FC2ブログ
 56年ぶりに東海村の村松山虚空蔵尊にお参りしました。

 わが故郷には「十三参り」という風俗習慣があり、13歳になると特に男の子は東海村村松の虚空蔵尊にお参りに行くのです。

 元気に育つように願う、というのは現代のことで、おそらく、かつては元服(げんぶく・げんぷく)の意味があったのでしょう。

 当時は父親が亡くなったばかりで、母は気が動転していたはずなのですが、バス代を工面して皆と一緒に送り出してくれました。

 すぐ近くの海岸まで歩いたことも覚えています。


1 村松山虚空蔵尊
村松山虚空蔵尊

2 村松山虚空蔵尊
村松山虚空蔵尊

3 村松山虚空蔵尊
村松山虚空蔵尊

4 村松山虚空蔵尊
村松山虚空蔵尊

5 村松山虚空蔵尊
村松山虚空蔵尊

6 村松山虚空蔵尊
村松山虚空蔵尊
コメント
この記事へのコメント
立派なお寺さんですね。

十三参りは女の子のお参りだと思ってました。

男の子の元服の儀式だったんですか?
2016/11/21(Mon) 20:28 | URL | hana | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック