖縄県民の立場に立たされるのか分からない。
 秘密保護法などで・・・。

 もう一度いう。
 民主主義の根幹が危うい。


1 朝日新聞記事
朝日新聞記事
 パーティーサークル「フレンド」のダンスパーティーが日野市新町交流センターで行われました。

 ダンス音楽演奏は久しぶりです。

 以前は年末になると、ダンスパーティーの仕事がけっこう入ったのですが、今では珍しくなってしまいました。

 ソシアルダンス自体は盛んなのですが、音源持ちよりでやってしまうようです。

 フラは盛んでもハワイアンバンドは使われないことと似ていますね。


1 日野市新町交流センターホール
日野市新町交流センターホール

2 日野市新町交流センターホール
日野市新町交流センターホール

3 日野市新町交流センターホール
日野市新町交流センターホール

4 日野市新町交流センターホール
日野市新町交流センターホール

5 日野市新町交流センターホール
日野市新町交流センターホール

6 日野市新町交流センターホール
日野市新町交流センターホール
はな1 

  「花の写真ニュース」は同級生の小野瀬壽(ひさし)君が毎週発行しています。

はな2 

勤めていたデイサービスセンターのお年寄りたちの心の慰めになればと思い、自主的に始めたそうです。

はな3 

 A3版ですので4分割にしました。

はな4 

 クリックすると大画面、もう一度クリックすると最大画面になります。


 小野瀬壽君がNHK短歌に三度(みたび)佳作入選しました。
 NHK短歌テキスト1月号69ページに掲載されています。
 
 まどろみて憲法読めば小夜更けて 冷えた紅茶を一人飲み干す 小野瀬壽

 選者は小島ゆかりさん、題は「コーヒーまたは紅茶」、9月25日締め切りでした。
 「この歌は憲法を守りたいという私の気持ちを私なりに表現したつもりですが、それが佳作に選ばれてとても嬉しかった」とのことです。