FC2ブログ
 今年の芥川賞は小山田浩子さんの「穴」です。

 着想が素晴らしいですね。

 人は誰でも穴には執着心がありますが、それは本能的なものでしょう。

 子供は、大きな穴には入ろうとし、小さな穴にはすぐに手や指を入れようとします。

 大人は鍾乳洞に行ったり、ケイビングを趣味にしたりします。

 穴居生活をしていたころが懐かしいのでしょうね。

 それはそれほど古いことではなく、常陸風土記など、各地の風土記に記されています。


1 穴

 穴と言えばカマクラでしょう。


2 穴

 穴は芸術作品の絶好の素材でもあります。


3 穴



雪穴
雪穴


4 記事1
記事1


5 記事2
記事2
コメント
この記事へのコメント
受賞される作家さんはどちらもお若いですね(*^。^*)

物語はわかりませんが”穴”だけでストーリーを考え出せる作家さんて凄いですよね。

言葉と会話で何人もの人間を描く訳ですから、いろいろな人間像を作り上げる訳で、凄いとしか言えません。
2014/01/29(Wed) 17:25 | URL | hana | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック