FC2ブログ
 最近、動物園の動物や家庭の飼い犬が人間を襲う事故が多発しています。
 ある動物園では飼育員がライオンに噛まれて死亡、同じくゾウの鼻で圧死し、特にペットとして人気の高いゴールデンレトリバーが赤ちゃんの頭に噛みつくなどとはとても信じられません。
 どうして、このようなことが起こるのでしょうか。それは皆さんのご想像の通り、野生本能を完全に抑えることは無理、ということでありましょう。

 それは人間自身を振り返ってみるとよく解かります。そもそもヒトは野生でした。それがどうして人間になれたかというと徹底的に野生本能を押さえ込んだからです。
 学校やお寺や教会はヒトを飼いならして人間にするための社会装置でありましょう。スポーツや芸能はヒトの野生的エネルギーを方向転換し、昇華して規律を守れるようにするためのものに過ぎません。
 それでもなお人殺しは絶えないし、戦争は続いているどころか国の指導者が好んでやりたがっています。

 もう、お解りでしょう。人間でさえ、このありさまなのですから、ましてや動物やペットが時おり本能に目覚めてしまうのは当りまえと言えるでしょう。
 当たり前と思って対策をたてなければなりません。

 人間も動物もペットも、楽に生きるために、飼い馴らされたふりをしている輩(やから)がいるのですから・・・。
 

1 3.15 朝日新聞8面 週刊新潮広告3.15 朝日新聞8面 週刊新潮広告
コメント
この記事へのコメント
私も動物は大好きですから悲劇が続くと悲しくなります。

ゴールデンが人を噛むなんて本当に信じがたいことです。

体は大きいけど本当におとなしい性格でやさしい犬です。

以前は殆ど外で飼っていたのですが、今は小型化し、家の中で飼って規制されているからでしょうか?

なかなか難しいですね。
2017/03/21(Tue) 19:27 | URL | hana | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック