FC2ブログ
 「いざ鎌倉・すわ鎌倉」といえば、何をおいても馳せ参じること。

 「一所懸命」の土地を与えられた恩顧に報いるため鎌倉武士は常に、いざという時の準備をしていました。

 そのことは「鉢ノ木」の物語でも知られています。

 次に心がけることは、そのための道をつくることでした。

 鎌倉に馳せ参じるための道の遺跡が川口市の荒川沿いに残っています。

 それは日光御成道の川口側始点にあたる場所にある鎌倉橋緑地公園です。

 江戸時代の主要な道はこのような鎌倉街道を下地にしてつくられたのでしょう。


1 本町通り
本町通り(日光御成道)
 正面は南中学校

2 本町通り
本町通り
 鎌倉橋緑地公園(信号機の所)

3 川口市立南中学校
川口市立南中学校

4 鎌倉橋の碑
鎌倉橋の碑

5 日光御成道と鎌倉街道
日光御成道と鎌倉街道
コメント
この記事へのコメント
本町通りは私が子供の頃は一番の繁華街で中心的な商店街でした。

大きな蔵のある商店が数多くありましたが、今はなくなり家並みもすべて変わって唯の道路になってしまいました。

南中学校は我が母校ですが幼稚園・小学校・中学校・舟戸学園としてモデル校になり、昔の面影はありません。

時代の流れを感じます。
2015/09/22(Tue) 19:28 | URL | hana | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック