FC2ブログ
 小野瀬壽君の巴中学廃校跡地を歌った作品がNHK短歌テキスト6月号誌上添削教室に掲載されました。

 巴中学廃校跡地は妻の実家のすぐ近くゆえ、妻ともども立ち寄ることがあります。

 小野瀬君の姉君が嫁いだ家も視野に入ります。

 もちろん、懐かしいなぁー、と思いますよ。

 でも私には、短歌はできません。

 なのに、小野瀬君がまた名作を作ってくれました。

 涙がにじみ出てくるほどの・・・。

(小野瀬原作)  廃校の跡で誰かに会えるかと行けば真白き野菊咲くのみ
(今野さん添削) 廃校の跡地に立てば会えそうな顔、顔 白き野菊咲くのみ


 小野瀬君、ありがとう。


 市村君にはいつも私の「花の写真ニュース」をアップしていただいてありがとうございます。6月で市村君に「花の写真ニュース」をアップしていただいて4年になります。お忙しい中、毎週心をこめてアップしていただき感謝の気持ちでいっぱいです。私が自力でブログを立ち上げられる時までの約束でしたが、未だに実現できなくて申し訳ありません。

 今日は『NHK短歌テキスト6月号』33ページに私の歌を歌人の今野寿美さんが添削して下さったものを載せていただいたので、4年間の御礼方々記念にテキストをお送りしました。この歌は母校の巴中学校と同級生を歌ったものです。

(小野瀬原作)  廃校の跡で誰かに会えるかと行けば真白き野菊咲くのみ
(今野さん添削) 廃校の跡地に立てば会えそうな顔、顔 白き野菊咲くのみ


 私は鉾田の実家に帰る時は下冨田の姉の家に寄り、巴中学校の跡地を眺めています。「もしかして誰か同級生は来ていないかな・・・」と思って立ち寄るのですが、誰もいません。校舎の跡地に白い野菊が咲いていたことがありましたので、その時つくった歌です。巴中学校と同級生が私の心の故郷と思っていますので、今野さんにこの歌を世に出していただいて本当に嬉しかったです。



1 NHK短歌テキスト6月号
1 NHK短歌テキスト6月号

2 NHK短歌テキスト6月号33ページ
2 NHK短歌テキスト6月号33ページ 
コメント
この記事へのコメント
小野瀬さんの短歌で十分だと思いますが・・母校とクラスの友を偲ぶ心が十分すぎる位響いてきます。

わたしも学生時代を思い起こすと毎日散歩で何気なく通っている南中学の思いが一番強いです。

3年間担任もクラスも変わらず、先生も新任で私も悪かったから先生に良く反抗しました。

同窓会で忘れられない生徒だといつも言われました。

もうこの世にはいませんが懐かしさは一番です。

皆どうしているのかな~。

年賀状交換していた男子は癌で亡くなりました 。
2015/06/18(Thu) 09:34 | URL | hana | 【編集
おたよりありがとうございました
 今回は廃校跡地と同級生の歌についてhanaさんや後藤同窓会会長からもコメントや電話をいただいてとても嬉しかったです。故郷や同級生についての思いはみんな違うと思いますが、いつでも心の中に故郷の川が流れ、野山があり、青春があり、それを語り会える人たちがいるということが何にもまして嬉しかったです。ありがとうございました。
2015/06/22(Mon) 18:14 | URL | 小野瀬壽 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック