FC2ブログ
 東京都庭園美術館の庭園を散策してきました。

 東京都庭園美術館は庭園美術館というくらいですから、庭園が付属しています。

庭園1
 赤松の大木
 他にも松の元気な姿が数多く見られました。都心の飛び地のため、松食い虫の被害を免れたようです。


庭園2
 画面奥の本館2階休憩室から、この庭園が見渡せる設計になっています。


庭園3
 彫刻作品「キリン」 作家名:ウォルター・ロータン(WALTER ROTAN) 制作年:1939年  素 材:ブロンズ、黒檀台座付き


庭園4
 庭園入り口から芝生広場を望む


庭園5
 松の幹


庭園6
彫刻作品「風」 作家名:安田 侃(やすだ かん) 制作年:2000年  素 材:白大理石


庭園7
 彫刻作品 「ピルタイとパシュフル」 作家名:ボアズ・バーディア(Boaz Vaadia) 制作年: 1992年 〈作家解説〉イスラエル、1952年生まれ。


庭園8
 日本庭園の茶室「光華(こうか)」 構造:木造瓦葺平屋建  延床面積:85.28㎡  建設:1938年

クリック→美術館について
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック