FC2ブログ
 小野瀬壽君の短歌が日本歌人クラブ主催の第37回全日本短歌大会で秀作賞に輝きました。

 いつも私の歌を紹介していただいてありがとうございます。さてこのほど私の短歌が日本歌人クラブ主催の第37回全日本短歌大会で幸運にも秀作賞(55ページに掲載)をいただきました。日頃のご支援に感謝しながら記念に入賞作品集をお送りしました。

杖よりも低く立つ母故郷の坂を越え行く我に手を振る

 私が十九歳の頃、鉾田町の実家から水戸の学生寮に帰る時、母親はいつも下富田の坂を越えていく私に手を振って見送ってくれました。

 目に見えるようです。下富田の坂、覚えていますよ。「杖よりも低く立つ母」を持った息子は私たちの世代が最後でしょうね。胸に迫ります。


1 第37回全日本短歌大会入賞作品集
第37回全日本短歌大会入賞作品集

2 第37回全日本短歌大会入賞作品集55頁
第37回全日本短歌大会入賞作品集55頁
コメント
この記事へのコメント
私はここの地からはなれた事が無いので経験はありませんが昔の母と息子の情愛が胸にしみます。

今の世も親子の情愛は変わらないと思いたいし願いたい。
2016/10/11(Tue) 16:43 | URL |  | 【編集
読んでいただいてありがとうございます
 この歌を読んでくださった方に心から感謝しています。私は母が生きているうちに「心配かけて悪かったね。これからは心配かけないようにするからね。」となぜ言えなかったんだろうと一人で悩んできました。でもこの歌を皆さんに読んでいただいて私の苦しさを皆さんに知っていただいたことで気持ちがとても楽になり救われました。本当にありがとうございました。
2016/10/11(Tue) 21:40 | URL | 小野瀬壽 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック