FC2ブログ
          マナーの正体

     逢坂剛 他12人     中央公論社


 ニッチを生きるマナー以下15項目に分類されている170あまりのマナーについて13人の文筆家が書いています。

 とはいっても、マナーのノウハウ本ではありません。

 マナーにかこつけた何でもありのエッセー集というべきでしょう。

 エッセー集は、普通は自然的なものとか社会的なものとか傾向が決まっていますが、この本はメチャクチャ。

 それもそのはず、書き手がずば抜けた個性の持ち主ばかりで、本業も小説家・数学者・医者・歌人・生物学者・シンガーソングライター・フランス文学者・動物学者などバラバラ。

 そのバラバラなものを一応16項目に振り分けたのですが、それでもなお統一感は感じられません。

 実は中ほどまで読んでみて、そこが逆にねらい目であることに気がつきました。

 つまり、13冊のエッセー集を、まぜこぜにして無理やり一冊にまとめたものなのですね。

 私の読書法は少し変わっていて、家のあちこちに置いてある複数冊の本を順不同に覗き巡るのです。

 ですから、出かけるときは大ごと。5冊も6冊もカバンの中に詰め込んで行かねばなりません。

 そのようなとき、この本ならば、たった一冊で済むこと間違いなし。

 世の中には、こんな便利な本があるんだなぁ~。

 収録エッセーはすべて読売新聞夕刊火曜日「たしなみ」欄に掲載されたものです。


1 マナーの正体
マナーの正体

2 代表見本
代表見本

3 代表見本
代表見本

4 代表見本
代表見本
 ふげん社がNHKの「TOKYOディープ! 市場だけじゃない築地」で紹介されました。

 築地は築地体が生まれたほどの活字と印刷の聖地、その歴史を振り返るだけでなく、新たに発展させる試みに挑む知的な母子として番組の一つの軸となっています。

 室町時代からあり、秀吉・家康も食べたという老舗のお饅頭屋さんと対等の扱いでした。

 史ちゃん、おめでとう! 次のイベント「東家一太郎の名調子」が楽しみです。なにせ、生の浪曲を聴くのは60年ぶりですから・・・。

 なお「TOKYOディープ! 市場だけじゃない築地」は9月4日(月) 午前6時~6時半までBS3で再放送されます。


はな1

  「花の写真ニュース」は同級生の小野瀬壽(ひさし)君が毎週発行しています。

はな2

勤めていたデイサービスセンターのお年寄りたちの心の慰めになればと思い、自主的に始めたそうです。

はな3

 A3版ですので4分割にしました。

はな4

 クリックすると大画面、もう一度クリックすると最大画面になります。
花1

 「花の写真ニュース」は同級生の小野瀬壽(ひさし)君が毎週発行しています。

花2

勤めていたデイサービスセンターのお年寄りたちの心の慰めになればと思い、自主的に始めたそうです。

花3

 A3版ですので4分割にしました。

花4

 クリックすると大画面、もう一度クリックすると最大画面になります。

てがみ
 実は直近の K’CW(ケーズクラブワープ)をまだアップしていません。毎回アップするのも気が引けて・・・。
 でも、今回は重要なことを指摘されたので、やっぱりアップするべきと思いなおしました。

 たまたま聴いていただいていた女性ボーカリストにカナさんが「何か感想をお願いできますか」と尋ねたところ「もっと色気があったほうが」と言われたのです。
 そのことは私も以前から気になっていたことでしたが、真面目なカナさんにどのように説明したらよいものか迷っていました。

 その後、NHKの「SONGSスペシャル桑田佳祐」を見て、これだ、と思いました。
 なんと、あの純粋無垢な「ひよっこ」たちに、ありったけの色気をぶっつけたのです。
 「ひよっこ」テーマの前の歌詞は「恋のしずくでショーツを濡らそう」「張り裂けそうな前のボタン」「本当はカラオケルームとホテルを押さえていたのさ」などというものでした。
 それを全然いやらしくなく、さながら生に直結するかのように実に大らかに歌うのです。

 いうなれば「性は生なり」。人間にとって性的なものは生きる根源。いや、動物にとってもそうだし、植物だって同じでしょう。花そのものが生殖器なのですから。
 桑田佳祐に花があるのは、そういうことなのですね。

 そしてまた、NHKFMの「よるバロ」を聴いて目からウロコでした。

 なんと、クラシックの原点ともいえるバロック音楽は、もともと色気があふれているものなのでした。
 ジャズとよく似たシャコンヌは、スペインではチャコーナと呼ばれ、扇情的でエロティックな踊りであるとして教会に禁じられ、また国からも1615年に舞台演技を禁止されたそうです。

