FC2ブログ
 4月14日から半月が経ち、4月も今日でお終いですが、熊本・大分ではまだまだ激震が続いています。

 そのような中、熊本県知事 蒲島郁夫氏のメッセージが朝日新聞紙上に掲載されました。

 「あらゆる手段を使ってとにかく経済を再生しないといけない。阿蘇と熊本城は、熊本県の2大観光シンボルです。安倍晋三首相に訴えたところ、熊本城の復元が終わらない限り熊本地震からの復興はないと思うと、言ってくれたので、政府も一緒にやってくれると確信しています」 

 震災復興に関しては官も民も分けへだてはなく、保守も革新もノーサイドです。

 ボランティア活動などの報道を見ていると涙が出る思いがしますが、私どもには体力的に直接参加することはできません。

 せめてもの文化活動にいそしむため、妻は明日、大分県佐伯市に向かいます。

 予定されていた創彩会九州支部展を中止することなく執り行うことも何かの力になると思うので・・・。


1 熊本地震 知事として(朝日新聞4.30)
熊本地震 知事として(朝日新聞4.30)

2 熊本城2008
熊本城 2008

3 熊本城2008
熊本城 2008

4 熊本城2008
熊本城 2008

5 熊本城2008
熊本城 2008

6 熊本城2008
熊本城 2008

7 熊本城2008
熊本城 2008

8 熊本城2008
熊本城 2008

 よみうりカルチャー川口のサンドブラスト講座で学んでいる安藤幸恵さんが、フォトすばる(写真グループ)のメンバー13人と合同の作品展を開いています。

 ガラス工芸も写真も素晴らしいですので、是非お立ち寄りください。

       会場:リリア3Fギャラリー 
       日時:4月29日~5月5日 10:30~17:00

 会場入り口
会場入り口

ガラス作品1
ガラス作品1

ガラス作品2
ガラス作品2

ガラス作品3
ガラス作品3

ガラス作品4
ガラス作品4

 ガラス作品5
ガラス作品5

ガラス作品6
ガラス作品6

ガラス作品7
 ガラス作品7
 今年はソメイヨシノの花期が長かったので、各地で花々の競演が見られました。

 ソメイヨシノと八重桜、それに菜の花やチューリップ・芝桜・桜草・ツツジなどが共に一斉に咲いたのです。

 といっても、これらのすべてを同じ場所で見ることは難しかったでしょう。

 としのう(足立区都市農業公園)ではこれらのうちのソメイヨシノ・チューリップ・菜の群落を見ることができました。

 めったに見ることのできない絢爛豪華3点セットです。


1 絢爛豪華3点セット
絢爛豪華3点セット

2 絢爛豪華3点セット
絢爛豪華3点セット

3 チューリップ
チューリップ

4 チューリップ
チューリップ
 としのう(足立区都市農業公園)でSKR45総選挙が行われました。

 SKR45 総選挙とは「としのう」にある 45種類の桜(SKR)のうちどれが一番好きかという人気投票です。

 旨いことを考えましたね。職員の方のアイディアに感心しました。

 結果は「松月」と「関山」が同率で1位だったようです。

 どちらも、わが家の目の前にありますよ。

 「松月」は昨日の「花の写真ニュース」でご覧ください。


1 SKR45総選挙
SKR45総選挙

2 SKR45総選挙
SKR45総選挙

3 としのう写真展
としのう写真展

4 としのうの今
としのうの今

5 としのうの今
としのうの今
はな1

  「花の写真ニュース」は同級生の小野瀬壽(ひさし)君が毎週発行しています。

はな2

勤めていたデイサービスセンターのお年寄りたちの心の慰めになればと思い、自主的に始めたそうです。

はな3

 A3版ですので4分割にしました。

はな4

クリックすると大画面、もう一度クリックすると最大画面になります。
花1

  「花の写真ニュース」は同級生の小野瀬壽(ひさし)君が毎週発行しています。

花2

勤めていたデイサービスセンターのお年寄りたちの心の慰めになればと思い、自主的に始めたそうです。

花3

 A3版ですので4分割にしました。

花4

 クリックすると大画面、もう一度クリックすると最大画面になります。

てがみ
 天然のサクラソウは荒川周辺の名物でした。

 今でも田島ケ原はサクラソウ自生地として国の天然記念物に指定されています。

 かつてはわが家の川向うの浮間ヶ原など、どこにでも咲いていたようです。

 としのう(足立区都市農業公園)のサクラソウ復活プロジェクトはこれらのことを踏まえて始められたのでしょう。

 ゆくゆくはわが家まえでもあの可憐な姿が見られるようになるかもしれません。

 なお、サクラソウはハクサンコザクラなどの高山種が川を伝って流れついたように思います。シャクナゲやアヤメと同じように。


1 としのう(足立区都市農業公園)のサクラソウ復活プロジェクト
としのう(足立区都市農業公園)のサクラソウ復活プロジェクト)

2 としのう(足立区都市農業公園)のサクラソウ復活プロジェクト
としのう(足立区都市農業公園)のサクラソウ復活プロジェクト)

3 としのう(足立区都市農業公園)のサクラソウ復活プロジェクト
としのう(足立区都市農業公園)のサクラソウ復活プロジェクト)

4 サクラソウ
サクラソウ

5 サクラソウ
サクラソウ

6 サクラソウ
サクラソウ
       いまこそ私は原発に反対します。

    日本ペンクラブ編               平凡社


 震災は熊本から大分に広がり、鹿児島にも広がる懸念があるにもかかわらず、川内原発の運転は止まりません。

 運転継続をする側には何か信念があるようです。

 ということは、原発に反対する側はそれ以上に強い信念をもつことが必要です。

 そのような思いを先取りして編まれたものが、この書籍でありましょう。

 「ペンはより強し」を信じて51人の小説家・歌人・俳人・詩人・エッセイスト・俳優などの方々が480ページにわたってメッセージを発信しました。

 稲畑汀子さんは快適な生活を捨てる覚悟で原発反対を表明し。

 今野敏氏は、原発が安全なら東京湾岸に作ってみれば、と言い。

 辻井喬氏は、原子力発電の問題は技術の完成度がまだ充分ではないから反対なのではなく、危険を冒してでも豊かになることに賭けるという思想そのものへの反対として反対でなければならない、と。

 俵万智さんは「子を連れて西へ西へと逃げてゆく愚かな母と言うならば言え」と悲痛な声を上げ。

 そして、轡田隆史氏は、「ゲンパツ」に反対するには、まず人間として自立し、小さな勇気をふるわなければならない」と言います。

 みなさん「小さな勇気」を持ちましょう!

 かつて、共に電子オルガン奏者をしていた森ミドリさんがタレント・エッセイストに転身し、編集責任者として「あとがき」を書いています。


1 いまこそ私は原発に反対します。
いまこそ私は原発に反対します。

2 はじめに1
はじめに1

3 はじめに2
はじめに2

目次

5 あとがき1
あとがき1

6 あとがき2
あとがき2
 宙吹きの3色グラスが入荷しました。

 表地白、内側の上部ピンク、下部青という変わったグラスです。

 表にはバラの花を段彫りに、内側には同じくバラと小鳥の文様を平彫りにしてみました。


シートのカットが終わったところ1
シートのカットが終わったところ 正面には大きなバラ

シートのカットが終わったところ2
シートのカットが終わったところ 反対側から

シートのカットが終わったところ3
シートのカットが終わったところ 内側にバラの文様

シートのカットが終わったところ4 
シートのカットが終わったところ 反対側の内側は小鳥文様

完成1
完成 正面バラの段彫り

完成2
完成 反対側もバラの段彫り

完成3
完成 内側バラの平彫り

完成4
完成 反対側の内側 小鳥の文様平彫り
 わが家前の旧芝川添いの八重桜が今年も咲きました。

 「旧芝川五色桜並木」といって川口市の桜の名所になっています。

 いろいろな種類が代わる代わる咲き、長い間楽しむことができます。

 旧芝川遊歩道を歩きながらのお花見、最高ですよ。

 ぜひ、おいでください!


1 旧芝川五色桜並木
旧芝川五色桜並木

2 旧芝川遊歩道
旧芝川遊歩道

3 わが家前の八重桜
わが家前の八重桜

4 対岸から
対岸から