FC2ブログ
 今の若い方は分解掃除と聞いてもピンとこないでしょう。

 私たちの若いころは分解掃除といえば腕時計をオーバーホールしてもらうことでした。

 機械式腕時計は歯車や部品の間にゴミがついたり、油が切れたりします。4,5年使って遅れが出始めると分解掃除をしなければなりません。

 時計屋さんにもっていくと、まず裏ぶたをパチンとあけて中を点検します。その瞬間を逃さず一緒に覗き込むと、テンプが動いているのが見えます。その時のワクワク感といったら今でもゾゾッとします。
 機械小僧にとって腕時計は究極のツールですから。

 機械小僧の私が初めて分解掃除をしたのは自転車でした。わが家は自転車屋だったので。

 父は、独身時代は鉱山技師で大型機械を扱っていました。そのせいか軍隊では自動車部隊に配属され、ボルネオ島のジャングルで骨身を削る思いをしたようです。
 ですから、自転車の修理や組み立てなど、お茶の子さいさいだったのでしょう。あまりやる気はなく、作業場は私の遊び場にもなっていました。
 私は見よう見まねで自転車をいじっているうちに何となく分解と組み立てができるようになりました。

 スポーク・クランク・ハブなどの専門用語は今でも覚えています。おかげで、ハブ空港という言葉に初めて出会った時もすぐにその意味がわかりました。
 「ノミといったらカナヅチ」との父の言葉は今でも覚えています。現実にはドライバーといったらプライヤーでした。ネジはオスとメスが一対になっているので。
 困ったことは力がないのでそのネジを最後までしめることができず、すぐにゆるんでしまうことです。

 小6で父親が急死したとき、中古の部品がちょうど1台分残されていました。それを自分で組み立てて中学校に通ったのですが、ネジがすぐにゆるんでしまい、何回もしめ直しをしました。やっとゆるまなくなったのは高校生になってからです。そのころにはタイヤがボロボロになってしまい、接ぎを当てて乗っていました。

 分解掃除はお手の物、楽しかったです。

 そのころの思い出とともに、ただ一つ残された父の遺品があります。
 それは父自作の「スポーク切り」という工具。
 鍛冶屋に言ってやってもわからないので自分で打ったそうです。
 捨てられません。
 使い道はないけれど・・・。


1 スポーク切り
スポーク切り
 ピアニストの藤田真央君がチャイコフスキー国際コンクールで2位になりました。

 新聞ではチャイコフスキー国際コンクールを世界3大コンクールの1つとしていますが、実質的には世界最高峰にして最難関と言えるでしょう。

 ショパン国際コンクールはピアノだけに偏っているし、エリザベート王妃国際音楽コンクールは専門家にしか知られていないので。

 私は前回の真央君についてのブログで、100年に1人の逸材、と紹介していますが、まさにその道をまっしぐら。

 これで、もう一緒にスキーをやることもないかなー、と思いましたが、いや違うかもしれません。

 テレビで見たのですが、氷水に手をつけてから演奏するなど、彼にはワイルドな面がありますから。

 菅平ホテルマッキンレーでは76鍵しかない電気ピアノを事前に確かめることもなくぶっつけ本番で演奏しました。

 そういえば、バイオリンの諏訪内晶子さんが同じチャイコフスキー国際コンクールで優勝したときのこと。
 弟さんがマッキンレージュニアスキースクールに来ることになっていたのですが、ご家族は受賞を予想していなかったらしく、お姉ちゃんのことで大騒ぎになってしまいスキーに行くことができません、とお母さんから連絡があったことを思い出しました。

 どういうわけか、ホテルマッキンレーはジャズだけでなく、クラシックにも関連性があるのです。


1 628 朝日新聞夕刊12面 社会・総合
6/28 朝日新聞夕刊12面 社会・総合

2 629 朝日新聞35面 社会
6/29 朝日新聞35面 社会
 安藤幸恵さんが食前酒グラスに干支のイノシシ文様を彫刻しました。

 リリア展にも出品しました。


カット完了1k
    カット完了

カット完了2
    カット完了

完成1
    完成

完成2
    完成

リリア展
    リリア展
虫が 虫をパクッと なんの脈絡もなく
蛇が ちょろちょろ カラスが追いかける
猫が いちもくさん 庭を横切って道路に 
犬が まとわりつく 飼い主にではなく

私は 呼吸をしている 何の考えもなしに
私の 心臓は脈を打つ そうだんなく勝手に
私の 胃袋はすぐ動く 食物が入れば自動だ
私の 腸や肝臓も働く もくもくと仕事を

川は ひっそりと 人知れず ただ下る
山は から威張り 恥知らず 自己主張
空は ぱなし けとばし あっけらかん
風は 見えず さわれず けれどそばに

月は 見られるのを期待している
星は うしろに隠れるのが得意だ
銀河 織り姫と彦星がひそやかに
人工衛星 やたら忙しく駆けっこ

虫も 蛇も 鳥も 動物も 
自然も 地球も 宇宙さえ
みんな みんな生きている
生きるとは 存在すること

赤ちゃんが おっぱいに
無心に 吸いつくように
くいくい ちゅぱちゅぱ
無心に 無心に 無心に

くいくい ちゅぱちゅぱ
くいくい ちゅぱちゅぱ


1 くいくい ちゅぱちゅぱ
くいくい ちゅぱちゅぱ

 小野瀬壽君の短歌が角川『短歌』6月号に掲載されました。

 私の歌が角川『短歌』6月号に掲載(209ページ)されましたのでこれまで掲載していただいたことに御礼を申し上げるとともにテキストを送って報告させていただきました。

「苦しみの和(やわ)らぐ花かレンゲソウ」と花言葉言うホームの恩師は

 老人ホームに94歳の恩師を訪ねた時、レンゲソウの花の寫眞を見ながら恩師がつぶやいた花言葉です。


 蓮華草は、よく見ると可憐にして華やか。合わせて一抹の寂しさがあります。それゆえ俳人の瓢水ひょうすい)は遊女に例えたのでしょう。
 花言葉の「苦しみを和らげる・悲しみを和らげる」からは優しさや癒しの心を感じます。
 恩師の人柄そのものなのですね。


角川『短歌』6月号
角川『短歌』 6月号

角川『短歌』6月号(209ページ)
角川『短歌』 6月号 (209ページ)
はな1

 「花の写真ニュース」は同級生の小野瀬壽(ひさし)君が毎週発行しています。

はな2

勤めていたデイサービスセンターのお年寄りたちの心の慰めになればと思い、自主的に始めたそうです。

はな3

A3版ですので4分割にしました。

はな4
花1

 「花の写真ニュース」は同級生の小野瀬壽(ひさし)君が毎週発行しています。

花2

勤めていたデイサービスセンターのお年寄りたちの心の慰めになればと思い、自主的に始めたそうです。

花3

A3版ですので4分割にしました。

花4

クリックすると大画面、もう一度クリックすると最大画面になります。

手紙
 今日の気温は20度前後。うすら寒い感じがします。

 梅雨の間によくあるこのような模様を半夏(はんげ)というのかもしれません。

 今年の時候の「半夏生」は7月2日です。

 「半夏」という植物が生える頃という意味で「半夏生」といわれるとのこと。

 ところが、この「半夏」という植物は、いわゆる「半夏生」とは全く違うもので、カラスビシャク(烏柄杓)という草なのだそうです。

 それは菅平によく生えているマムシグサにそっくりの、おどろおどろしいもの。

 いくらなんでも時候を表す植物としては釣り合いが取れません。

 サツキやシュンランなどは時節そのものですから。

 それゆえ、ちょうどこの時期に葉が半分化粧するような植物を半化粧にかけて半夏生(はんげしょう)というようになったのでしょう。

 としのう(足立区都市農業公園)に行くと流れの中に半分浸かった「半夏生」を見ることができます。

 これぞ「半夏生」の中の「半夏生」ですね。


1 流れ としのう
流れ としのう

2 半夏生 としのう
半夏生 としのう

3 半夏生 としのう
半夏生 としのう

4 半夏生 としのう
半夏生 としのう

5 半夏生 としのう
半夏生 としのう

6 紫陽花 としのう
紫陽花 としのう
 6/19の朝日新聞に「トイレの民主主義」との記事が掲載されました。

2 619 朝日新聞14面 経済気象台
6/19 朝日新聞14面 経済気象台


 LGBTの方たちのためにトイレのジェンダーフリー化がなされつつあるとのことです。

 すでに日本では母子用や身体障害者用が一般化されています。それらの数を増やして誰でも使えるようにすればオールフリーとなるでしょう。

 これまでにも示していますが、民主主義は多数決が原則なので少数派が置き去りにされてしまいます。ですから民主主義を良いものにするためには少数派対策がどうしても必要です。そのためには多数派対策のための何倍もの経済的負担や精神的負担が必要です。 
 経済的負担は税金で行われます。最近は人頭税的な意味合いの濃い消費税がとりいれられているので、より万人が恩恵を受けるべきでありましょう。

 問題は精神的負担、つまり意識改革です。
 サッカーやマラソンを女子がやるということなど、以前は常識外でした。
 今でも土俵の上には、たとえ人命救助であっても女性が上がることはできません。
 意識改革はそれほど難しいのです。
 そのことは、私たち一人一人の心の中に民主主義の敵が潜んでいるということでありましょう。
 この敵とは徹底的に戦わねばなりません。

 そして、裁判員や自治会やPTAなどのボランティア活動をすることが何よりも、民主主義の未完成部分を補うことになるでしょう。

  宮本勇さんが展開タンブラーにヨット文様を彫刻しました。

  赤色のみグラスの下部に切子細工がしてあります。

 宮本さんはいつでもルリ色とのペアで作りますから、模様の置き方に苦労したようです。


シートカット完了1
  シートのカット完了

シートカット完了2
  シートのカット完了

完成1
   完成

完了2
   完成

完成3
   完成