FC2ブログ
 10/28.29、ダルマ会がホテルブランヴェール那須で行われました。

 巴中学を卒業した71歳と72歳の一行17名は、まず蔵の街、栃木に向かいます。

 巴波川(うずまがわ)沿いを散策。小京都気分を味わいました。

 故郷に近い佐原に雰囲気が似ています。

 次に那須高原に入ってすぐのトリックアートの館を見学。

 絵の使い方に驚愕。こんな絵の使い方があるなんて思いもよらないこと。あまりにもすごすぎてめまいがするというか、頭が痛くなるほどでした。

 ホテルブランヴェール那須には 3:30に到着。派手なところはなく、落ち着いた雰囲気を売りにしたホテルです。

 さっそく入浴。泉質は少し硫黄の匂いのする柔らかい感じ。内風呂も露天ぶろも広々としていて実に清潔でした。

 お料理も味・量ともに最上級。翌日の高速道路SAのレストランと比べてみてよく分かりました。

 さすが、木村観光社長ご推薦のホテルであると納得です。

 傾斜地の平らな部分だけを利用した建物なので、導線が複雑になってしまったことは仕方ないでしょう。

 今までで一番良いホテルでした。


1 ダルマ会 1
ダルマ会 1

2 ダルマ会 1
ダルマ会 1

3 ダルマ会 1
ダルマ会 1

4 ダルマ会 1
ダルマ会 1

6 ダルマ会 1
ダルマ会 1

5 ダルマ会 1
   
はな1

  「花の写真ニュース」は同級生の小野瀬壽(ひさし)くんが毎週発行しています。

はな2

勤めているデイサービスセンターのお年寄りたちの心の慰めになればと思い、自主的に始めたそうです。

はな3

A3版ですので4分割にしました。

はな4

クリックすると大画面、もう一度クリックすると最大画面になります。
花1

  「花の写真ニュース」は同級生の小野瀬壽(ひさし)くんが毎週発行しています。

花2

勤めているデイサービスセンターのお年寄りたちの心の慰めになればと思い、自主的に始めたそうです。

花3

A3版ですので4分割にしました。

花4

クリックすると大画面、もう一度クリックすると最大画面になります。

手紙
  アキアカネ

  1人だけ

  ぽつんと

  んっ こっちに

  私のあたまに
 
  秋がとまった

  音がとまった

  風がとまった

  時がとまった

  地球も止まった


  アキアカネ

  あっちに行った

  小さくなった

  空にのぼった

  見えなくなりそう

  なんにもないよ

  何しにいくの

  そう そうか 

  夕焼けを

  さがしにね

  幾千 幾万 

  友だちが

  いるような

  幻だけど

  解かっていても

  行ってしまう

  だめなんだ


1 アキアカネ
アキアカネ
 辰巳幸雄さんを訪ねて阿佐ヶ谷ジャズストリートに行ってきました。

 辰巳さんは86歳、美空ひばりなどの伴奏をしていた小野満とスイング・ビーバーズに在籍していました。

 その後、私と長い間ご一緒しています。

 相変わらずお元気で、馬力は衰えていません。

 その上に、ますます色気が加わり、とろけるような音を出していました。

 まいったな!


1 阿佐ヶ谷ジャズストリート
阿佐ヶ谷ジャズストリート

2 阿佐ヶ谷ジャズストリート
阿佐ヶ谷ジャズストリート

3 阿佐ヶ谷ジャズストリート
阿佐ヶ谷ジャズストリート

4 阿佐ヶ谷ジャズストリート
阿佐ヶ谷ジャズストリート

 よみうり川口センターの安藤幸恵さんがリリア3Fギャラリーで作品展を開催します。

 お母様の君香さんと一緒に、お花とガラスのコラボとのことです。
 
 お時間ありましたら、是非お立ち寄りください。


案内状
 案内状

ご案内
 案内状
 シロちゃんとミドリ君は仲良しです。

 ときどき浮島に上がってお話をします。

「そらは広いんだよー」「どこにでも行けるんだ」

「ぼくも飛んでみたいなー」「だけど、川もふかいよー」

「そうだろうなー、浅いところしか知らないけど」

「こんど、背中に乗せてあげようか」

「いやだよ、落っこちたらこうらが割れちゃうもん」


1 シロちゃんとミドリ君
シロちゃんとミドリ君

2 シロちゃんとミドリ君
シロちゃんとミドリ君

3 シロちゃんとミドリ君
シロちゃんとミドリ君

4 シロちゃんとミドリ君
シロちゃんとミドリ君

5 シロちゃんとミドリ君
シロちゃんとミドリ君

 私は、日本だけで発展し、世界に相手にされないスポーツをガラ系スポーツと言っています。

 例えば、高校野球・スキー技術大会・相撲・駅伝などです。

 スポーツは元々、その地域の社会的な争いごとをゲーム化し、洗練させたものですから、その発祥の地の道徳や社会通念を引きずっていても仕方ありません。

 それらが、洗練されていく段階で世界基準に合ったものだけが残り、発展してきました。

 ですから、ガラ系スポーツは日本型封建制が色濃く残り、世界基準に合ってないものと言えましょう。

 元来、スポーツは個人の意思のもとで行われるからスポーツなのであって、上からの命令で行われるのであれば、それは体罰や虐待になってしまいます。

 このだれでも分かっていることが、選手は、いざとなると分からなくなってしまうのです。

 何百年も続いた日本型封建制のドグマが若者の心にまで染みついてしまって取れません。

 朝日新聞の「駅伝選手骨折、はって200m 称賛と批判」の記事にはルール改正の必要があるとのことですが、選手が忖度してしまうことを払拭しないことには、いくらルール改正をしても同じでしょう。

 選手が自己を確立できなければ、何をやってもうまく行きますまい。

 自主性・自己確立をした上で、高校野球のピッチャー交代なども本人の意思でできるようにするべきです。

 私事ですが、山頂手前で、いくつの山をあきらめたことか。


1 1024 朝日新聞 33面 「駅伝選手骨折、はって200m 称賛と批判」 
10/24 朝日新聞 33面 「駅伝選手骨折、はって200m 称賛と批判」
はな1

  「花の写真ニュース」は同級生の小野瀬壽(ひさし)くんが毎週発行しています。

はな2

勤めているデイサービスセンターのお年寄りたちの心の慰めになればと思い、自主的に始めたそうです。

はな3

勤めているデイサービスセンターのお年寄りたちの心の慰めになればと思い、自主的に始めたそうです。

はな4

クリックすると大画面、もう一度クリックすると最大画面になります。
花1

  「花の写真ニュース」は同級生の小野瀬壽(ひさし)くんが毎週発行しています。

花2

勤めているデイサービスセンターのお年寄りたちの心の慰めになればと思い、自主的に始めたそうです。

花3

A3版ですので4分割にしました。

花4

クリックすると大画面、もう一度クリックすると最大画面になります。

手紙

クリックすると大画面、もう一度クリックすると最大画面になります。