FC2ブログ
  幼稚園の頃にスキーを教えた史ちゃんがめでたく結婚をしました。

  結婚祝いに緑 ・オレンジのペアーの中鉢を彫刻しました。

  廻りは花柄、底部分には鶴文様、お二人の名前も彫りました。


シートのカットが終わったところ1
  シートのカットが終わったところ

シートのカットが終わったところ2
  シートのカットが終わったところ

ブラスト完了
  ブラスト完了

完成1
  完成

完成2
  完成

完成3
  完成


         吉村 孝・史 様

 史ちゃん、「結婚しました」のお葉書をどうもありがとう。

 もう、そろそろかなとは思っていたのですが、驚きました。

 史ちゃんが5歳の時にスキーを通じて知り合ってから何年になるでしょう。

 いろいろなことをお話したり、お手紙を書いたり、コラージュや絵の作品も送ってくれたりしましたね。

 才能豊かな史ちゃんがどのような道を選ぶのか、とても関心を持っていました。

 今では史ちゃんの才能を有効に生かしきる最善の道を歩んでくれているので安心しています。

 お父さんとお母さんが歩いてきた道は、山道や泥んこ道もあったことでしょう。

 新しい機械を入れて大変なことや、労務管理の難しさなど、お父さんからお話しをきいたものです。

 史ちゃんもこれから、いろいろと難しい場面に遭遇するかもしれません。

 その時一番頼りになるのが配偶者です。配偶者とは法律用語ですから普通はあまり使いません。

 私は、よく使うので笑われるのですが、天が偶然に配り与えてくれたもの、と取れるので、この言葉が大好きなのです。

 おそらく、史ちゃんたちも何かの偶然に支配されて知り合ったことと思いますが、いかがでしょうか。

 だから人生はおもしろい。だから人生は豊かである。だから人生は楽しい。

 天の配剤に身を任せることが大切です。

 また、お説教をしてしまいましたね。ゴメンナサイ!

 なお、ガラス製品は妻が心をこめて彫刻したものです。

 「グラスアートセイ」で検索すると、いろいろな作品が出てきますので、ご覧になって下さい。

 私は71歳になりますが、つい先日、1人で北アルプス最深部にある水晶岳を4泊5日かけて登ってきました。

 まだまだ元気ですから、史ちゃんたちのお子さんと一緒にスキーをすることは、できますよ。

 楽しみにしています。

 どうぞ、お幸せに !

 市村安正・静枝