 そういえば近年ではランバダも、あのディスコでさえ禁止されました。

 性の表現は生のための戦いでもあったわけです。

 そして、いよいよジャズの話。今年はジャズレコード100年とかで、いろいろとジャズについて研究されていますが、きれいごとで終わらせてはいけません。しっかりと真実をつきつめたいものです。

 実はカナさんジャズの語源自体が、そのものずばりなのですよ。

 中村とうよう氏は以前から、そのことを言いきっていました。

 物事を表現するためには、その本質を知らなければなりません。

 少しでも良い演奏をするために・・・。


1 大衆音楽の真実 中村とうよう
大衆音楽の真実 中村とうよう

2 ジャズの語源
ジャズの語源
 NHKテレビニュースを見て驚きました。

 なんと、あの藤田真央君がスイスで行われた「クララ・ハスキル国際ピアノコンクール」で優勝したそうです。

 いつの間にか大学生になっていたのですね。

 これでまた、ますます忙しくなってしまうでしょう。

 また、一緒にスキーをしてみたいものです。

 宮本勇さんが小樽ガラス小花瓶に彫刻しました。

 以前同じ小樽ガラス花瓶を作りましたが、今回はそれよりも少し小さめの素材です。

 それぞれ前後に4種類の花模様を彫りました。


シートのカットが終わったところ
 シートのカットが終わったところ

ブラスト途中
 ブラスト途中

完成1
 完成 水色の花瓶

完成2
 完成 緑色の花瓶

完成3
 完成 二つ並べて

完成5
 二つ並べて
 下のシートの模様が邪魔をして花瓶の模様がはっきりしませんでした。
 高校野球甲子園大会が昨日で終わりました。

 主催は朝日新聞社ゆえ、今日の朝刊は甲子園大会一色。

 1面は第2記事と天声人語で、スポーツ欄は全面2ページ、埼玉版も全面2ページの大盤ぶるまいです。

 それらに埋もれて2面の小さな記事ですが、優勝監督の岩井隆氏の人となりについて書かれたものが光っていました。

 世界史と倫理を教えている岩井先生は大会期間中に選手を伴って近くの戦争資料館を訪れて平和教育をしているそうです。

 また、14面の社説には、それらの詳しいことと、他の高校の平和教育についても記されています。

 これらの記事を見て、この国もまだ捨てたものではない、と思いました。

 今は、よい教育者が、よい教育をしていると・・・。

 私たちが若いころは、スポーツや芸術系などは専門バカといわれるような方が教えていたような気がします。

 やはり、教育者にはバランスの取れた社会常識をもった上での専門的な素養が必要でありましょう。

 花咲徳栄高校は、よい先生に恵まれましたね。

 そして、優勝おめでとう!

 埼玉県に初めての優勝旗をありがとう。

 その名のように、ますます栄えあれ!


1 朝日新聞2面 824
朝日新聞2面 8/24

2 朝日新聞14面 824
朝日新聞14面 8/24
 川口市横曽根図書館では1人10冊まで2週間貸し出しをしています。

 私の場合は毎週行って読み切った分だけを新しくしているのですが。

 その際に必ず各新聞の1面だけ、目を通すようにしています。

 新聞ラックは当日分が1階に、昨日以降分が2階にあるので本を選びながら一巡りするのにちょうどよいからです。

 今日は東京新聞が防衛費の増大を1面トップ記事に取り上げていました。

 読んでみると、イージス艦の装備費やイージスアショアのための費用が掛かるのだそうです。

 昨日はそのイージス艦の衝突事故を読売新聞が1面で取り上げていました。

 もっとも優秀なはずのアメリカのイージス艦がたて続けに初歩的な事故を起こすとはどういうことなのでしょうか。

 民間の船を避けることもできない「最新鋭軍艦」が実際に役に立つのでしょうか。

 もう一度、戦争と平和について考えるために「わたしの平和と戦争」を再読してみます。


1 貸し出し本
貸し出し本

2 東京新聞1面 823
東京新聞1面 8/23

3 読売新聞1面 822
読売新聞1面 8/22
はな1

  「花の写真ニュース」は同級生の小野瀬壽(ひさし)君が毎週発行しています。

はな2

勤めていたデイサービスセンターのお年寄りたちの心の慰めになればと思い、自主的に始めたそうです。

はな3

 A3版ですので4分割にしました。

はな4

クリックすると大画面、もう一度クリックすると最大画面になります。