FC2ブログ
 「春はあけぼの やうやう白くなりゆく山際 少し明かりて 紫だちたる雲の細くたなびきたる」と清少納言は記しています。

 が、

 私は誰が何といおうと「春はあかつき」ですね。

 古人は夜明けから朝にかけての時間を暁(あかつき)・東雲(しののめ)・曙(あけぼの)と三段階に区別していました。

 真っ暗な空の頂点が微かに白っぽくなったときが「あかつき」の始まりです。

 「春眠暁を覚えず」と宣(のたま)った方もおりました。

 でもそれは若い時のことでありましょう。

 今となっては、暁は「覚えず」どころか「まだかまだか」と待ち遠しくてなりません。

 古人が何といおうと私は「春はあかつき」です。

 写真はすべて今朝撮りました。


1 春はあかつき
春はあかつき

2 春はあかつき
春はあかつき

3 春はあかつき
春はあかつき

4 春はあかつき
春はあかつき

5 春はあかつき
春はあかつき

6 春はあかつき
春はあかつき
コメント
この記事へのコメント
春はあかつき⋯何故か納得させられてしまいました。

東の空が少しずつ白みゆけていく様、幻想的で美しいですねー!

空のオレンジ色に朝日、詩的です。 
2017/04/07(Fri) 08:28 | URL | yukiyanagi | 【編集
今の時期が一番いいときかもしれません。

朝 家を出る時は真っ暗でお星様とお月様が見られるし、散歩仲間と出会って東に向かって歩いているうちに白々と夜が明け、話しているうちに空が明るくなってダイダイ色になり、川縁に出て皆と別れて西に向かって歩いていくうちに濃い赤色になって、事務所の前に行って東を見ると真っ赤な大きな太陽がまだ光らないで直接見てもまぶしくなく、自然に手を合わせて祈ります。

これが晴れている日の朝の風景。素晴しいでしょう。

早く起きてきた人だけが味わえる三文の得以上の得かな(*^。^*)
2017/04/11(Tue) 18:39 | URL | hana | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック