FC2ブログ
 改元おめでとうございます。

 これで多くの方々が昭和→平成→令和を生きることになりますね。

 10年一(ひと)昔の区切りで考えると、平成は三(み)昔、ちょうどよい長さ、しかもその名のとおり平和が成り立った30年でした。

 しかしながら、政府が憲法を踏みにじり、いつでも戦争ができる国にしてしまったのも平成のできごとです。

 それに対して平和憲法維持を、身をもって示された最も顕著な方が平成天皇だったのではないでしょうか。

 憲法に記された象徴の意味を考え、それを平和に結び付け、見事にバトンタッチされたように思います。

 平成天皇への感謝の辞を述べた国民の代表が、平和憲法を踏みにじった最も顕著な方だった方だということは「国民は戦争を望んでいる」ということになってしまいますが、それでよいのでしょうか。

 平成時代がそうであったように、令和の時代も、日本から戦死者が一人も出ないこと願ってやみません。


1 朝日新聞 令和元年 5月1日 第1面
朝日新聞 令和元年 5月1日 第1面

2 朝日新聞 令和元年 5月1日 特集ページ
朝日新聞 令和元年 5月1日 特集号

3 朝日新聞 令和元年 5月1日 番組表
朝日新聞 令和元年 5月1日 番組表