FC2ブログ
 ボーイスカウトの皆さんがスキーにきました。

 スキーをするだけではないので雪上訓練というそうです。

 スキー訓練では私が滑れるグループを担当したのでレベルアップを図りました。

 その方法ですが、ボーゲンからパラレルに進む場合、シュテムターンを経由する方法と直接パラレルに行く方法があります。

 シュテムターンを経由すると、それから抜け出せなくなってしまうので私はパラレルに直接進む方法をとっています。

 真ん中に乗ってエッジ操作だけのボーゲンを教え、後の幅を徐々に小さくしてスピードを上げ、山側のエッジに乗るとパラレルになります。

 その途中で斜滑降を取り入れると、より早く上達するのですがゲレンデが込んでいると危なくてできません。

 その場合は緩斜面で山側エッジに乗ることに専念します。

 実は山側に乗ったつもりで、ちょうど真ん中に乗っているのですが。

 そのことは体重計を2台使い、片方に3cmから5cmほど本を重ねて乗り、体重が半分ずつになるポイントを探すと、よくわかります。

 私はこのことを写真屋さんの理屈と言っています。

 写真屋さんは首が曲がっている人を直すとき、真っすぐにしてくださいとは言いません。

 右に曲がっていれば左に曲げてくださいと言います。

 自分では真っすぐだと思ってしまっているので、いくら真っすぐにして下さいと言ってもだめなのです。

 実はスキーも真ん中に乗って重心をつかむコツが解かると、すぐに巧く滑れるようになるのですが、いくら真ん中に乗れと言ってもだめなのです。

 人生を乗り切るのと似ているでしょうか・・・。

 ちなみに、真ん中に乗ってエッジ操作だけのボーゲンは新雪・悪雪・アイスバーンなど、どんな雪質でも滑ることができます。

 スキーを始めて間もない女性にこの方法で新雪を滑っていただいたら涙を流して喜んでくれました。

 また、山スキーで雪庇を通過するときなどは、これしか方法がありません。他のことをやると雪庇とともに墜落してしまうでしょう。

 つまり、真ん中に乗ることはオールマイティーなのです。


1 ボーイスカウトの皆さん
ボーイスカウトの皆さん

2 ボーイスカウトの皆さん
ボーイスカウトの皆さん
コメント
この記事へのコメント
すみません全然解りません。
2017/03/21(Tue) 19:20 | URL | hana | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック