FC2ブログ
 サッカーW杯 ポーランド戦の日本の戦略に対して日本中が、いや世界中が侃侃諤諤(かんかんがくがく)と意見をたたかわし、喧喧囂囂(けんけんごうごう)と盛り上がっています。

 新聞各社もここぞとばかりに取り上げ、今日の1面コラム欄では何と6社が競い合いました

 それぞれ、新聞の持ち味がよく出ていると思います。

 特に産経新聞の産経抄は今回の措置は選挙や外交では当たり前、とのこと。

 まあ、そもそも球技自体が政治や経済などの社会制度を縮図化し、比喩化し、ゲーム化したスポーツなのですから、いうなれば先祖返り論でありましょう。

 社会には法律があり、その下に道徳があります。

 スポーツはルールがあり、その下にスポーツマンシップがあります。

 ところが、最近ではゲームズマンシップが言われるようになりました。

 これも先祖返り論でいうと何とかファンドとか仮想通貨や忖度などと考えることができるでしょう。

 かつて、甲子園大会で松井秀喜選手が5打席連続で敬遠されたことがありました。

 あの時も、日本中が騒然とし、スポーツマンシップとは、教育とは、などの議論が噴出したものです。

 あの時代、少年のアイドルは野球選手でしたから学校でも大騒ぎでした。

 今はサッカー選手が多くの子供たちの注目の的ですから、今回のことは道徳教科にも教材としても取り上げるとよいかもしれません。

 子供たちも、それぞれに確かな人格をもっているのですから。


 さて、皆さんはどのように思われますか。

 どの新聞のコラムが面白いでしょうか。


1 埼玉新聞 さきたま抄
6/30 埼玉新聞1面 さきたま抄

2 産経新聞 産経抄
6/30 産経新聞1面 産経抄

3 毎日新聞 余禄
6/30 毎日新聞1面 余禄

4 日本経済新聞 春秋
6/30 日本経済新聞1面 春秋

5 東京新聞 筆洗
6/30 東京新聞1面 筆洗

6 朝日新聞 天声人語
6/30 朝日新聞1面 天声人語
 安藤幸恵さんがピンク ・ルリのペアグラスで、桜 ・ハイビスカス・ 花火などを散りばめたグラスを作りました。

 リリア展にも出品しました。


桜の花
  シートのカットが終わったところ 桜の花

CIMG0018.jpg
  シートのカットが終わったところ ヤシの葉

花火
  シートのカットが終わったところ 花火

完成1
  完成 リリア展出品

完成2
  完成 リリア展出品
 昨日の朝日夕刊で長谷川櫂さんの「言葉以前の世界」ともいうべき文章を読みました。

 俳句はわずか15文字・15音だけを用いて世界を表現するのですから、言葉以前の世界についても敏感にならざるをえません。

 これは音以前の世界に敏感な音楽家と同じ感覚です。

 名曲の多くはアウフタクト(弱起)、つまり、音を出す前に休止符があるのですが、ベートーベンの「運命」などは、その典型でありましょう。

 演奏者は、ンダダダダーン、ンダダダダーンのンの部分に最も神経を使います。

 武満徹は「音、沈黙と測りあえるほどに」の中で「運命」は吃音表現そのもの、と言いきりました。

 私は「言葉よりも大切なもの」の中で、熊谷守一の絵画も吃音表現の1つではないか、のように言っています。

 吃音感覚はあらゆる表現者の原点かもしれません。

 特に言語体系では韓国語の濃音にその感覚が色濃く残っている、と私は思います。

 日本語も韓国語と同じ系統ですから、かつてはそうであったのでしょう。
 
 「いった」などの「っ」の部分を最初に言うつもりになれば、あだやおろそかにものを言うことはできません。

 長谷川櫂さんの文章を読んで再び、言葉以前の世界・音楽以前の世界・絵画以前の世界について考えさせられました。

1 627 朝日新聞夕刊3面
6/27 朝日新聞夕刊3面

2 「音、沈黙と測りあえるほどに」武満徹
「音、沈黙と測りあえるほどに」 武満徹 
 朝日新聞の番組案内で「五線譜の解体新書」が取り上げられました。

 「五線譜の解体新書」は私が毎回楽しみに聴いているラジオ番組です。

 ミュージシャンはそれぞれ秘密のテクニック持っていますが、それを惜しげもなく披露してくれる番組は他にありません。

 他にも渡辺貞夫 nightly yours天才ピアニスト横山幸雄のピアノでめぐり逢い勉強になります。

 抜群に面白く、しかも先鋭的な話題と音楽を提供する菊地成孔(なるよし)の粋な夜電波も、ぜひ聴いてみてください。

 残念なことに、この4月からNHKの「セッション2018」が月1回になり、ジャズトゥナイトに編入されてしまいました。

 NHKは豊富な電波アイテムを持っているのですから、優れた音楽番組を縮小するのではなく、むしろ拡大して行くべきと思うのですが、どうしたことでしょう。


 以前はラジオ番組を再録するにはラジオサーバーが摘便でした。私は10年ほど前から使っていますが、今はスマホで簡単に再録できるようです。


1 627 朝日新聞29面「Jポップスと向き合う」
6/27 朝日新聞29面「Jポップスと向き合う」

2 ラジオサーバー
ラジオサーバー
はな1

 「花の写真ニュース」は同級生の小野瀬壽(ひさし)君が毎週発行しています。

はな2

勤めていたデイサービスセンターのお年寄りたちの心の慰めになればと思い、自主的に始めたそうです。

はな3

 A3版ですので4分割にしました。

はな4

クリックすると大画面、もう一度クリックすると最大画面になります。
花1

 「花の写真ニュース」は同級生の小野瀬壽(ひさし)君が毎週発行しています。

花2

勤めていたデイサービスセンターのお年寄りたちの心の慰めになればと思い、自主的に始めたそうです。

花3

 A3版ですので4分割にしました。

花4

クリックすると大画面、もう一度クリックすると最大画面になります。

てがみ
 昨日は2月に亡くなった俳人の金子兜太さんのお別れ会が開かれたことを伝えるニュースがマスコミで一斉に報道されました。

 新聞各社もこぞって取り上げましたが、一面記事にしたのは東京新聞だけです。

 そのうえ東京新聞は平和俳句を募集し、8月1日に発表をするとのこと。

 金子兜太さんが存命中にやっていたものを一時的に復活するそうです。

 皆さんもぜひ応募してみてください。

鉄の雨降りたる夏の海望む
 わが故郷、海水浴場のある日立市も艦砲射撃を受けました。


 きょうの朝日新聞では金子兜太さんの後を引き継ぐ朝日俳壇の選者が発表されました。

 高山れおなさん、期待しています。


1 623 東京新聞一面
6/23 東京新聞一面

2 平和詠んだ国民詩人
平和詠んだ国民詩人

3 624 朝日新聞32面
6/24 朝日新聞32面
 お城を見ることが好きな方は多いのですが、建物が何もない城跡に興味を示す方はあまりおりません。

 再建されたお城の殆どは、ある一時のものですから、歴史的全体像を捉えてはいないのですが。

 上物は時代時代の権力者の好みによって変わってしまいます。しかし、敷地構成は地形的制約があるので殆ど変わりません。

 ゆえに歴史的全体像をとらえるにはグランドプラン、いわゆる縄張りが的確に保存されているだけで充分なのです。

 長野県は起伏が多い地形なので、それを巧みに利用した城跡が多いことで知られています。

 でもよく考えてみると、防護プランは、利用できる自然物のない平地の方が格段に難しいのではないでしょうか。

 そういうわけで、お城マニアで知られる春風亭昇太さんが選んだ日本一は平野にある、わが故郷の小幡城でした。

 一般的にはあまり知られていませんが、お城マニアの間では超有名なのだそうです。

 もう一つ、わが故郷の名城を紹介しましょう。

 土浦市郊外の小田城です。元は小田城が本城で土浦城が支城でした。

 つい最近、NHKの歴史秘話ヒストリアで放送されたのでご覧になった方も多いことでしょう。 

 城主だった小田氏治は「信長の野望」というゲームで最も人気のある武将なのだそうです。

 そのわけは、最強の織田に対して最弱の小田ながら、最も長生きし、信望も厚かったから、とのこと。

 戦国時代、最強は最悪につながり、最弱は最善につながります。

 茨城県は不人気ナンバーワンが続いていますが、「信長の野望」を愛する方は、それとは違う発想をしていることでしょう。


1 616朝日新聞be 2面
6/16/朝日新聞 be 2面

2 歴史秘話ヒストリア
NHK歴史秘話ヒストリア
 宮本勇さんが透明グラスにヨット文様を彫刻しました。

 T型ピルスナーの玉足グラスです。

 ピルスナー(ビールの種類)だけでなく、ラガーも美味しく飲めるでしょう。


シートのカットが終わったところ1
  シートのカットが終わったところ

シートのカットが終わったところ2
  シートのカットが終わったところ 反対側

シートのカットが終わったところ3
  シートのカットが終わったところ 上から見たところ

完成1
  完成 黒い背景で

完成2
  完成 赤い背景で
 ミエルは最寄りのショッピングセンターです。

 ミエルを検索すると川口以外にはないので、チェーン組織ではなく独自のものと思います。

 元々、2つの大きなビルで忠実屋とダイエーだったのですが、それをつなぎ合わせて1つにしたものですから、うなぎの寝床のような超巨大ビルになりました。

 駐車場は地上と屋上、それに別棟のビルがあるので、いつでも悠々と駐車することができます。

 ヤマダ電機やダイソー、スポーツ用品のアルペンや衣料品のタカハシなどは、それぞれが街中の一店舗以上の巨大店舗でありましょう。

 1階のヤオコーも私の知る限り、これ以上のものはありません。

 入り口から裏口にかけての広いスペースは催し物会場。今日は大陶器市をやっていました。

 入ってすぐ左のパン屋さんは安さと美味しさで抜きんでています。

 季節がら、雨の日には1階から3階までの巨大店舗を速足でめぐると、けっこうな運動になるのですが。


1 ミエル
ミエル

2 ミエル
ミエル

3 ミエル
ミエル

4 1階
1階

5 2階
2階

6 催し物
催し物