FC2ブログ
 文化庁が言葉の使われ方についての発表をしてから、それに関する反応が次々に寄せられています。

 言葉といえば広辞苑ですが、広辞苑は新しい言葉が出てきても、すぐ消えてなくなりそうなものは載せません。10年ほどたって安定的に使われるようになってから掲載するようです。
 私の持っている広辞苑は第二版、広辞林は第五版。どちらも何キロかの重さがあるので頻繁に使うと適度な運動になりました。今はすぐパソコンで調べられるので動き回っての気分転換になりません。

 辞典は新しい言葉が加えられるとともに使われなくなった言葉は消されてしまいます。言葉は意味が変わっても使われているうちはまだ生きていると言えるでしょうが、使われなくなってしまった言葉がかわいそう。ぜひ、死語辞典を作って再生してあげてください。

 私が子供のころは、しばや=芝居、じょうろ=女郎、まっつぐ=まっすぐ、などと言っているお年寄りが結構いました。今では落語でしか聞くことができません。

 天気予報でよく使われていた「宵の内」は、いつの間にか「夜の初めごろ」というようになってしまいました。この伝でいくと「朝の内」も「朝の初めごろ」になってしまうかもしれません。言葉は正確でさえあればよいというものではない、と思うのですが。

 英語もいろいろと変遷がありました。
 私たちは初対面の挨拶は何が何でもHow do you do? と習ったのですが、今で誰も彼もがNice to meet you. と言っています。
 最近の若い方はCoolを連発しますが、私たちの若いころは Hotと言っていました。ホットな情報、ホットなジャズなど。
 This is a pen.は日本のコメディアンが世界に発信して大ヒットになったジョークです。このことで日本人は誰もが英語でジョークを言う、と思われてしまったかもしれませんね。

 みんなで使えば怖くない。
 このことは日本だけでなく世界的に通用するようです。

 「間違いやすい慣用表現」の記事にあるように「反省モードは今すぐ解除を」したほうが、気が楽でしょう。


1 928 朝日新聞34面 言葉の意味 多用され変化
9/28 朝日新聞 34面 言葉の意味 多用され変化

2 930朝日新聞Be 間違いやすい慣用表現
9/30 朝日新聞Be 間違いやすい慣用表現

3 930朝日新聞Be コンファレンス
9/30 朝日新聞Be コンファレンス
 わが家前の荒川河川敷が会場の北区花火大会は小雨降るなか予定通りに行われました。

 去年までは赤羽花火大会というタイトルだったのですが今回から北区花火大会になったようです。

 日取りも去年までは10月の第2土曜日だったのですが、今回は今日9月の最終土曜日になりました。

 北区がスポンサーになったせいか、打ち上げ場所が複数個所に増え、連続打ち上げや同時打ち上げがなされるなど、バラエティーに富んだプログラムです。

 わが家前の土手もインターネットで穴場と紹介されているので通れないほどの人だかり。半数は傘でなく雨具を着ていました。迷惑なので傘は広げないようにとのインターネットでの呼びかけがあったからでしょう。

 1時間弱で事故もなく無事に終了しました。


1 北区花火大会2018
北区花火大会2018

2 北区花火大会2018
北区花火大会2018

3 北区花火大会2018
北区花火大会2018

4 北区花火大会2018
北区花火大会2018

5 北区花火大会2018
北区花火大会2018
 宮本勇さんが赤・ルリのペアで長ぐい吞みを彫刻しました。

 小鳥が花の蜜を啄ばもうとする文様です。


シートのカットが終わったところ
  シートのカットが終わったところ

シートのカットが終わったところ2
  シートのカットが終わったところ

完成1
  完成

完成2
  完成
 文化庁から言葉の使われ方についての発表がテレビや新聞を通じてなされました。

 文化庁の本来の役割は伝統文化の後継者育成や大衆文化への援助などですが、あまりにも予算が少ないので世論調査的活動でごまかしていると、うがった見方をするのは私だけでしょうか。

 先進国で文化庁があるのは日本だけです。良い意味ではありません。ほかの国では文化省やスポーツ省が独立していて日本とはケタ違いの予算がついているのです。

 ご存じのように文化庁は文部科学省の下部組織なのですが、その大本でコンプライアンスができず、続けて二人もの事務方トップがズッコケてしまいました。

 こんなことでは、文化庁が文化省に格上げになったなら、ますます個人的な利益誘導がなされてしまうでしょう。

 もっとも、個人的な利益誘導は国権のトップにも疑いがかけられているのですが、押しても引いても反応しない空回りする言葉を駆使して言いのがれています。

 言葉のコンプライアンスさえできない方が文科省を監督すべき立場にいるのですからどうにもなりません。

 政治家の言葉のコンプライアンス状況を文化庁がボトムアップしてくれると面白いのですが・・・。

 「音だけで意味を持たない言葉知るああ淀みない首相演説」(神戸市)山田みち子 9/23 朝日歌壇


1 926 朝日新聞37面 文化庁の国語調査
9/26 朝日新聞37面 文化庁の国語調査

2 923 朝日歌壇俳壇
9/23 朝日歌壇俳壇
 白髪の女性有名人といえば草笛光子・加藤タキさんなどが知られていますが、ある日テレビを見ていると何とも形容しがたい白髪の似合う女性が登場しました。
 近藤サトさんの再デビューとも言うべき姿です。フジテレビのトップアナウンサーだった近藤サトさんが姿を消し、その後、細々とナレーションしかやらなくなってから何年たったでしょう。

 それが突然、髪を染めることを止めての劇的なテレビ再出演を果たしました。それは男優が今までかぶっていたかつらを外してテレビカメラに頭頂をさらすことに等しいでしょう。例えれば、若大将が禿大将になってしまうことですから、それは営業上ありえません。

 近藤サトさんも営業上のリスクは十分に考えたと思います。しかし、それを乗り越えて、どう生きるか、を優先したとのこと。朝日新聞の天声人語には、東日本大震災がきっかけになった、と書かれていました。

 男も女も老いていくのは必然。それは徐々にくるものではない。あるとき、鏡に妙な風体の姿が写り、突然、それが自分だと気がつくのです。
 飾っても飾りきれない自分を発見したときの衝撃。ヤヤヤ! そして、唖然・茫然・愕然・・・。
 それまでも身だしなみは整えてきたのだが、そんなことではどうにもなりません。

 いっそすべてを解放して動物的に生きられれば簡単なのだが、人は社会を構成しているので、そうはいかない。

 そこで判断を迫られます。
 殆どの方は天皇皇后ご夫妻のように、身ぎれいに年なりに生きることを選ぶでしょう。

 ところが、なかには周防大島町で2歳児を救った尾畠春夫さんのように身ぎれいさを超越している方もおられます。

 善意を極限まで展開しつつ、孤高に生きる尾畠春夫さん。
 その姿に菩薩像が、ときには般若像が重なって見えてきたのは私だけでしょうか。

 外見は生き方を表します。


1 920 朝日新聞1面 天声人語
9/20 朝日新聞1面 天声人語
はな1

  「花の写真ニュース」は同級生の小野瀬壽(ひさし)くんが毎週発行しています。

はな2

勤めているデイサービスセンターのお年寄りたちの心の慰めになればと思い、自主的に始めたそうです。

はな3
A3版ですので4分割にしました。

はな4

クリックすると大画面、もう一度クリックすると最大画面になります。
花1

  「花の写真ニュース」は同級生の小野瀬壽(ひさし)くんが毎週発行しています。

花2

勤めているデイサービスセンターのお年寄りたちの心の慰めになればと思い、自主的に始めたそうです。

花3

A3版ですので4分割にしました。

花4

クリックすると大画面、もう一度クリックすると最大画面になります。

手紙
 日本橋三越で開かれている第65回 日本伝統工芸展を見てきました。
 地下鉄銀座線三越前駅で下車すると日本伝統工芸展への案内看板が出ています。

 今回は7階会場のエレベーターを降りて真正面がガラス工芸を含む諸工芸の展示場所になっていました。
 サンドブラストの作品は1点もありません。切子の作品は相変わらずバケツのような大きさで厚さが1センチもあるものが3点。鋳込み硝子の作品は弁当箱ほどの大きさのものが3点。あとは殆どが七宝焼でした。グラビールやルーターによる作品はありません。このままでは繊細なコールド技術は廃れてしまうでしょう。 

 別館の陶芸部門では入り口の目立つところに浦口雅行羽石修二の作品が置かれていました。
 浦口さんは人間国宝 三浦小平二の直弟子で石岡市在住の方。
 羽石さんは笠間市在住の方で私が愛用している器の作者です。

 染織部門の爆発的拡大が止まりません。ガラス工芸の淋しさとは反対に回を重ねるごとに質と量ともに上昇。今回は会場全体が着物の作品で取り囲まれてしまいました。

 なお、今朝9時にEテレで放送された日曜美術館「生きて流れよ」第65回 日本伝統工芸展は1週間後の9月30日夜8時に同じくEテレで再放送されます。


1 地下鉄三越前駅の案内看板
地下鉄三越前駅の案内看板

2 第65回 日本伝統工芸展
第65回 日本伝統工芸展

3 第65回 日本伝統工芸展
第65回 日本伝統工芸展

4 パンフレット
パンフレット

5 パンフレット
パンフレット
 9/16.17、妹のひろ子も演奏した崎元譲と仲間たちによるクロマティック・ハーモニカコンサートに行ってきました。

 会場はルーテル市ヶ谷センターです。市ヶ谷は江戸城のお堀端の一角にできた街。そのまた一角のキリスト教会でのハーモニカコンサート。何回か来ているので違和感はありませんが、よく考えてみると絶妙な組み合わせです。

 JR市ヶ谷駅はお堀の内側にあり、延長線上が緑地帯になっているので散歩コースとして最適です。

 お堀の外側には3本の地下鉄の共通駅があり、地上には食堂などの庶民的な店が並んでいます。

 市ヶ谷は大学や防衛省などがあるので、若い人が多いからでしょう。

 早めに行って、お堀端を散歩したあと、デニーズで食事をしました。

 コンサートは、いつもは初級者から始まるのですが、今回はコンクール入賞者からです。

 オープニングのアンサンブルはまるで小編成のオーケストラのよう。

 独奏で際立つ音色を顕わした方が伴奏に溶け込んでいく音色変化が得もいわれません。

 クロマティック・ハーモニカは繊細な楽器だと思ったら大間違い。

 グランドピアノに負けないダイナミックレンジ持っていることを改めて認識しました。


1 お堀
お堀

2 お堀端散歩コース
お堀端散歩コース

3 釣り堀
釣り堀

4 食堂など
食堂など
  
 西牧由美子さんが、お知り合いの方への結婚お祝いにと、ペアグラスを作りました。

 10年ほど前にサンドブラストのカリキュラムは卒業されて、お仕事も忙しくなったのを機に止められていたのです。

 素敵にデザインされた赤とルリのフロートグラスができあがりました。

 長いブランクがあったとは思えないほどの仕上がりです。


シートのカットが終わったところ1
  シートのカットが終わったところ

シートのカットが終わったところ2   シートのカットが終わったところ

ブラスト途中1
  ブラスト途中

ブラスト途中2
  ブラスト途中

完成1
  完成

完成2
  完成

完成3
  完成