FC2ブログ
 今日8/11の朝日新聞10面には、編集意図があったのか、なかったのか質問と答えが、それぞれ別仕立ての記事で掲載されています。

 質問は「改憲派から護憲派へ3点質問」、答えは「平和と寛容を訴えた聖火ランナー」と「核 廃絶 日本から 原爆6000発分を放棄せよ」です。

 質問1は、憲法9条があれば戦争は避けられるのか、とのことですが、これまでの71年間は明らかに避けられました。
 それまでの歴史では不可侵条約や同盟条約などは破られるためにあるようなものでしたが、日本国憲法第九条を無視した国は今までありません。

 質問2は、戦後日本が平和を維持できた理由を日米安保体制や自衛隊の存在のおかげでないとすれば、どう考えるのか、ということです。
 日本が世界経済でイニシアチブをとったことや、東西冷戦のバランスが保たれたことなどがあるでしょうが、原則的に戦争の原因は分かりますが、平和の原因は分かりません。 それは江戸時代の平和やローマ時代の平和についてもいえるでしょう。

 質問3は、北朝鮮や中国などの覇権主義の行動を止めるには抑止力として一定の軍事力が必要ではないのか、とのことですが、この答えは「平和と寛容を訴えた聖火ランナー」と「核 廃絶 日本から 原爆6000発分を放棄せよ」の記事で十分述べられています。

 国際関係を「威嚇と不信」から「寛容と信頼へ」と転換させなければ再び破滅への道を歩むことになるでしょう。


1 8.11 朝日新聞10面
8.11 朝日新聞10面

2 「改憲派から護憲派へ3点質問」と「平和と寛容を訴えた聖火ランナー」
「改憲派から護憲派へ3点質問」と「平和と寛容を訴えた聖火ランナー」

3 「核「廃絶 日本から 原爆6000発分を放棄せよ」
「核 廃絶 日本から原爆6000発分を放棄せよ」
コメント
この記事へのコメント
私には問題が難しすぎて何とも答えられません。

世界平和を言ってるわりに逆に紛争やテロが身近に起きて永遠に平和な世の中は夢のような気がします。
2016/08/16(Tue) 15:58 | URL | hana | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック