FC2ブログ
 どういうわけか、毎朝、日の出の時間、この場所に集まってくる散歩愛好家がいます。

 北赤羽から荒川右岸を下り、西新井橋を渡って周回する途中の人も。

 誰からともなく、太陽に向かって手を合わせます。

 今日も1日、良い日でありますように・・・。

 けっこう時間をとるのですよ。

 外国人がみたら、宗教団体の集まりだと思うでしょうか。

 向こう岸に向かって、大声で人の名前やペットの名前を叫ぶし・・・。


1nDSC02990.jpg
日の出

2hDSC02972.jpg
日の出

3DSC02993.jpg
ご来光礼拝

4yDSC02994.jpg
ご来光礼拝
 あいまいな新型コロナウイルス対策でも死者が少なく、医療崩壊にならなかったのは、日本人の性格や資質が良いから、との欧米の見解が報じられています。

 へー、そうかなぁー。

 特殊詐欺などという若者による姑息な老人虐待は日本だけだと思うけど。

 あおり運転はよく見るし、されたこともあるよ。

 ほかにも、ゴミは袋ごと路上に捨ててあるし、散歩の休憩場所には吸い殻が散乱。

 政権の中枢を担う人でさえ、嘘とごまかしでとりつくろい、のらりくらりと責任を取らない。

 とても、性格や資質が良い、とは思えないけど・・・。

 罰則がなくても外出制限を守る日本人は欧米人と比べて性格や資質が良いのではなく、文化が違うからでありましょう。

 「恥の文化と罪の文化」、これは、かねてから散々いわれてきた日本と欧米の違いです。

 ほかの人と一緒でなければ恥ずかしい。 ほかの人より神のいうこと。

 島国で波風を立てずに連綿と生き抜いてきた知恵。荒野や荒海に敢然と立ち向かい住処を広げてきた知恵。

 平均を求めつつ、わずかに見栄をはる志向。平均を嫌がり隙あらば集団から抜きんでる志向。

 どちらの性格や資質が良いのでしょうか。

 これは、良い悪いの問題ではありませんね。

 文化の違いは風土の違いですから、単にその環境に即しているだけのこと。

 無理やり正解を引き出すならば、大きな意味で郷に入れば郷に従え、ということでしょうか。

 ただ1つ、いえるのは、コロナ後には、この2つの志向が近づいていくこと。

 マスクなど見たこともない人もするようになり、「並ぶ」という言葉すら知らなかった人たちも、自然に列をつくるようになるでしょう。


CIMG0hs093.jpg
5/30 朝日新聞be9面 「日本人は勝手にやってきた」

 これも、島国文化が育んだものでありましょう。
 高さ12㎝ほどの緑色の一輪差しに彫刻しました。

 猫のうしろ姿とバラのつぼみのデザインです。

 緑色を多く残したかったので文様の部分だけに砂を当てました。

 段彫り技法を使い、立体的に表現しています。


シートカット完了1
  シートカット完了

シートカット完了2
  シートカット完了

完成1
  完成

完成2
  完成
 コロナ禍で閉鎖されていた図書館が緊急事態解除とともに、やっと開きはじめました。

 さっそく出かけて、借りていた本を返したのですが、新しく借りることはまだ、できません。

 予約貸し出しだけでも、早くもとに戻ってほしいものです。

 きのうの朝日新聞天声人語には、江戸時代後期にはすでに図書館に類するものがあった、と記されていました。

 当時の日本の識字率は世界一だったのではないでしょうか。

 このことが、明治初期に一気に文明開化が進んだ原動力になったと思われます。

 また、同じ朝日新聞の9面には「芸術は産業 保護厚い欧州」との記事が掲載されました。

 特にフランスは芸術立国ですから、芸術なしでは国が成り立ちません。

 文化省の予算は世界一。

 日本には文化省はなく、文化庁だけが細々と。

 これらの2点、つまり、勉学と芸術をどうとらえるかは、人により、国により、かけ離れていることがおわかりでしょう。

 不要不急なものとして切り捨てても平気な人や国は、ある意味では仕合せといえるかもしれません。

 読書は、私にとってはご飯のようなもの。おかず類での一時しのぎはつらいものでした。

 音楽は、私にとって呼吸のようなもの。音楽がなければ窒息しそう。

 これらに不自由したことが、かえって不要不急なものの大切さを教えてくれました。 

 実は、この不要不急なものこそが人類の存在条件なのですが。

 4万年前、不要不急なことに取り組まなかったネアンデルタール人は絶滅してしまいました。

 不要不急な遊びごとに熱中するクロマニョン人だけが生き残り、世界中に繁栄していったのです。


1hDSC02988.jpg
5/27 朝日新聞 天声人語

2sDSC02987.jpg
5/27 朝日新聞9面 「芸術は産業 保護厚い欧州」

 小野瀬壽君の短歌がNHK『短歌』6月号に掲載されました。

 私の短歌が『NHK短歌』6月号に掲載(59ページ)されましたので、これまで掲載していただいたことにお礼を申し上げるとともにテキストを送って報告させていただきました。

「ボルネオで蛇や鼠も食べたよ」と激戦語る市村さんは

 
市村君のお父さんが太平洋戦争に従軍し、ボルネオ島から戦闘と空腹に耐えて奇跡的に生還したことを中学時代に市村君から聞いた話です。

 
父は1部隊3000人中、35人の生き残り。母と姉が乗った台湾からの引き上げ船は先行した船も後続の船も機雷接触により沈没、乗客乗員全員死亡、母と姉の船だけが無事でした。私は、その1年後の生まれです。おそらく、いま生きている人は多かれ少なかれ奇跡に恵まれた人なのでしょう。

NHK『短歌』6月号
NHK『短歌』6月号

NHK『短歌』6月号(59ページ)
NHK『短歌』6月号(59ページ)
はな1

「花の写真ニュース」は同級生の小野瀬壽(ひさし)君が毎週発行
しています。

はな2

勤めていたデイサービスセンターのお年寄りたちの心の慰めになれば
と思い、自主的に始めたそうです。

はな3

A3版ですので4分割にしました。

はな4

クリックすると大画面、もう一度クリックすると最大画面になります。
花1

「花の写真ニュース」は同級生の小野瀬壽(ひさし)君が毎週発行
しています。

花2

勤めていたデイサービスセンターのお年寄りたちの心の慰めになれば
と思い、自主的に始めたそうです。

花3

A3版ですので4分割にしました。

花4

 クリックすると大画面、もう一度クリックすると最大画面になります。

手紙
 コロナウイルス対策のため、妻に髪をカットしてもらいました。

 自前で散髪をするのは何十年ぶりでしょう。

 なにせ、川口に住み始めてすぐ、小学生の長女の同級生の理髪店に通うようになって以来ですから。

 その長女も、もう50歳を過ぎたので。

 そのヘアーサロンダンディのマスターはカイロプラクティックと気功の達人でした。

 ヘアカットが終わるとカイロか気功か、どちらかをサービスしてくれるのです。

 カイロプラクティックは首をバキッと折るような動作をするので、私はもっぱら気功をお願いしました。

 気功は10cmほどの距離に手をかざすだけで、他には何もしません。

 それだけでカイロプラクティックと同じ効果があるのです。

 肩凝りが治り、全身が楽になって、頭もすっきりします。

 終わると、世の中が明るく見えるのが何とも不思議でした。

 今思うと、父の暴力で体が変形してしまった母が痛みを解消するため通った怪しげな治療院が気功師の家でした。

 何せ、手をかざしただけで患者が恍惚とした表情になり、歩けなかった人が歩いて出てくるのですから、子供の私が見ても何かインチキくさいと思ったものです。

 母には何度も、本当に痛くなくなったのか、ときくと、本当だ、といいます。

 その石岡の薄暗い治療院には、いつも大勢の患者が待っていました。

 ですから、気功は体験した人でなければ分らないと思います。

 私はマスターから本を借りて勉強もし、呼吸法なども教えてもらいましたが、結局わからずじまいでした。

 おそらく、集中力などの才能と独特の体質に恵まれた方だけが可能な個人差の大きい分野と思われます。

 今ではそのヘアーサロンダンディも息子さん、つまり長女の同級生に代替わりをしています。

 しかも、奥さんも同級生。

 コロナウイルスが収束したら、またお願いすることにしましょう。

 自前散髪で昔を思い出してしまいました。 


1pCIMG0042.jpg
自前散髪

2gCIMG0043.jpg
自前散髪

3kCIMG0047.jpg
自前散髪

4tCIMG0051.jpg
自前散髪
 ナヨクサフジとは、なよなよとした草藤の意味でありましょう。

 荒川の大水で種子が運ばれたようです。

 去年の台風15号と19号はオオカワヂシャ菜の花だけではなく、もう1つナヨクサフジを運んで来ました。

 正確にいうとオオカワヂシャと菜の花は荒川河川敷に、ナヨクサフジは荒川土手に運ばれたようです。

 種が含まれた土砂の比重に関係があるのでしょうか。

 去年まで、そこはカラスノエンドウの天下でした。

 それがナヨクサフジの下克上に合い、この春からカラスノエンドウは目立たない脇侍のような存在です。

 もっと目立たない足軽のようなスズメノエンドウもありました。

 荒川土手の花たちは今ちょうど関ケ原の合戦が終ったところで、これから徳川時代のようなナヨクサフジの天下が始まるのでしょう。


1gDSC02932.jpg
ナヨクサフジ

2rDSC02938.jpg
ナヨクサフジ
 ルリ色のオールドグラスに梅の花文様グラスを彫刻しました。

 全体に梅の花を散らした沈め彫り技法です。


シートカット完了
 シートカット完了

ブラスト途中2
 ブラスト途中

ブラスト途中4
  ブラスト途中

ブラスト途中3
 ブラスト途中

完成1
 完成

完成2
 完成