FC2ブログ
はな1

  「花の写真ニュース」は同級生の小野瀬壽(ひさし)くんが毎週発行しています。

はな2

勤めていたデイサービスセンターのお年寄りたちの心の慰めになればと思い、自主的に始めたそうです。

はな3

A3版ですので4分割にしました。

はな4

クリックすると大画面、もう一度クリックすると最大画面になります。
花1

  「花の写真ニュース」は同級生の小野瀬壽(ひさし)くんが毎週発行しています。

花2

勤めていたデイサービスセンターのお年寄りたちの心の慰めになればと思い、自主的に始めたそうです。

花3

A3版ですので4分割にしました。

花4

クリックすると大画面、もう一度クリックすると最大画面になります。

手紙
 作曲家の風間文吾さんが駒込カフェ ラソンブルをオープンしました。

 駒込駅東口改札口を左に出て直進、4つめのビル2Fです。
 
 歩いて1分もかかりません。

 店内は広々としていて、真ん中に10人以上座れる大テーブルがあり、その回りに4人ボックス席が数組あります。

 全面ガラス張りの席からは通りを見渡すことができるので、リラックスしたい方はそちらを利用するとよいでしょう。

 ゆくゆくは夜のライブショーもやりたいとのこと。

 駒込駅はツツジが見ごろです。

 六義園はいつ散策しても癒されるでしょう。

 駒込カフェ ラソンブルは豊田ラソンブルと姉妹店です。

 豊島区駒込2-15-8 高野ビル2F 駒込カフェ ラソンブル
          03-5980-7445 

1 駒込1 駒込駅東口方向 電車が見える駅東口方向
駒込駅東口方向 電車が見える

2 逆方向
逆方向

3 駒込カフェ ラソンブル
駒込カフェ ラソンブル

4 駒込カフェ ラソンブル
駒込カフェ ラソンブル
 久しぶりに新宿末広亭に行ってきました。

 以前は、末広亭の裏にあった布哇庵(ハワイアン)で演奏したあと、良く寄り道したものです。

 その、常磐ハワイアンセンターの先生も務めた清水峰生さんのライブハウスも、ついにクローズしてしまいました。

 末広亭は健在です。昔と全く変わっていません。椅子席の周りが畳敷きになっていて下足を脱いでくつろぐことができます。空いているときは寝転んでいる客もいました。飲み食いも自由です。
 昼の部と夜の部があり、途中に中入りといわれる休憩があります。通常、昼夜の入れかえはありません。

 昼の部中入り後の1時間半ほどを鑑賞しました。
 柳家海舟の「ちりとてちん」はいろいろなものを食べる仕草が見どころです。「まんじゅう怖い」に似た筋立てで、断りながらもいろいろな食べ物を要求するのですが、最後に珍しい台湾の食べ物で豆腐の塩辛のような「ちりとてちん」を食べる仕草が何とも言えません。
 とりは柳家小里んの「くもかご」でした。これも有名な古典落語で雲籠(雲助の籠)を蜘蛛籠に引っ掛けたものです。小里んは老齢なので、ろれつが怪しいのですが、酔っぱらいが出てくる場面を引き延ばして、それをカバーするといううまいやり方でした。

 ジャズメンには落語好きが多く、落語家にはジャズファンが多いことは、よく知られています。
 ミッキー カーチスやクラリネットの北村英治氏は名前をもったアマチュア落語家ですし、ベニーゴールソンとの交遊で知られる歌手のM・Yさんは落語家さんと結婚していました。
 
 ジャズと落語は脳を使う部分が同じだと言われています。


1 新宿末広亭
新宿末広亭

2 パンフレット
パンフレット

3 パンフレット
パンフレット
 赤、ルリ色のぐい吞みにバラ文様を彫刻しました。

 バラの花を飾って、お二人で冷酒はいかが?

 ショッピングページにアップしました。


シートのカットが終わったところ1
  シートのカットが終わったところ

シートのカットが終わったところ3
  シートのカットが終わったところ

完成1
  完成

完成2
  完成

完成3
  完成

完成4
  完成  グラスの底にも一輪入れました
 きのう行われた万座温泉ホテル日進館フロアーショーは今までで一番盛り上がりました。

 大橋節夫Jrライブをインターネットで検索した団体さんが押し寄せたのです。

 アンコールの演奏は初めてでした。

 隠れファンがいたことに驚きです。

 この分だと5月11日のラソンブルライブもパニックでしょうか。

 うれしい悲鳴です。


 標高1800mの万座温泉はスキーができるほど雪がありました。

 もちろん、もうリフトが止まっているので、それはできません。

 車両通行止めの道路を万座峠まで1時間ほど散歩しました。


1 万座温泉ホテル日進館
万座温泉ホテル日進館

2 万座温泉ホテル日進館
万座温泉ホテル日進館

3 万座温泉スキー場
万座温泉スキー場

4 観音堂
観音堂
 小野瀬壽君の短歌がNHK『短歌』4月号に掲載されました。

 私の歌がNHK『短歌』4月号に掲載(73ページ)されましたのでこれまで掲載していただいたことに御礼を申し上げるとともにテキストを送って報告させていただきました。

子供らはお焦げのおにぎり食べたくて釜戸の中に薪(まき)を燃(く)べてた
 
 おこげのおにぎりに醤油をかけて食べるのが何よりの楽しみでした。


 この歌は「子ども」の題詠です。小野瀬君はこの歌を含め、題詠が得意であることが今までの実績でよくわかります。歌題は歌の半分ほどをつくってしまいますから歌題が悪いとよい歌はできません。松村由利子さんの題はいつもよい歌を導き出してくれています。


NHK『短歌』4月号
NHK『短歌』4月号

72,3ページ
NHK『短歌』4月号(72,73ページ)

NHK『短歌』4月号(73ページ)
NHK『短歌』4月号(73ページ)
はな1

  「花の写真ニュース」は同級生の小野瀬壽(ひさし)くんが毎週発行しています。

はな2

勤めていたデイサービスセンターのお年寄りたちの心の慰めになればと思い、自主的に始めたそうです。

はな3

A3版ですので4分割にしました。

はな4

クリックすると大画面、もう一度クリックすると最大画面になります。
花1

  「花の写真ニュース」は同級生の小野瀬壽(ひさし)くんが毎週発行しています。

花2

勤めていたデイサービスセンターのお年寄りたちの心の慰めになればと思い、自主的に始めたそうです。

花3

A3版ですので4分割にしました。

花4

クリックすると大画面、もう一度クリックすると最大画面になります。

手紙
 きのう赤羽駅からバスに乗ったとき、荒川土手の芝桜を見に行く方々を運転手さんが丁寧に案内していました。

 私どもは、荒川土手の芝桜は身近過ぎて「また今年も咲いたか」くらいにしか思っていません。

 ところが、ほかから多くの方々が見に来ることを考えると、おろそかにできなくなってしまいました。

 行ってみると、芝桜はいつものとおりでしたが、ソメイヨシノが一本だけ名残惜しそうに咲いています。

 まさに、残る桜も散る桜。

 ろうそくの灯が消える直前の輝きでありましょう。

 妻の知人が100歳の方に「105歳まで生きて欲しい」と言ったら「期限を決めないでくれ」と言われたそうです。

 「桜さん頑張って下さい! あと何日かとは言いませんから・・・」


1 荒川土手の芝桜
荒川土手の芝桜

2 荒川土手の芝桜
荒川土手の芝桜

3 荒川土手の芝桜
荒川土手の芝桜

5 残る桜
残る桜

6 残る桜
残る桜