FC2ブログ
 10/25、小野瀬壽君が「花の写真ニュース」の取材先としてよく訪れている「ひたち海浜公園」を散策しました。

 コキアの赤、常陸秋そばの白、その間をコスモスのピンクでバランスをとる、という絶妙な配色。コーディネーターのセンス、なかなかのもの。

 常陸秋そばは長野や東北のそば屋さんさえ使い、もちろん、東京のそば屋さんにもすこぶる人気のあるブランド品です。

 それらの向うには太平洋が限りなく広がり、大きな船が行き来していました。

 友人のウータンがプロデュースをした‘98オーシャンブルージャズフェスティバルは噴水のある野外ステージで行われたようです。


1 ひたち海浜公園
ひたち海浜公園

2 野外ステージ
野外ステージ

3 コキア
コキア

4 常陸秋そば
常陸秋そば

5 コスモス
コスモス

6 旧土肥家住宅
旧土肥家住宅

7 みはらしの丘
みはらしの丘
 標高58m ひたちなか市最高地点
 10/8、天国の散歩道ともいうべき五色沼自然探勝路を訪ねました。

 「天国の散歩道」とは私が妻に言った言葉です。
 今まで幾多の山道や川沿いの道を探勝しましたが、これほど歩きやすく、目・耳・舌が満足し、心に響いたことはありません。
 舌の満足とはアケビをとって食べたこと。アケビがあまりにも絡みつき、樹木がかわいそうなのでとって食べたのです。
 つる性の植物は樹木を痛めるので森林保護のためには取り払った方がよいのですが、まったく自然に任せていました。

 片道1時間、往復2時間、飽きない程度の緩やかな高低差があり、次から次へと神秘的な色をした湖が出てくるという自然の妙。
 人為的に設計したとしても、中々このようにはいかないでしょう。

 説明版や丸太の腰掛も過不足なく配置され、ビジターセンターなどの建物は入口と出口にしか置かないという心配りもなされていました。


1 五色沼自然探勝路入口
五色沼自然探勝路入口
 ビジターセンターで案内書(50円)購入

2 毘沙門沼
毘沙門沼
 観光遊歩道添いにアケビが生り下がっている

3 赤沼
赤沼

5 竜沼
竜沼
 
 10/7、河童の里として有名な遠野を訪ねました。

カッパ伝説は牛久沼・飯坂温泉・上高地などにあり、それぞれが有名ですが、元祖はなんといっても遠野でありましょう。

 近年、カッパのことばかりが有名になってしまいましたが、もともと、遠野の昔ばなしのひとつとして語り継がれてきたものです。

 他にも、「おしらさま」や「ざしきわらし」などの話が伝えられており、特に「ざしきわらし」は「今でもいるんです」と語り部さんがまじめに言っていました。

 そのような昔語りの実演を「遠野物語の館」敷地内「遠野座」で味わうことができます。

 私どもは最終ステージも終わりかけたあたりに入館したのですが、サービスにつぐサービスで通常の2倍以上も延長をしていただきました。

 あわせて「554話あった語りのうち、いわゆる「遠野物語」などに150話ほどが収録され、いま語られているのは50話ほど」との説明がありました。

 話の終わりに必ず「どんどはれ」(これでおしまい、めでたしめでたし)がつくことも。

 「どんどはれ」は NHK BS朝ドラ7:15のタイトルでもあります。


1 遠野の街並み
遠野の街並み

2 遠野物語の館
遠野物語の館

3 遠野座
遠野座

4 伝承館
伝承館

5 伝承館内のおしらさま
伝承館内のおしらさま

6 カッパ渕は寺の敷地内
カッパ渕は常堅寺の敷地内にある

7 かっぱ淵
かっぱ淵

8 カッパ釣り
カッパ釣り
        生は偶然 死は必然

          古希を迎えたダルマ会

            生は偶然
            死は必然
            親を選べず
           子も選べない
           竹馬の友と師も
           親子関係に類する
          偶然に 全く偶然に
          なんとよき友と良き師に
          巡り会うことができたのか
         55年前 巴中学校の友と師
         採り 田植え 稲刈り 蜆採り
        テニス ピンポン バレー バスケット
       野球はもちろん 陸上競技や全校マラソンも
      運動会は地域を挙げてのお祭りだった 学芸会も
     あの顔も この顔も みんな生き生き はつらつだった
   55年を経て 今日は古希を迎えたダルマ会 古来稀なりの 
  古来稀なりは孔子の時代のこと 世界一の長寿国の今は当然か 
とはいうももの 避けられない必然が忍び寄る 100パーセント確実
どんな金持ちでも どんな天才でも どんな美人でも どんな有名人でも
        いいなぁー 待ち遠しいなぁー
         どんなものだろうなぁー
          早く来ないかなぁー
           死ぬ気で頑張って
            いさぎよく
             いきたい
              なぁー
               ・・
               ・ 


