FC2ブログ
 長野県は教育県として知られていますが、それは明治初期の筑摩県から引き継がれて広まったもので、その魁(さきがけ)となったものが旧開智学校でありましょう。

 登山や仕事で何回も松本に行き、松本城にも何回となく足を運んでいます。

 なのに、松本城からたった400mの旧開智学校にはなかなか行くことができません。

 今回、ダルマ会の団体行動から一時抜け出させていただいて、やっと念願を叶えることができました。

 ところが、月曜は休館日、しかたなく外観のみの見学となってしまい、残念でなりません。

 それにしても、隣接する現代の開智小学校もなかなかのもの、今でも教育費を惜しまない精神が良く分かります。


1 無情にも休館日の札が
無情にも休館日の札が


2 看板
看板


3 外国の方も
外国の方も


4 日本人も
日本人も


5 横から
横から


6 現代の開智小学校
現代の開智小学校


7 横から
横から
コメント
この記事へのコメント
江戸時代が終わっていくらも経たないのに素晴らしい建物で驚きです。

折角行ったのに本当に残念でした。悔しい思いですね。

今の小学校もまた素晴らしい。

学校とは思えない建物、長野県は凄いです。
2013/10/29(Tue) 17:51 | URL | hana | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック