FC2ブログ
         55年前 15歳だった

          55年前 15歳だった
        みんなで歌った歌がある
       長堤十里草青く流れも清き巴川
      大気は澄り北岸の丘にそびゆる巴校

         下富田の巴第一小学校
         大和田の巴第二小学校
          当間の巴第三小学校
           それに青柳小学校
            4つの小学校で
            育まれた児童は
            巴中学校に集い
            入学式で歌った
            運動会で歌った
            学芸会で歌った
            卒業式で歌った

           60年前10歳だった
           篠でっぽうを作った
           竹とんぼも飛ばした
           竹馬も作って乗った
           馬跳びもやったなぁ
           竹馬の友というもの
           ほおずきも鳴らした
           丁寧にもみほぐして
           中の種を巧く取って
           気長に根気よくやる
           なかなか音が出ない
           蝉やトンボも捕まえた
          補虫網などなかったから
         枝先にクモの巣をからげて
         どじょうを捕るとほめられた
        うなぎはなかなか捕れなかった
         ほーっ ほーっ ほーたるこい
         あっちのみーずはにーがいぞ
         こっちのみーずはあーまいぞ
         夜のお楽しみは蛍狩りだった
          篠竹を立てて待っていると
          蛍がいくらでも飛んでくる
          蚊帳の中は蛍の天国だ
           60年前10歳だった

           55年前15歳だった
           巴中学の生徒だった
          ふるさとの中のふるさと
            まほろばということ
           かの山かの川かの友

           思い起そう巴中学を
           思い出そう先生方を
           語りつくそうあの友と
           語り明かそう巴中学を

           そして歌おうもう一度

            長堤十里草青く
            流れも清き巴川
            大気は澄り北岸の
            丘にそびゆる巴校


 古希のダルマ会は10月25日に行われます。巴中学同総会は毎年バスツアーで行われてきましたが、今年は数え年七十歳の古希なので交通は自前で故郷に近い大洗に集まることになりました。
 上記の「55年前 15歳だった」は「案内状を全員に送るので呼びかけ文を」と後藤会長に言われて書いたものです。書きながら、よく言われる「昭和は遠くなった」と、つくづく感じました。
 考えてみると、われわれ団塊の世代は縄文時代や弥生時代そのままの生活を受け継いできた最後の世代のような気がしてなりません。わが家は幹線から離れていたので電気も通じていないし、井戸も山の清水を樋いで引いていました。本家でさえ山の水を飲料水にしていたのです。
 良いことばかりではなかったけれど、目をつぶれば上記のようなことをすぐ思い起こすことができます。
 これらの世界を肌で感じることができたのは、かろうじて昭和20年代生まれの方まででしょう。30年世代になると現代に通じる大量消費時代が始まり、まるで別世界になっていくのですから。
 すなわち、この世代は縄文時代・弥生時代から宇宙時代・IT時代までを体験してきた最後の生き残りなのです。それゆえ、同窓会の話題には事欠かないでありましょう。前にも後ろにも自由自在にタイムスリップすることができます。


1 青柳小学校 
青柳小学校

2 当間小学校
当間小学校

3 大和田小学校
大和田小学校

4 巴第一小学校
巴第一小学校

5 巴中学校跡地
巴中学校跡地
 写真はいずれも小野瀬壽君撮影
コメント
この記事へのコメント
懐かしい言葉がいっぱい出てきます。

70歳を超えて昔を懐かしむ事もあるし、2度と戻りたくない事もあるし、やはり長い年月を生きてきた感じはあります。
2015/09/02(Wed) 02:51 | URL | hana | 【編集
一緒に行きましょう
市村君の心のこもった呼びかけに感動しました。私も難聴で不安なのですが、参加することにしました。今日後藤同窓会長から「大洗のホテルを40人押さえているのだが、まだ返事が少なくて少し焦っています。みんなに声かけてください。」と電話が来ました。このメールを見ている同級生の皆さん、ぜひ声をかけてくださいね。
2015/09/16(Wed) 10:47 | URL | 小野瀬壽 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック