FC2ブログ
はな1

「花の写真ニュース」は同級生の小野瀬壽(ひさし)君が毎週発行
しています。

はな2

勤めていたデイサービスセンターのお年寄りたちの心の慰めになれば
と思い、自主的に始めたそうです。

はな3
A3版ですので4分割にしました。

はな4

クリックすると大画面、もう一度クリックすると最大画面になります。
花1

「花の写真ニュース」は同級生の小野瀬壽(ひさし)君が毎週発行
しています。

花2

勤めていたデイサービスセンターのお年寄りたちの心の慰めになれば
と思い、自主的に始めたそうです。

花3

A3版ですので4分割にしました。

花4

クリックすると大画面、もう一度クリックすると最大画面になります。

手紙
 今年もゴーヤーがなり始めました。

 一口にゴーヤーといってもいろいろな種類があります。

 一応、種袋に表示してありますが、実際には育ててみないとわかりません。

 実のなるものだけを選んだつもりでも、ならなかったものも結構あります。

 今回は白ネズミのようなゴーヤーも。

 これは成功しました。

 小さくて食べづらいですが、かわいいです。


1sDSC03145.jpg
ゴーヤー

2kDSC03147.jpg
ゴーヤー

3nDSC03149.jpg
ゴーヤー
 早朝散歩フォトアラカルト


1mDSC03096.jpg
早朝散歩アラカルト

2rDSC03077.jpg
早朝散歩アラカルト

3wDSC03076.jpg
早朝散歩アラカルト

4gDSC03085.jpg
早朝散歩アラカルト

5uDSC03093.jpg
早朝散歩アラカルト

6uDSC03088.jpg
早朝散歩アラカルト
 ルリ色と紫色の玉足ワイングラスに彫刻しました。

 バラ文様を大きく片面に置き、反対面は色を残してレース風にまとめてあります。

 バラの花びらは段彫りで仕上げました。


シートカット完了ルリ
   ルリ色 シートカット完了 

シートカット完了紫
   紫色 シートカット完了

ブラスト途中ルリ
  ルリ色 ブラスト途中 段彫りにしています

ブラスト途中紫
   紫色 ブラスト途中 段彫りにしています

完成ルリ
  ルリ色 完成

完成るり
  ルリ色  完成(反対側から見た感じ)

完成紫
  紫色 完成

完成紫2
   紫色 完成(反対側から見た感じ)
 5月7日に植え付けたハヤトウリが驚くほど大きくなりました。

 雨が降ると新芽とつるが一気に2,30cmほど伸びます。

 見るからに食べられそうなので、調べてみると炒め物がよいとのこと。

 さっそくやってみました。

 新芽はニンニクの茎のような感じ。

 つるはまるでグリーンそうめん。

 青々としたビタミンの香り、というか、普通の野菜よりも濃い何かを感じました。

 でも、けして、おいしいものではありません。

 芋ずるやスベリヒユのような救荒食品と考えるべきでしょう。

 カロリー0ですから、ダイエットやヘルシー生活には良いかもしれません。


1jDSC03143.jpg
ハヤトウリ

2tDSC03109.jpg
新芽とつる

3pCIMG0104.jpg
新芽とつる

4hDSC03113.jpg
炒め物

5mCIMG0105.jpg
炒め物
 アド街ック天国で鉾田市が取り上げられました。

 野菜産出額が全国1位であることや、有名食事どころなどが上位に入っていましたが、私が注目したのは16位の「鉾田のなまりは茨城県屈指!?」です。

 茨城県屈指であることは日本屈指でありましょう。

 年に一度の同窓会でのネイティブたちの会話は私にはチンプンカンプン。

 まるで青森県か鹿児島県に来たよう。

 18歳まで住んでいたのですが。

 なぜ、最北最南の地ではなく、東京から近い鉾田がそうなのか。

 じつは、鉾田は縄文人最後の砦なのです。

 弥生文化は日本海側に上陸し、東進。

 東海道はまだなく、東山道のどん詰まりが鉾田でした。(縄文時代の地図)

 このとき、すでにこの地には、彼らが土蜘蛛と呼ぶ先住民がいたのです。

 常陸風土記に出てくる土蜘蛛は土ぶきの竪穴式住居に住んでいた縄文人だったのでしょう。

 三内丸山遺跡に行ってみると分かりますが、竪穴式住居の最も原始的なものは屋根に土を乗せたものです。

 以外に快適らしく、土浦出身の柳生博さんは八ヶ岳で屋根に土を乗せた家を建てました。

 
 「チャップイ、チャップイ、ドントがポチイ」というコマーシャルを覚えていますか。

 言語学者が縄文語をアレンジしたものらしいのですが、なんと鉾田語と似ているのでしょう。

 そう、もはやホコタ語というべき言葉には、やたら破裂音が多いのです。

 それはタイ語やインドネシア語の特徴ですから、先住者はスンダランド系の縄文人だったのかもしれません。

 これらの言語的・文化的な特徴は、裏を返せば鉾田の宝ではないでしょうか。

 ケセン語を打ち立て、日本国憲法までもケセン語に翻訳し発表した先進の地もあります。

 ぜひ、鉾田市民が一丸となってホコタ語によるホコタ王国を立ち上げて欲しいものです。

 訛りで町おこしを!


1yDSC03134.jpg
野菜産出額が全国1位

2gDSC03135.jpg
鉾田のなまりは茨城県屈指!?

3sDSC03142.jpg
茨城の中で鉾田が一番なまりが強い

4eDSC03137.jpg
ごじゃっぺ
方言集権論で「ごじゃっぺ」は熊本の「おてもやん」にでてくる「ぐじゃっぺ」は疑問

5xDSC03138.jpg
そうだっぺ あぁすっぺ

6nDSC03139.jpg
えがい
はな1

「花の写真ニュース」は同級生の小野瀬壽(ひさし)君が毎週発行
しています。

はな2

勤めていたデイサービスセンターのお年寄りたちの心の慰めになれば
と思い、自主的に始めたそうです。

はな3

A3版ですので4分割にしました。

はな4

クリックすると大画面、もう一度クリックすると最大画面になります。
花1

「花の写真ニュース」は同級生の小野瀬壽(ひさし)君が毎週発行
しています。

花2


勤めていたデイサービスセンターのお年寄りたちの心の慰めになれば
と思い、自主的に始めたそうです。

花3

A3版ですので4分割にしました。

花4

クリックすると大画面、もう一度クリックすると最大画面になります。

手紙
 としのう(足立区都市農業公園)がやっと平常開園になりました。

 とはいっても室内はマスク着用で人数制限もあります。

 子供たちの田植え体験は中止になりました。

 苗は小さな田んぼにしか植えてありません。

 大きな田んぼに雑草が生えているのを初めてみました。

 レストラン前には大勢のライダーが休憩しています。

 ライダーたちにはコロナの影響は少なかったのでしょう。

 久しぶりに子供たちの歓声を聞きました。


1yDSC03118.jpg
としのう平常開園

2mDSC03119.jpg
としのう平常開園

3hDSC03122.jpg
としのう平常開園

4wDSC03124.jpg
としのう平常開園

5kDSC03126.jpg
としのう平常開園

6qDSC03129.jpg
としのう平常開園