1 大洗ホテル10.25
大洗ホテル10.25

2 ロビーにて
ロビーにて

3 記念写真
記念写真
はな1

  「花の写真ニュース」は同級生の小野瀬壽(ひさし)君が毎週発行しています。

はな2

勤めていたデイサービスセンターのお年寄りたちの心の慰めになればと思い、自主的に始めたそうです。

はな3

 A3版ですので4分割にしました。

はな4

クリックすると大画面、もう一度クリックすると最大画面になります。
花1

  「花の写真ニュース」は同級生の小野瀬壽(ひさし)君が毎週発行しています。

花2

勤めていたデイサービスセンターのお年寄りたちの心の慰めになればと思い、自主的に始めたそうです。

花3

 A3版ですので4分割にしました。

花4

クリックすると大画面、もう一度クリックすると最大画面になります。

てがみ
 よみうりカルチャー川口の安藤幸恵さんがクリスタルワイングラスセットを完成させました。

 ルリとピンク(金赤)のグラスに桜の花をメインにしたデザインです。

 安藤さんらしいクールな作品に仕上がりました。


シートのカットが終わったところ1
 シートのカットが終わったところ1

シートのカットが終わったところ2
 シートのカットが終わったところ2 反対側

 完成1
 完成1 正面から

完成2
 完成2 反対側

 完成3
 完成3 角度を変えてみたところ
 10/7、小岩井農場の一本桜を訪ねたあと、わんこソバに挑戦、ひるむことなく立ち向かいました。
 一本桜は紅葉を目当てに行ったのですが残念ながら、まだ青々としていました。
 それでもなお、襟を正して正座をしている岩手山に向かい、閑やかに相対している姿に、そこはかとなく漂う何か神秘的なものを感じました。
 長い間、この場に存在していた時間がそうさせるのでしょう。
 NHKBS7:15 朝ドラの「どんどはれ」で四季の様子を見ることができます。

1 小岩井農場の一本桜
小岩井農場の一本桜

2 小岩井農場の一本桜
小岩井農場の一本桜


 わんこソバはどこでも食べられると思ったら大間違い。
 盛岡駅周辺でしかありつくことができません。
 盛岡駅真ん前の吉永小百合さんも行ったという東屋を選びました。

3 盛岡駅
盛岡駅

4 盛岡駅前ビル
盛岡駅前ビル

5 東屋
東屋

6 64杯35杯達成記念
64杯35杯達成記念


 かつて、日本中が貧しかったころ、腹いっぱい飲み食いすることが何よりの贅沢でした。ゆえに強引な飲食供与が最高の接待だったのです。このことは今でも酒席の習わしとして残っており、辟易する方も多いでしょう。
 豊かになった今でも、デカ盛りや大食いを競うテレビ番組の人気がありますから、人々は食べることの本能に限りがないのかも知れません。
 いずれにしても大食いゲームの元祖はわんこソバでありましょう。


[広告 ] VPS
 10/7、どうしても行きたかった啄木記念館に行ってきました。石川啄木記念館は啄木が生まれ育った旧渋民村にあります。
 今でもそらんじている10首以上の啄木の歌は、みな中二担任の原保雄先生に教えていただいたものでした。その原先生はどういうわけか写真の啄木と瓜二つなのです。そのせいもあったのでしょう、先生は啄木が大好きでした。私は原先生が大好きだったので啄木も好きになりました。
 原先生はことあるごとに「渋民村はいいなぁー」「渋民小学校はいいなぁー」と言います。その言葉を聞くたびに私は「大人になったら渋民村に行ってみたい」という思いが募りました。
 それから半世紀以上の月日が流れ、やっと望みが叶ったわけです。

 いくつかの印象に残った展示を紹介しましょう。
  ・ 達筆な文字で書かれた借用証書。
  ・ バイオリン。音楽が好きな啄木はバイオリンやオルガンを弾いていた。ワーグナーやメンデルスゾーンの音楽もレコードで聴く。ワーグナーには思想的にも傾倒。
  ・ あの尾崎豊と啄木の共通点
    1 十代にして作品を発表
    2 若くして結婚
    3 26歳で死亡
    4 終焉の場所がどちらも文京区
  ・ 石原裕次郎が歌った「錆びたナイフ」はナイフをピストルに置き換えると殆ど啄木の歌から引用。
  ・ そのほかに引用された歌謡曲などの作品も数多く展示。

 いわゆる「たかり魔」で傲慢不遜であった啄木は、己の才能を信じていたからこそ、そのような生き方ができたのでしょう。
 天才ゆえの権利、天才ゆえの義務、天才ゆえの悲しさ、天才ゆえのはかなさ、嗚呼。
 尾崎豊も・・・。


1 啄木記念館
啄木記念館

2 啄木記念館
啄木記念館

3 啄木記念館
啄木記念館

4 移築された渋民小学校と啄木の借家
移築された渋民小学校と啄木の借家

5 啄木の借家
啄木の借家

6 室内
室内
 
 10/16、万座温泉ホテル日進館での演奏が終わった翌日、早朝散歩をしました。 

 フロント氏の話しによると、紅葉前線は標高1200mから1300mあたりまで下がったとのこと。

 万座温泉は標高1800mですから、もう落葉をしているかな、と思ったのですが、まだまだ紅葉は真っ盛り。

 特に牛池周辺の抜きんでた紅葉には目を見張り、シャッターを押す指が震えるほどの胸の昂ぶりを覚えました。

 フロント氏に霜が降りていたことを言うと、「ではもう明日にでも落葉が始まるでしょう。落ち始めると2,3日で全部なくなってしまいます」とのことです。


1 牛池の紅葉
牛池の紅葉

2 牛池の紅葉
牛池の紅葉

3 日の出
日の出

4 ボンネットに降りた霜
ボンネットに降りた霜