FC2ブログ
           第60回 日本伝統工芸展

日本橋三越本店 本館・新館7階ギャラリー9月18日[水]~30日[月]



 第60回 日本伝統工芸展をみてきました。

 私どもはガラス工芸のサンドブラストをやっておりますので、まず気になるのは諸工芸部門です。

 いつもですと2,3点のサンドブラスト作品があるのですが、今回は全く見当たりません。

 サンドブラストは截金(きりかね)や硯(すずり)などと並んで最も少数部門です。

 それにしても、今までゼロだったことはなかったように思うのですが・・・。

 関連する部門のグラヴィールでは松浦松夫 作 花器「海の舞」が、ただ一点、気を吐いていました。

 サンドブラスト作家の皆さん、発奮しましょう。


 さて、順路の最初には往年の名審査員の作品が特別陳列として飾ってあります。

 第60回を記念してのことでしょう。

 中でも目を引いたのは、市村家当主 富弘さんの従兄 人間国宝 三浦小平二 作の青瓷大鉢です。

 青瓷の作品は他にも多数展示されていますが、もちろん、小平二 作にかなうものはありません。

 一目瞭然ですので、ぜひ行ってみてください。


1 入場口
入場口


2 パンフレット表紙
パンフレット表紙


3 パンフレット裏
パンフレット裏


4 白磁鉢 中村清吾
白磁鉢 中村清吾


5 中野月白瓷深鉢 福島善三
中野月白瓷深鉢 福島善三


6 練継鉢 星野友幸
練継鉢 星野友幸

HP
第60回 日本伝統工芸展 日本橋三越本店
My Blog
第58回日本伝統工芸展
コメント
この記事へのコメント
残念ですね。

私も市村さんと知り合ってからサンドブラストを知りました。

作家さんも少ないのでしょうか?

宣伝も少なく生徒数も広がらないんですかね。

出来上がると素敵なのに・・・
2013/09/25(Wed) 17:14 | URL | hana | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック