FC2ブログ
 68年前の今日、日本国憲法が施行されました。

 私の生まれた年です。

 同級生には憲司くん・平くん・和子さん・幸子さんなどがいます。

 憲法は国民が国家権力を縛る鎖であって国が国民を縛るものではありませんから、これでもう二度と戦争は起こらないと親たちは安心したのでしょう。

 第99条に「天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ」と書かれていす。

 この条文に「国民」が入っていないことにお気づきでしょうか。

 その理由は、「憲法は国民が守るというよりも国家が守るものであり、むしろ国民が国家に憲法も守らせる側である。だから、『国民』という言葉が入っていない」、一方 「この憲法を作ったのは国民(の代表者)であるのだから、それを守るのは当然のことであり、『国民』とわざわざ規定することでもない」などと考えられています。

 詳しくは「日本国憲法第99条に『国民』が含まれていない理由」をお読みください。

 そして今日は「日本国憲法」についてじっくり考えてみましょう。

 安倍内閣は来年夏の参院選後に憲法改正の発議を目指すそうです。


1 「私たちは戦争に反対します!」 4.25
1 「私たちは戦争に反対します!」4/25

2 「改憲の動き自覚を」 4.30
2 「改憲の動き自覚を」4/30

3 「改憲不要48% 必要43%」 5.2
3 「改憲不要48% 必要43%」5/2

4 「憲法という経典」 5.2
4 「憲法という経典」5/2
コメント
この記事へのコメント
53年前に学んだ平和憲法
「日本は二度と戦争はしないと憲法で決めている。」と学んだのは53年前の中学3年の社会の授業でした。ところが今集団的自衛権で日本が攻撃されていなくても自衛隊が海外で戦争することが現実のものなろうとしています。5月の国会ではそのための法案が審議されるとのことですが、論議の動向に注意したいと思います。
2015/05/03(Sun) 07:46 | URL | 小野瀬壽 | 【編集
憲法に関しては詳しくなく本もあまり読んでなく自分の考えを言えるほどの知識もなく、ごめんなさい。
2015/05/05(Tue) 21:23 | URL | hana | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック