FC2ブログ
 業種によって同業者同士の仲が良いものと悪いものがあるようですが、マスコミ各社は比較的友好的と思われます。

 批評批判することが業務ですから、それを他社に向けると、結局のところ自社に跳ね返ってくるからでありましょう。

 ゆえに、他社へ矛先を向けるということは、よほどの覚悟を決めてのことと思われます。

 信濃毎日新聞が東京MXテレビを社説で批判しました。

 1月2日の放送で沖縄基地反対運動をしている方々をテロリストと報道したそうです。

 トランプさんよりも、ひどいではありませんか。

 「反対する人は全部テロリストで犯罪者」

 この理屈で戦前の特高警察は、むこの民を取り締まりました。

 このことに舌鋒鋭く食らいついたのは信濃毎日新聞主幹の桐生悠々だけです。

 その伝統を今に受け継いでいる信濃毎日新聞、あっぱれ、天晴!

 実のところ私は東京MXテレビを見ません。

 ヘイト報道が多くて2,3分見ていると頭に血が上ってしまうからです。

 しかし考えるに、これらのことは東京周辺の方しか視聴できないわけですから、これからは、あまりにもひどすぎるこれらの内容を皆さんにお知らせしようと思いなおしました。


1 信濃毎日新聞2.3第3面
信濃毎日新聞2.3第3面

2 社説「公共の電波に乗せるとは」
社説「公共の電波に乗せるとは」
コメント
この記事へのコメント
信濃毎日新聞に拍手
 市村君のおかげで事の真相がよくわかりました。勇気ある信濃毎日新聞に拍手を送り、市村君に感謝します。
2017/02/05(Sun) 21:36 | URL | 小野瀬壽 | 【編集
毎日テレビで過激な言葉が飛び交って、皆の関心を集めるような変な世の中になりました。

後先考えずに感情に任せて発信したら争いが起きます。

怒鳴ったり、喚いたり、相手を悪者にして我を通したり、大人気無いです。

可笑しな世の中。

もっと安定した世の間かにならないでしょうか?
2017/02/07(Tue) 18:40 | URL | hana | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック