FC2ブログ
はな1

  「花の写真ニュース」は同級生の小野瀬壽(ひさし)くんが毎週発行しています。

はな2

勤めているデイサービスセンターのお年寄りたちの心の慰めになればと思い、自主的に始めたそうです。

はな3

 A3版ですので4分割にしました。

はな4

 クリックすると大画面、もう一度クリックすると最大画面になります。
花1

  「花の写真ニュース」は同級生の小野瀬壽(ひさし)くんが毎週発行しています。

花2

勤めているデイサービスセンターのお年寄りたちの心の慰めになればと思い、自主的に始めたそうです。

花3

 A3版ですので4分割にしました。

花4

 クリックすると大画面、もう一度クリックすると最大画面になります。

てがみ
 このところ、浅間山の噴煙が尋常ではなく、皆さん心配をしておりますが、今日は大分落ち着いてきました。

 菅平高原スキー場は久しぶりの快晴に恵まれ、遠く北アルプスまで見渡すことができます。

 しかしながら、レンズ雲が出ているので、上空では強風が吹き、明日は天気が崩れるでしょう。

 土日と好天に恵まれ、何よりでした。


1 浅間山
浅間山

2 浅間山
浅間山

3 菅平高原スキー場
菅平高原スキー場

4 北アルプスとレンズ雲
北アルプスとレンズ雲
 「レストランかまくら村」が飯山市にオープンしました。

 雪国の楽しみ方もいろいろあります。

 「かまくら」は子供の遊びですが、それをレストランにしてしまうとは考えましたね。

 行ってみたいものです。

 やはり、鍋がいいでしょうね~。


1 信濃毎日新聞1.28(土)
信濃毎日新聞1.28(土)

2 根子岳と四阿山(あずまやさん)
根子岳と四阿山(あずまやさん)
 当初カリキュラムにも取り入れていたクリスタルの素材は、ガラス工房の廃業でもう手に入りません。当然カリキュラムからも消えてしまって、時々在庫品を探し出して作る他なくなりました。

 そんな在庫品の中から、金赤の徳利と盃にキューピッド模様を彫刻してみました。

 徳利1
 徳利 シートのカットが終わったところ 蝶に掴まるキューピッド

徳利2
 徳利 シートのカットが終わったところ シャボン玉のキューピッド

CIMG0259.jpg
 盃 シートのカットが終わり上から見たところ

徳利途中
 徳利途中

盃途中
 盃途中
徳利1完成
 徳利完成 蝶に掴まるキューピッド

徳利2完成
 徳利完成 シャボン玉のキューピッド

 盃完成
 盃完成

徳利と盃のセット
 徳利と盃のセット

       他者が他者であること

     宮城谷昌光       文藝春秋


 4つの章から成るエッセー集です。章立ての脈絡はありません。

 「Ⅰ湖北便り」は身の回りのこと、「Ⅱ中国古代の構図」は中国物について、「Ⅲカメラ」は趣味とは言え玄人はだしの写真技術について、「Ⅳ他者が他者であること」は自己や自作について分析がなされています。

 「Ⅲカメラ」ではフィルターについての考えやデータ分析の必要性などが詳しく書かれていますから、これはもうプロの仕事でしょう。

 タイトルエッセイ「他者が他者であること」の冒頭で「文学について考えたことはあるが、歴史について考えたことはなかった、というのが正直なところである。
 二十代のころに、歴史小説を侮蔑していた。
 現代に生きている者が、現代を直視しないで、現代に苦しまないで、現代の問題を提起しないで、過去に逃げ、安住したとすれば、作家が持たねばならぬ勇気の点において雲泥の差があり、歴史小説の秀作よりも現代小説の凡作のほうが価値が高いと信じた。」
と書いています。あの宮城谷昌光がですよ!

 代表見本の「俳句の応用」を読むと、構成の方法や文体の原則が良く分かるでしょう。

 最終の「立原さんの教え」では恩師立原正秋が身をもって教えてくれたこと、「職業作家についてくる垢を落とさなければ職業作家ではありえない」ということについて書かれています。

 立原正秋は一読しただけでは風俗小説かと思われるような中に孤高の美学に裏打ちされた高い精神性をそれとなく醸し出された方で、渡辺某などとはまったく違う次元のかたです。私は、全作品はもちろん奥さんや娘さんが著したものまで読みました。
 一時代前、映像化されたものをテレビなどで見ることができましたが、通俗的でしかなく、本質は表現できておりません。
 制作者や出演者の問題もありますが、そもそも孤高の精神性を映像化すること自体が無理なのでしょう。
 労を惜しまず、読んでみないと、上辺しか解らない。これぞ職業作家の作品!

 宮城谷の作品も!


1 他者が他者であること
他者が他者であること

2 俳句の応用1
俳句の応用1

3 俳句の応用2
俳句の応用2

4 俳句の応用3
俳句の応用3
 今日の朝日新聞記事にも見られるように、最近、NHKの現状に対して様々な反響が寄せられています。

 根本的には、受信料で成り立っている自主独立の放送局がその役割を果たしているか、とのこと。

 しかしながら、NHKは建て前だけで自主独立ではありません。

 なので、ややこしや、ややこしや!

 自主独立とは出版界でいえば「週刊金曜日」のようなものでしょう。

 ですから私は、インターネットテレビなどで「週刊金曜日」のような局が現れることを期待しています。

 しかたなく、それまではBS1(金)朝9時の「映像の世紀」を見ながら我慢します。

 山田洋二監督は言いました。

 良い映画は良い観客が創るもの、と。

 優れた番組をよく見て意見を言うことが、放送局の方向性を導くことになります。

 現状では・・・。


1 朝日新聞1.25記事14面
朝日新聞1.25記事14面
はな1

  「花の写真ニュース」は同級生の小野瀬壽(ひさし)君が毎週発行しています。

はな2

勤めていたデイサービスセンターのお年寄りたちの心の慰めになればと思い、自主的に始めたそうです。

はな3

 A3版ですので4分割にしました。

はな4

 クリックすると大画面、もう一度クリックすると最大画面になります。
花1

  「花の写真ニュース」は同級生の小野瀬壽(ひさし)君が毎週発行しています。

花2

勤めていたデイサービスセンターのお年寄りたちの心の慰めになればと思い、自主的に始めたそうです。

花3

 A3版ですので4分割にしました。

花4

 クリックすると大画面、もう一度クリックすると最大画面になります。

 てがみ
 テレマークチーム マッキンレーアウトドアーズを紹介します。

 マッキンレーアウトドアーズは釣りを中心にした野外活動クラブですがテレマークスキーチームもあります。

 写真左から私・土屋さん、流石健一さんの3人です

 土屋さんは2枚目写真の一番左のNTN(ニューテレマークノルム)のセットを履いています。

 流石健一さんは(株)マッキンレー流石の代表取締役社長である共にSIA(日本職業スキー教師連盟)のアルペン・テレマーク・スノーボード教師に認定されています。


1 チーム マッキンレーアウトドアーズ
チーム マッキンレーアウトドアーズ

2 テレマークスキー
テレマークスキー

3 認定書
認定書

4 白銀ゲレンデ
白銀ゲレンデ