FC2ブログ
 自然は叫ぶ。

 と、いえばムンクの「叫び」を思い出します。

 ウィキペディアによると「叫びはこの絵で描かれている人物が発しているのではなく、『自然を貫く果てしない叫び』に怖れおののいて耳を塞いでいる姿を描いたもの」とのこと。

 私も写真のような風景に出会ったとき、奇妙な耳鳴りのようなものを感じることがあります。

 突発性難聴かな、統合失調症の始まりかな、とも思いましたが、なんのことはない、茨城県北部・南部や福島県沖地震の直後のことなので今年起きた熊本地震が思い起こされてのことでしょう。

 熊本城観光の印象が強かったのでトラウマになっているのかもしれません。

 今年は他にも、水害など無縁だと思っていた北海道や、東北も再び手ひどい被害を受けました。

 これらの被害を受けた方は原状回復をしてもなお、心の奥に深い傷を負ったことでしょう。

 ムンクの「叫び」を検索すると20万もの記事が出てきます。

 それらは、みな「心の奥に深い傷を負った」方を理解できる人たちなのではないでしょうか。

 今年はムンクの「叫び」が聞こえた1年でした。


1 叫び
叫び
コメント
この記事へのコメント
現実に自分の身に起こらないと、なかなか本当の恐怖はわかりませんが、年を取っての災害は立ち上がれません。目標がもてないから。

静かに平穏に老後を過ごしたいと思い必死に働いてきたのに一瞬のうちに家屋敷や貯めてきた思い出の品も、何もかもなくなってしまったら、今まで何をしてきたのかと思い絶望してしまうでしょう。

死んだほうが幸せだと思います。余りにひどいです。神様も仏様いないのでしょうか。

私だったらそのまま死にたい。涙を流しながらの老夫婦のインタピューは胸が締め付けられます。

涙がこぼれます。

がんばれとは言えません。
2017/01/03(Tue) 15:34 | URL | hana | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック