FC2ブログ
 10/7、河童の里として有名な遠野を訪ねました。

カッパ伝説は牛久沼・飯坂温泉・上高地などにあり、それぞれが有名ですが、元祖はなんといっても遠野でありましょう。

 近年、カッパのことばかりが有名になってしまいましたが、もともと、遠野の昔ばなしのひとつとして語り継がれてきたものです。

 他にも、「おしらさま」や「ざしきわらし」などの話が伝えられており、特に「ざしきわらし」は「今でもいるんです」と語り部さんがまじめに言っていました。

 そのような昔語りの実演を「遠野物語の館」敷地内「遠野座」で味わうことができます。

 私どもは最終ステージも終わりかけたあたりに入館したのですが、サービスにつぐサービスで通常の2倍以上も延長をしていただきました。

 あわせて「554話あった語りのうち、いわゆる「遠野物語」などに150話ほどが収録され、いま語られているのは50話ほど」との説明がありました。

 話の終わりに必ず「どんどはれ」(これでおしまい、めでたしめでたし)がつくことも。

 「どんどはれ」は NHK BS朝ドラ7:15のタイトルでもあります。


1 遠野の街並み
遠野の街並み

2 遠野物語の館
遠野物語の館

3 遠野座
遠野座

4 伝承館
伝承館

5 伝承館内のおしらさま
伝承館内のおしらさま

6 カッパ渕は寺の敷地内
カッパ渕は常堅寺の敷地内にある

7 かっぱ淵
かっぱ淵

8 カッパ釣り
カッパ釣り
コメント
この記事へのコメント
遠い昔に戻ったような錯覚に陥りますね。

情緒があっていいですね。

生の語り部さんのお話を聞いたら本当に河童がいるような気がしてきそうです。
2015/11/03(Tue) 16:45 | URL | hana | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック