FC2ブログ
 妻の実家の弟夫人が法名「釈尼妙静信女」となられました。

 導師さまが講話の中で「命とは目に見えないもの」おっしゃったので「命とは何だろう」と考えてみました。

 1つは時間だと思います。2つ目は空間、最後は意識でありましょう。

 これらは目に見えません。

 これらが独立して存在すれば、ただそれだけのものなのですが、奇跡的に結びついたものが命なのですから、やはり目に見えないわけです。

  どのくらい奇跡的かというと宇宙には銀河が幾兆個もあり、銀河には星々が幾兆個もあり、その中のたった1つが地球なのですね。

 その地球の46億年の歴史の中にも数えきれないほどの奇跡があるのですから奇跡の何十乗にもなってしまうでしょう。

 それらの中でこの3つが一瞬結びついたものが、わたしたちなのであって、ただちにまた、もとどうり、別々のものになっていくわけです。

 そのような奇跡のものを持てたことに感謝しないわけにはいきません。

 故人と共通する命を持てたことに感謝し、ご冥福をお祈りしながら、献杯をいたしました。


1 セレモニー雲海にて
セレモニー雲海にて
コメント
この記事へのコメント
60代で発症から1年位で亡くなられて本当に残念です。

私は20代から命つまり死ですが頭から離れないで生活してきた。

のらりくらりと73歳まで生きて、まだ何とか仕事して1日中時間に追われている。

どんな基準であの世から呼ばれるのか、いつその時がくるのかわからない。

その時が来る日まで精一杯生きること、それしか私には出来ない。

生かされてるわけだからまだ役に立つことがあるのかもしれない。

それを探さないとあの世から呼んで貰えない。まだまだ大変です。

ご冥福をお祈りします。
2016/12/21(Wed) 03:49 | URL | hana | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック