FC2ブログ
 小野瀬壽君の短歌が赤旗日曜版に掲載されました。

 私の短歌が2月12日の赤旗日曜版26面に掲載されましたのでこれまで掲載していただいたことに御礼を申し上げるとともに新聞を送って報告させていただきました。

青春の蹉跌のような雨に遭う氷雨村雨時雨土砂降り

 ふりかかる雨と私の人生を振り返りながら読んだ雨の歌です。

 第二席とはすご~い。批評にあるとおり蹉跌とは「つまずく」こと、「青春の蹉跌」といえば安保闘争などの学生運動の代名詞ですよね。


1 2月12日の赤旗日曜版26面
2月12日の赤旗日曜版26面
コメント
この記事へのコメント
おめでとう御座います(^O^)/

いろいろな所に出してそれぞれ入選していて本当に実力あるんですね。
2017/02/21(Tue) 17:23 | URL | hana | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック