FC2ブログ
 昨日、3/21ソメイヨシノの開花宣言がありました。
 沖縄を除けば東京の靖国神社の標本木が最も早く開花したとのことです。
 東京では平年の桜の開花日は3月26日なのですが、ここ10年間での平均は今日3月22日になっています。

 ところが1930年代の平均は3月31日でした。ですから、私が子供のころは、入学式は満開の桜の下で行われたものです。
 殆どの小学校にはソメイヨシノが植えられており、地域のお花見会場の役割もしていました。
 今はどうなっているのでしょうか。多くの小学校が時代の波で廃校になり、桜だけがさみしく咲いているのかもしれません。 
 それとも、桜は切られ、更地になっているのでしょうか。桜と小学校は切っても切り離せないものだったのに・・・。

 地球温暖化や東京集中化がこのまま進むと、2090年代の開花日は3月13日になると予想されています。
 そうなると、桜の見ごろは卒業式で入学式は葉桜というのが当たり前になりますね。
 再び、そうなると、タイトルの「サクラ咲く(入学試験に合格)」の意味は当然、通じなくなってしまうでしょう。

 去年は開花後に低温が続いたせいか、入学式のあたりまで長く咲き続けてくれました。

 今年は、どうかなぁ~。

 ところで、安行桜は、まだ咲いているかな?と思い、名所の地下鉄川口元郷駅に行ってみたのですが。

 安行桜は満開を過ぎて3,4分の1ほど散っていました。

 右隣のソメイヨシノはまだ一輪も咲いてはいません。

 なるべく遅く咲いて欲しいものです。

 なにせ、私が子供のころと比べると九日も早くなっているのですから。


1 川口元郷駅
川口元郷駅

2 安行桜
安行桜

3 安行桜
安行桜

4 安行桜と染井吉野
安行桜と染井吉野

5 染井吉野
染井吉野
コメント
この記事へのコメント
今は舟戸学園で幼稚園・小学校・中学校一貫教育のモデル校になっている場所は私たちが小学校の頃土手に桜の木を植えてそれが大木に成り、近くの町会の人達もお花見で皆楽しみにしていました。

舟戸学園を作る時2本だけすぐ下の公園に植え替えられましたがたちまち枯れてしまいました。

そのとき植えられた桜が今やっと細々と咲き始めました。

大木になって皆が楽しめるようになるにはまだまだ大変な年月になるでしょう。

また新しい歴史となっていろいろな思い出と共に桜を眺めることでしょう。
2017/03/28(Tue) 19:48 | URL | hana | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック