FC2ブログ
 母の入院費の支払いが終わり余裕のできた私は思いきって36万円で最新型のエレクトーンを購入した。・・・が困ったことに練習をする時間がない。仕方なく昼間の仕事である早稲田大学理工学部生協食堂炊飯部の仕事を辞めた。収入は「冬の宿」だけの2万5千円に戻ったが入れ替わっただけなので平気だった。それよりもこの世のものとは思われない音の出るエレクトーンの演奏ができることは天にも昇る気持ちだった。
 このようなときに「白いバラ」に移る話が持ち上がったのだ。銀座のキャバレー「白いバラ」のピアノ演奏料は月額4万5千円、しかも日曜祭日は休みである。「冬の宿」」は年中無休で2万5千円、声がかかれば前者に行って当然であろう。このときから、昼はエレクトーン、夜はピアノの生活が始まった。
 「白いバラ」はシアターキャバレーとして造られた建物なので中二階の半円形ステージの前にダンスフロアーがあり、それが二階客席から望めるような設計になっている。ピアノはもちろんグランドピアノ、ふたは全開、それをタンゴバンドとジャズコンボのピアニストがワルツを弾きながら交代する。その間に他の楽器奏者も入れ替わるのでワルツは切れ目なくに流れる。これぞプロの技。もちろん私はジャズコンボのピアニストとして雇われた。
 バンマスの須田さんはトロンボーン奏者で昼は霞が関の公務員、テナーサックスの中村さんは有名歌手中村ひろ子のいとこである。ベースの斎藤さんは体が小さく楽器と不釣り合いの人、ドラムの岸田さんは楽器とは反対に寡黙な人、よく遊びにくるテナーサックスの谷内田さんは麻薬Gメンであった。
 ショーの伴奏は格段に難しく、超絶技巧のマリンバ奏者や全編アレンジ譜のダンスグループなどが入ってくる。演奏技術が追いつかない私は早めに出てきて練習をするようになった。夕方、店内清掃の終わったボーイさんたちが卓球をやっている中、ハノンから始まり、チツェルニーに進み、スタンダードを何曲か仕上げる。居合わせた方にはさぞ迷惑だっただろうに誰からも文句は出なかった。
 新堀煕輔君がトロンボーンを持って遊びにきたことがある。このときの同じ楽器の須田さんとの出会いが彼の人生を大きく変えたようだ。鳥栖郵便局の後継者になるはずが、音楽も同時にやりたいがために東京・水戸などから離れることができなくなったのである。
 親友の重藤君も遊びにきた。彼はドラムに興味を持ったらしく、何年か経ってから「どうしてもドラマーになりたいから紹介してくれ」と言ってきた。ところが当時の演奏料は楽器別に違っていてドラムはピアノの半分位だ。そのうえ学校はないので徒弟制である。中卒か高卒でプロドラマーに弟子入りし、「坊や」と呼ばれて使い走りからやらねばならない。それには既に年齢が高すぎた。
 後に彼は諦めきれず直接「シャープス&フラッツ」に押しかけていったが、同じことを言われて断られたそうだ。今でもそれでよかったと思っている。
 今、考えてみると本当に「音楽は魔物だ」と思う。ひとの人生を簡単にひっくり返してしまう。
 このような生活が3か月ほど過ぎたころ、池袋新東京会館で結婚式を挙げた。同級生の小野瀬君や重藤君、恩師の石井先生などが出席してくれた。私はまだ成人式前である。
 「演奏は休めないから新婚旅行には行けない」と婚約者にいうと、「なら、結婚しない」といわれてしまった。仕方なく最短最近の伊豆半島二泊三日とし、始めてトラ(エキストラ)を2日間入れた。「トラの人の方が巧くてクビになるのでは」との心配は杞憂に終わった。以後そのようなことは一切なかったのであるから、ミュージシャンの仁義というものは大したものである。
 豊島公会堂で開かれた豊島区主催の成人式には平服で参加した。着飾った同年代の男女が何と幼く見えたことか、ばかばかしくなって途中で抜け出してしまった。私は年齢の割には老けて見えたらしく、話相手にちょうどよいと思われてかベテランのホステスさんやストリップのお姉さんから恋愛相談などをされていたのだ。
 さて、昼のエレクトーンの話もしなければならない。最寄りの楽器店が池袋ヤマハから銀座ヤマハに移った私はそこで東京理科大学の学生にしてエレクトーン奏者の小熊達也君と知り合った。ヤマハにはエレクトーン演奏の研究グループがあるので紹介してくれるという。銀座ヤマハ店の並びのヤマハ東京支店に行き、プロデューサーの阿方先生を紹介された。別室で1曲演奏を聴いてもらうと「エレクトーン演奏研究会に入ってみないか」という。費用は無料で発表コンサートもあり、有名な先生が教えてくれるともいう。
 入ってみて驚いた。担当講師は当時の超一流ジャズピアニスト八城一夫である。間接質問ならば芥川也寸志や夫人の江川マスミさんにもできる環境にあった。
ヤマハはこの時期「新製品のエレクトーンを売るためにはまず演奏家を育てなければ」と考えたらしい。その網に偶然にも引っかかり、波に乗ることができるのだ。
コメント
この記事へのコメント
未来を切り開く力に拍手
 市村君の一連のエッセーを読んでいるとまるで映画を見ている気分です。大河ドラマ、あるいは『男はつらいよ』時に『トラック野郎』・・・読んでいると一見、運が良かったからのように見えますが、それはは自分からいつでも前向きに物事に取り組み、運命を切り開いてきたからだと思います。今日も感動をありがとうございます。
2015/03/01(Sun) 21:45 | URL | 小野瀬壽 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック