FC2ブログ
 小野瀬壽君の作品がNHK短歌4月号に3首掲載されました。


『NHK短歌テキスト4月号』を同封しましたので見てください。我ながら私の歌が3つもテキストに掲載されていたのでびっくりしました。2首が佳作になり、1首が添削歌に採用されました。子どものように嬉しくなり、送った次第です。あまり分量が多いので安さんが「どうやってブログに載せるか?」と心配かけてしまっては申し訳ありませんが、私の御礼の気持ちと掲載の報告ですので、掲載の心配はなさらないでください。中根先生にすすめられて短歌を初めてほぼ2年ですが、今回の掲載でNHK、角川書店、新聞各紙に掲載されたものが30首になりました。いつも安さんに励ましていただいているおかげです。ありがとうございました。御礼と報告の挨拶まで。

銭湯の帰りにいつも買っていたマカロニサラダと朝日ジャーナル(4月号65ページ)
歌題は「サラダ」です。私が茨大生協に就職した昭和45年頃の生活の歌です。

国会へデモする君が身にまとうコートは赤しねたましきまで(4月号75ページ)
歌題は「ねたむ」です。安保法制に反対するデモに参加した女性の姿の歌です。

麦を踏む人影も見ぬ畑なり昭和までもが遠くなりつつ(4月号42ページ)
添削歌です。昔の麦踏みが懐かしくて詠んだ歌です。



1 NHK短歌4月号
NHK短歌4月号

2 NHK短歌4月号(65ページ)
NHK短歌4月号(65ページ)

3 NHK短歌4月号(75ページ)
NHK短歌4月号(75ページ)

4 NHK短歌4月号(42ページ)
NHK短歌4月号(42ページ)
コメント
この記事へのコメント
小野瀬さんは才能があるんですね。

作品をまとめて本になりそう~(*^_^*)

添削も素人の私にはどちらもたいして変わりないように思えますが・・
2016/04/05(Tue) 20:27 | URL | hana | 【編集
短歌を見ていただいて感謝します
市村夫妻のご好意で掲載していただいた私の短歌をhanaさんを始め多くの方々に見ていただいてありがとうございます。私にとって銭湯は青春の懐かしい思い出です。きっと皆さんにも思い出があることと思います。いつか聴かせていただければ嬉しいです。今回は誠にありがとうございました。
2016/04/06(Wed) 20:31 | URL | 小野瀬壽 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック