FC2ブログ
                贈るうた

           吉野弘         花神社



 去る1月15日に87歳で死去した詩人吉野弘の作品集です。

 「もともと詩歌には人に贈る性質がある」ということで28篇を自選しました。

 もちろん、かの有名な「愚かでいるほうがいい 立派すぎないほうがいい」で始まる「祝婚歌」も入っています。

 そのほかにも、恋を知り初(そ)めた人に ・愛の終わりを知った人に ・老いを知り初(そ)めた人に、などの項目を上げて名作の数々を収録しました。

 自分の人生の岐路や節目に自身に贈ってもいいし、知り合いが人生の転機を迎えたときなどに贈ってあげても、さぞ喜ばれることでしょう。

 合わせて、著者が転載を承諾したウェブサイト「お気に入りの詩」も紹介します。


1 贈るうた
贈るうた
コメント
この記事へのコメント
迷いながら悩みながらの人生、岐路に立った時にいろいろな詩人や作家の小説やらお説教やら愛読している。

自分の道を探して70年生きても、いまだに迷いながらの日々送っています。

死ぬまで道を探し続けて無事にあの世に行けたら、最高の人生になるのかもしれません。
2014/02/26(Wed) 17:41 | URL | hana | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック