FC2ブログ
花1

  「花の写真ニュース」は同級生の小野瀬壽(ひさし)君が毎週発行しています。

花2

勤めていたデイサービスセンターのお年寄りたちの心の慰めになればと思い、自主的に始めたそうです。

花3

 A3版ですので4分割にしました。

花4

クリックすると大画面、もう一度クリックすると最大画面になります。

てがみ
 峯ヶ岡八幡神社で「茅の輪くぐり」をしてきました。

 峯ヶ岡八幡神社は川口駅から専用のバス路線がある有名な神社です。

 「茅の輪くぐり」は夏に向かって無病息災を願う行事ゆえ、6月いっぱいでおしまいです。

 難しいしきたりがあるようですが、とりあえず8の字に3回まわってきました。

 はたして、ご利益があるでしょうか。


1 茅の輪のくぐり方
1 茅の輪のくぐり方

2 参道
2 参道

3 鳥居
3 鳥居

4 茅の輪
4 茅の輪

5 茅の輪
5 茅の輪
   
 咲いています。

 わが家の庭にも花々が・・・。

 この楚々たる花、何という慎ましさ、ゆかしさ、そして、しなやかさ。

 その名はネジバナ、別名モジズリ、野生のランです。


1 ネジバナ
1 ネジバナ

2 ネジバナ
2 ネジバナ

3 ネジバナ
3 ネジバナ

4 ネジバナなど
4 ネジバナなど

5 バラ
5 バラ

6 春ウコン
6 春ウコン
   
       花写華写と・・・

 半夏生(はんげしょう)と向日葵はとしのう(足立区都市農業公園)に、ヒルガオ・アレチハナガサは荒川に咲いています。


1 半夏生
1 半夏生

2 半夏生 
2 半夏生 

3 向日葵
3 向日葵

4 向日葵
4 向日葵

5 ヒルガオ5 ヒルガオ
   

 「一本うどん」って、ご存じ?

 「鬼平犯科帳」に出てくる食べ物です。

 作者の池波正太郎は料理通として知られ、その作品には江戸時代にあった数々の料理が狂言回しとして登場します。

 長谷川平蔵は実在の人物ですが「鬼平犯科帳」が執筆されるまでは殆ど無名でした。

 同じく、「一本うどん」もどこかにあるにはあったかもしれませんが、池波正太郎によって再び世に出された、といってもよいでしょう。

 その珍しい「一本うどん」を何と、東北道登り車線「羽生SA」で食することができました。

 「羽生SA」は「鬼平犯科帳」のテーマパークになっています。

 6/23、朝日新聞にも「鬼平犯科帳」が取り上げられていました。


1 鬼平江戸処 パンフレットより
1 鬼平江戸処 パンフレットより

2 鬼平江戸処
2 鬼平江戸処

3 鬼平江戸処
3 鬼平江戸処

4 天水桶
4 天水桶

5 売店
5 売店
  
はな1

  「花の写真ニュース」は同級生の小野瀬壽(ひさし)君が毎週発行しています。

はな2

勤めていたデイサービスセンターのお年寄りたちの心の慰めになればと思い、自主的に始めたそうです。

はな3

 A3版ですので4分割にしました。

はな4

 クリックすると大画面、もう一度クリックすると最大画面になります。
花1

  「花の写真ニュース」は同級生の小野瀬壽(ひさし)君が毎週発行しています。

花2

勤めていたデイサービスセンターのお年寄りたちの心の慰めになればと思い、自主的に始めたそうです。

花3

 A3版ですので4分割にしました。

花4

 クリックすると大画面、もう一度クリックすると最大画面になります。

てがみ
          つやつや、ごはん

 赤瀬川源平 他             河出書房新社



1 つやつや、ごはん
1 つやつや、ごはん

 
 現代有名作家が「ごはん」について書いたエッセイ集です。

 タイトルをみるとほぼ内容が分かります。

 どうしてもストレートな表現になってしまうからでしょう。

   「新米は手づかみで」 出久根達郎
   「丼一杯おかず無し!!」 東海林さだお
   「男ひとりのヤカンメシ」 岡本喜八
   「醤油飯」 立松和平 など等。

 ユニークなものでは山下清画伯が「藤代から土浦まで」おにぎりをもらいながら行脚(あんぎゃ)する話があります。

 窪島誠一郎の「麦メシ」は涙を押さえようとしつつ笑ってしまい、かといって笑うには哀しすぎる。さすがは水上勉の息子、感嘆しました。

 私(市村)にとっても「ごはん」は、人生を変えた、といってもよいほどの一大事でした。

 「つやつや、ごはん」は多くの方たちにとって、人生をふり返り、懐かしむ良いきっかけになることでしょう。
 よみうりカルチャー川口講座の受講生 新井さんの作品ができあがりました。

 透明ゴブレットにサクラの花びらを散らし、グラス全体に砂を吹き付けて曇りガラス状にしました。

 しっかり砂を当てるとサクラの花びらが浮き上がり、より一層きれいに見えます。

 もう一人、今回はAさんが体験講座を受講されました。

 ひとくちビールグラスにぶどう文様を彫刻。

 以前に経験したことがあるとのこと。

 手際のよいできあがりです。


 新井さんゴブレット完成
 新井さんゴブレット完成

サクラ文様ゴブレット
 新井さんのサクラ文様ゴブレット

 ぶどう文様ひとくちビール完成
 体験講座 Aさんのぶどう文様ひとくちビール完成

反対側
 Aさんのグラス 反対側

上から見たところ
 Aさんのグラス 上から見たところ