FC2ブログ
 小野瀬壽君が角川短歌3月号に佳作入選しました。

 華やいだ名前なれども悉く俯いて咲くクリスマスローズ 小野瀬壽

 いつもこの花の写真を撮るとき、「綺麗なのになぜ下を向いているのだろう」と少し苦労していることを歌ったら佳作になったのでとても嬉しかったです。


1 角川短歌3月号
角川短歌3月号

2 角川短歌3月号241ページ
角川短歌3月号241ページ
コメント
この記事へのコメント
今盛んに咲いていますね。

私は今が満開の時期の花なのになぜクリスマスローズの名前がついたのかとても疑問です?

花を咲かせている人に聞いたのですがやはり?でした。

不思議です。
2016/03/24(Thu) 09:38 | URL | hana | 【編集
クリスマスローーズの呼び名について
 多くの方にこの花の歌を見ていただいてありがとうございます。この花についてある方から聞いたことを紹介します。「クリスマスローズは和名で、原産地ではへレボレスと呼ばれています。原種のへレボレス・ニゲルが最初に日本で売られた時、へレボレスだと売れないのでクリスマスローズ(原産地ではクリスマスの12月に咲く)にしたと業者は言っているそうです。ちなみに交配種のオリエンタリスはイースターの前(レント)2~3月に咲き、レンテンローズまたはハルザキクリスマスローズと呼ばれていましたが、今はすべてクリスマスローズで売られているそうです。」(長くてすみません。)
2016/03/28(Mon) 17:16 | URL | 小野瀬壽 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック