FC2ブログ
はな1

  「花の写真ニュース」は同級生の小野瀬壽(ひさし)君が毎週発行しています。

はな2

勤めていたデイサービスセンターのお年寄りたちの心の慰めになればと思い、自主的に始めたそうです。

はな3

 A3版ですので4分割にしました。

はな4

 クリックすると大画面、もう一度クリックすると最大画面になります。
花1

  「花の写真ニュース」は同級生の小野瀬壽(ひさし)君が毎週発行しています。

花2

勤めていたデイサービスセンターのお年寄りたちの心の慰めになればと思い、自主的に始めたそうです。

花3

 A3版ですので4分割にしました。

花4

クリックすると大画面、もう一度クリックすると最大画面になります。

てがみ
 よみうりカルチャー川口の受講生 尾崎和枝さんの2色冷茶が完成しました。

 ブルー地に内側に紫が被せてある冷茶グラスです。

 数年前にほかでやっていたときの未完成品が多くあり、完成させたいとのことで入会しました。

 大花瓶やランプ、そして細かい段彫り作業など、みな同時進行なので中々たいへんです。

 それらの中でこの作品がやっとできあがりました。

 ご本人も大喜びです。


 途中
 途中  ある程度まで進んでいますが、途中です。

完成1
完成1

完成2
完成2 反対側

完成3
完成3 角度を変えて見たところ

 完成4
完成4 真上から見たところ
 9/26、信州根子岳の植物観察をしました。

 夏の終わりのマツムシソウ、秋の始まりのリンドウなどが見られ、紅葉もぼちぼち始まっています。

 静かな散策を楽しみました。


1 マツムシソウ
マツムシソウ

2 ツリガネニンジン
ツリガネニンジン

3 ミネウスユキソウ
ミネウスユキソウ

4 ヤマハハコ
ヤマハハコ

5 ヤマハハコ
ヤマハハコ
   
 都内に用事があるとき、天気が良ければJR赤羽駅か地下鉄赤羽岩淵駅まで歩きます。

 いずれの場合も必ず23区唯一の酒蔵小山酒造の前を通ることになります。

 以前は門前の井戸水を飲ませていただくことが何よりの楽しみでした。

 「酒を仕込むために地下130mから秩父山系伏流水を汲み上げている」とのことで、その美味しさは格別でした。

 その井戸水道もマンション建設時に撤去され、記念碑だけが残っています。


 時間があれば店舗に寄り、帰りに買うものを選びます。

 23区唯一の酒蔵である小山酒造の「丸眞正宗」を手土産などにすると、すこぶる喜ばれるので。


1 記念碑
記念碑

2 井戸跡
井戸跡

3 小山酒造株式会社
小山酒造株式会社
 マンションの中にあります

4 小山酒造醸造所
小山酒造醸造所
 マンションの裏

5 店舗
店舗
 火曜・水曜は休み

6 朝日新聞夕刊 9.14
朝日新聞夕刊 9.14
 庭に繁茂する青じそ・赤じそ、夏の間は天ぷら・そうめんの薬味・刺身のつまなどに使い重宝しました。

 この季節になると穂紫蘇をとるための数株を残して引き抜いてしまうのですが、良いところを選んで、しそ茶を作ってみました。

 天日で2,3日乾燥させ、手で揉みます。

 ふるいの目に押し込んでさらに細かくします。

 空きビンに入れればできあがり。

 口当たりが気になる方は茶こしをつかってください。

 最初から全体をミルで処理してもよいでしょう。

 朝一番に飲むと心身ともにスッキリ、やる気・元気のもとになるので今では欠かすことができません。


1 青じそ・赤じそ
青じそ・赤じそ

2 2,3日乾燥させる
2,3日乾燥させる

3 手もみ
手もみ

4 手もみ
手もみ

5 手で押してふるいの目を通す
手で押してふるいの目を通す

6 できあがり
できあがり
 くわしくは分かりませんが、毎年今ごろ、としのう(足立区都市農業公園)では、かかしのコンテストが行われているようです。

 その年の流行モードもあるようで、今年はまたモダンというかアバンギャルドというか奇天烈な美男美女ばかり・・・。

 稲刈りが待ち遠しいですね。


1 としのう(足立区都市農業公園)
としのう(足立区都市農業公園)

2 かかし
かかし

3 かかし
かかし

4 かかし
かかし

5 かかし
かかし

6 かかし
かかし

7 かかし
かかし
 第62回 日本伝統工芸展2015に行ってきました。

 染色作家がずいぶん増えたように思います。

 ガラス工芸はカットグラス作家が気を吐いていました。

 2,3人いたサンドブラスト作家は1人もいません。
 
 グラヴィール作家松浦松夫氏の花器「若鮎の遡上」(作品番号599)に目を見張りました。

 グラヴィールとはサンドブラストより一時代前のガラス彫刻法です。

 石岡市在住の陶芸家浦口雅行氏の「青瓷裂変輪刻彫鉢」(作品番号38)は一見簡単そうに見えて、その形その色ともに誰にも真似のできないものでありましょう。

 浦口雅行氏は市村本家当主の従兄弟である人間国宝三浦小平二氏の技術的直系の方です。


1 日本伝統工芸展 2015
日本伝統工芸展 2015

2 日本伝統工芸展 2015
日本伝統工芸展 2015

3 第62回 日本伝統工芸展
第62回 日本伝統工芸展

4 第62回 日本伝統工芸展
第62回 日本伝統工芸展
はな1

  「花の写真ニュース」は同級生の小野瀬壽(ひさし)君が毎週発行しています。

はな2

勤めていたデイサービスセンターのお年寄りたちの心の慰めになればと思い、自主的に始めたそうです。

はな3

 A3版ですので4分割にしました。

はな4

クリックすると大画面、もう一度クリックすると最大画面になります。
花1

  「花の写真ニュース」は同級生の小野瀬壽(ひさし)君が毎週発行しています。

花2

勤めていたデイサービスセンターのお年寄りたちの心の慰めになればと思い、自主的に始めたそうです。

花3

 A3版ですので4分割にしました。

花4

 クリックすると大画面、もう一度クリックすると最大画面になります。

てがみ