FC2ブログ
       東日本大震災を生き抜く

        鈴子陽一 つり人社


1

 鈴子陽一(すずこ よういち)氏は整骨院業や釜石の川と森を見つめる会会長など、もろもろの顔を持つひとですが、今回は釣り師としての眼で見た個性的な大震災報告書を書きおろしました。

 おそらく、被災当事者の出版物としては最も早いものと思われます。

2 大震災

 ライフラインは何が何日で回復したか、ケータイはどの会社が一番早く繋がったか、釣り道具で被災生活に役立ったものは何か、等々、多くの情報が詰まっています。 

 それに、マスコミでは流せないマイナス情報も詳しく書かれていました。

126006769471116222446.jpg


 特筆すべきは、つり人同士の助け合いです。

 つり人社社長の鈴木康友(すずき やすとも)氏の援助や見舞には泣かされます。

 つり人社は趣味である釣りの雑誌を発行する会社ですが、趣味の雑誌社といえども趣味以外の社会貢献ができ、社会的責任があることを鈴木康友氏は教えてくれました。

クリック→ルアー、スキー、ジャズ・・・ 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック